EKKEN♂

このブログは http://ekken.blog1.fc2.com/ に移転しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本当にあった愉快なローカルルール

2005-08-17 | WEBにまつわる話
 自分が不快な思いをしないために、自分のサイト内で守って欲しい「ローカルルール」を打ち立てるのは、決して悪い事じゃないです。
 ただ、そのローカルルール、閲覧者が必ずしも目を通すわけではない事をお忘れなく。
 特にブログにおいては「記事単位で読まれる」事が多い事から、偶然辿り付いたブログのエントリ以外に記述されたローカルルールなど、読まれなくて当然。
 ローカルルールを作る事のメリットは、自分で管理できる事(コメントとかトラックバックの削除)を説明ナシに行えるくらいです。あまりに特殊なローカルルールは、失笑されるだけなので、むしろ作成しない方が無難かと。

 ブログにおいて一番よく見かけるのは、トラックバックポリシーです。自分が削除対象とするトラックバックを謳っておく事で、望まないトラックバックが来た時に、説明ナシに削除できます。説明を求められたとしたら、そのトラックバックポリシーへ誘導してしまえばOK。
 ローカルルールの一つとして、トラックバックポリシーを作成しておくと、何かと便利かと思います。
 一方、ローカルルールとして掲げる人が多く、なおかつ、もっともマヌケだと思うのは「荒らし行為は厳禁します」
 他人のブログを荒らす事を考える人が、「荒らし厳禁」という忠告を読んで荒らしをやめるとは思えません。
 もちろん荒らし行為はよくないことですが、「荒らし厳禁」という決まりを謳う人の多くは、反対意見などの「自分の意にそぐわない」コメントやトラックバックを快くないと思っている、荒らしに対する閾値が低いだけ、というケースが多いです。
 
 以下、実際にあったヘンなローカルルール。
 特定できないように、全て意訳してあります。

無断リンク禁止です。
勝手にこのブログのURLを貼り付けないで下さい。
ただし、こちらから無断リンクする事はあります。

 君の自己中心的な性格に乾杯!


無断リンク禁止です。
晒されたら激しく落ち込みます。
無断でリンクしたら法的手段を取らせて頂きます。

 「落ち込む」からリンクするな、という弱者を利用した無断リンク禁止措置。
 そこでやめておけば良いものを、意味不明の「法的手段」
 

このブログに掲載しているイラストの著作権は私にあります。
勝手に転載したり、模写しないで下さい。

 で、その「イラスト」が、有名アニメキャラの模写だったりする。
 他人の著作権を侵害しつつ、自分の権利だけは強く主張。
 ファンサイト系にありがち。
 
 
ネットマナーは大切です。必ず守ってください。

 以下、サービスの利用規約を転載……まではいいのだけど、そのブログのいたるところに、ヨ○様の画像がペタペタと。
 ネットマナーにうるさいその人にとって、自分の好きなタレントの写真を貼りつけることは「ネットマナー」的に問題ないらしい。
 
ここに来た人は、必ずブログランキングへ投票して下さい。

 クリックを強制する書き方は、多くのランキングサイトの規約に反します。
 しかも、こういうことを訴えるのは、激しくつまらないブログが多い。
 ちなみにクリック誘導に従う人は、ワンクリック詐欺に引っかかりやすいと思われるので、要注意。


検索サイトから来た方へ。
私のサイトを検索しないで下さい!
気持ち悪いです。

 ……
 
 
 なお、「それはどこの事なのか?」という質問には一切答えかねます。
 
 
 
本当にあった愉快な話
Comments (14)   Trackbacks (2)   この記事についてブログを書く
« 【楽天ショッピング】今日の... | TOP | はてブに関するエトセトラ2 »
最近の画像もっと見る

14 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
駄目めブログの見本なんです! (eulear)
2005-08-17 16:10:58
 あはは...

 私のサイトでは、無斷リンクはもちろん、ブックマークも被檢索も禁止してますよ!



 むろん、そんな局地的な規定など破られるためにあるからです。意外なコトに「おまじなひ」としては効きめはあるのですよ。

 意思の強い讀者を望んでゐるといふコトです。

Unknown (すしバー)
2005-08-17 17:44:47
これはすげぇ面白いですね。

以前、あるサイトで

「会員でない方が何回も見ることがあった場合、法的手段に訴えます」

という但し書きがあって、そのサイトがパスワードロックなどされていない状態だったので、逆に荒らされまくってたというのがありました。
Unknown (えっけん)
2005-08-17 22:23:23
本当はもっと面白い奴あるんだけど、あまりに特殊すぎて、どこのことだかバレてしまうので、我慢しています。



無断リンク禁止君はとっととパスワードかけてくれよ、まったく。

それとPing送るな。ネタにするぞ、この野郎。
私は誤讀しましたか? (eulear)
2005-08-18 01:26:30
 へえ!無斷リンク禁止をとなえるのは建て前だとおもつてましたよ。

 それよりも驚きは、そんなルールを眞にうけて、ワザワザ書き込みまでして、覗きに行つたことをアピールする妙なセンスです。カウントを囘したひとが本當に讀解する意志があつてやつて來たのなら、いかにルールが破られても、怒りだすサイト主はそんなにないと私はおもいます。



