島たま日記

淡路島在住のアラフィ主婦のつぶやき。淡路っていいなぁ~♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大麻比古神社

2012年02月28日 | 大樹
徳島県鳴門市の
「大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)」に行って来ました。

目的は、ご神木の楠を見に行くこと。
いや・・・もちろんお参りはしますよ。
人様(いや神様)のお宅に訪問するんですから
ご挨拶しないと失礼ですから。


雨が振りだしそうで心配だったけど
まずは氏神様の志筑八幡神社で
大麻比古神社に行くことを報告してから徳島に向かいました。


大鳴門橋に着いた頃には、もうパラパラと降り出す雨。
せっかくの眺めもちょっとモノクロ写真。

  

しばらく小雨の中を走って大麻比古神社に到着。
大鳥居の前に来たときには雨は止んでいました。
八幡さんのご加護かな




でも、駐車場が見つからず、しばらく大鳥居の前でウロウロ。

滋賀ナンバーの車が鳥居に入っていったので、付いて行って
様子をみようということになり、さっそく追跡。

しばらく走ると赤い欄干の橋が見えてきました。
橋の奥にはまた鳥居が。



前の車に続いて橋を渡ると、石の鳥居の横に駐車場。
やっと到着・・・よかった。
ここまで来るまでに犬の散歩をさせている人が何人か
出会ったけど、ここまで徒歩なら10分以上かかりそう。

緑も多いし、最高の散歩コース♪
新緑の時期にまた来たいね、と旦那。
うんうん、また来ようね(来たばっかりだけど)

さて、駐車場に車を停めていざ、境内へ。



鳥居をくぐって手水舎でお清めをして
階段の前に向かうと、狛犬さんがお出迎え。
ここの狛犬さんは石碑に前足をかけて
向こう側を覗き込んでいるみたい。
なんだかかわいい。

それぞれの神社にそこにしかいない
狛犬さんがいて、見るたびに違っていて楽しい。
いざなぎ神宮の狛犬さんは、とっても威厳があって
守ってます!という雰囲気だったけど
ここの狛犬さんは「とりあえず、悪いやつは通さないよ」
って言ってるみたい(あくまでも私の感じ方です)



しばらく狛犬さんを眺めてからご神木の前へ。
・・・うわ・・すごい存在感。
しばし見とれる2人。

・・・待った!
まずは御祭神にご挨拶しないとだめだよね。

後ろ髪引かれながら社殿へ向かう私達でした。
後からいくらでも眺められるというのに・・ヤレヤレ



全体にそうだけど、社殿前の空間はとっても気持ちがよくて
空気がとっても澄んでいる感じ。
いつまででもここにいたいと思うくらい気持ちがいい。

旦那は「緊張する」って言いながら
すごく畏れを感じてたみたい。
私も少しはあったけど、気持ちよさの方が勝ってた。

感謝のお参りをすませて
おみくじをひいてみると「大吉」

慢心せず日々努力して、人の言うことに耳を傾け
信心を怠らないように。
ですって。

はい。努力します。

今度は拝殿前に居たい気持ちを抑えて
ご神木の前に行くと
圧倒的な存在感で私達を迎えてくれました。





大楠は樹齢1,000年以上と言われ
鳴門市指定の天然記念物になっているそうです。
幹の周囲は8.3m、高さは22m・・・すごい。

1千年の間この楠は、ここで人を見守り続けた
と思うとなんだか胸に迫るものがあります。
人が何をしようと、木々は変わらずそこにある・・・。



また暖かくなって、緑が鮮やかな季節になったら
時間をかけてゆっくり来たい。

本当は大麻山の社にも行きたかったけど
上るのに1時間はかかるというので、やめました。
もっと早い時間に来なきゃ。

志筑八幡の神様、大麻比古神社の神様
どうもありがとうございました。



最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。

↑バナークリックしていただけると
とっても励みになります。


ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 健康生活 | トップ | 香りの効用 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大樹」カテゴリの最新記事