 あと、pingの件はハテナ?と、おもう。批評の對象をネタと稱するのは、どうかなあ(ちよつとズレましたね。申\し譯ありません)。



●eulearさん (えっけん)
2005-08-18 07:42:38
>いかにルールが破られても、怒りだすサイト主はそんなにないと私はおもいます。



僕の経験上は、「無断リンク禁止」を破られると、たいてい怒り出していますね。

「ちょっと! アタシは無断リンクは禁止なのよ!? ちゃんとかいてあるじゃないの!!」



ちなみに単に「無断リンク禁止」と書いてあるところはたくさんありすぎてネタにはなりません。

「無断リンク禁止」を謳い、なおかつ無断でリンクする人を「常識がない」とかそれが当然守られるべきインターネットのルールと考えている人=無断リンクを批判する人が、ネタになるのです。



>Ping

要するにリンクされる事を厭うのなら、検索の対象になりやすいPingを送るな、つーことです。
Unknown (Ken)
2005-08-18 12:30:49
小中学生が個人サイトやブログを持つことが多くなっている昨今、初期の読者は彼らの同級生が多数となります。

「HPをやっている」というだけで、かなり目立ちたがりと思われてしまう面があるからかもしれませんが、最初から強気を見せておかないと、匿名の同級生に荒らされてしまうというのが、現実だという話を、何人かの中学生から聞いたことがあります。

つまり、強気の「おれルール」にも、それなりに、荒らしに対する抑止力があるみたいなんですよ。(この場合、ルールの文言よりも、強気の姿勢が大切というわけですね。)

もっとも、無理のある「おれルール」を本気にしてしまって、イタイ結果を見るケースも多いんですけどね。
●Kenさん (えっけん)
2005-08-18 12:35:52
面白い話、ありがとうございます。



>「HPをやっている」というだけで、かなり目立ちたがりと思われてしまう面があるからかもしれませんが、最初から強気を見せておかないと、匿名の同級生に荒らされてしまうというのが、現実だという話を、何人かの中学生から聞いたことがあります。



僕は、サークル活動などの報告サイトでもない限り、むやみに知人にサイトスペースの事は教えないほうがよい、と思っています。

オフラインで仲がよくても、ネット上では匿名でいられるから、教えた人数が多いほど「犯人」を特定できなくなるだろうし、オンラインでの人間関係のイザコザをオフラインに持ち込むこと、及びその逆は、あまり好ましい事じゃないな、と考えます。



そんなわけで、このブログの事は、ごく一部の友人を除けば、知らせておりません。



「強気の姿勢」というのは、案外大事かもしれませんね。
もっと自己中心的なトラックバックポリシー (アキ)
2005-08-22 00:46:02
 あまりに自己中心的で、私のブログには書いて無いのですが「スパムと判断する、削除するかは、私の独断と偏見です」

 私の心の中にあるトラックバックポリシーです。
●アキさん (えっけん)
2005-08-22 12:38:20
自己中心的というか、僕はそれでいいと思うんですよ。

言及されるのを禁止する事は出来ませんが、嫌いな内容のトラックバックを削除するのは自由です。

ただ、意見を述べているブログなのに、自分の意見と異なるトラックバック、反論のトラックバックを、全て消しているようだと、そのブログ主の人間の大きさがバレバレになってしまうんですけど。
名前はまだにゃい (我輩は猫である)
2005-09-05 12:51:59
ブログで自分の主張を多くの人に見てもらうって言うのは、自己満足の為だにゃ。なじぇにゃらば自分の主張によって、社会の動きみたいな大きな事が変わると言う事は無いからだにゃ。HP制作はマスターベーションみたいなものと言った人もいたにゃ。トラックバックへの扱いを云々するのは、マスをかく方法を議論するようのと同じようなものに思えるにゃ。毎日マスかく人に対して「気持ち良くなるためには1週間に一回までにガマンなさい。え?できないの?ハア・・・器小さっ・・・」なんて言ったって、言った方と言われた方のどちらが正しいかなんて判断の仕様がにゃかろう?こうして公に自分の意見を書いてる人に向かってこんなコメントを残すのも、物陰から石を投げ付けるようなもので好ましいことではにゃいんじゃけれどもにゃ。「自分ルールを人に押し付けるのはイクナイ!」という自分ルールを、人に押し付けようとしている猫だにゃ。メザシ食べてくるにゃ。ごきげんよう。さらばだにゃ。

Recent Entries | WEBにまつわる話

Similar Entries

2 Trackbacks

本当にあった愉快なローカルルール (じっぷろぐ)
http://blog.goo.ne.jp/simauma_dx/e/19f8ca21856e091a93d52f80aac99814(everything is gone) サイトに書いてある、そのサイトに関するルール。かなり笑えてしまうローカルルールを取り上げられてます。というか、ツッコミが面白い。ホントにその通りだったりするからまた
かろっぽ~セイセイセイ! (雪の降る情景)
どうも、珍しくちゃんと学校行ってるはくちょですフォー! 英語W(英語の文法)の時...