路地裏シルベットのアンオフィシャルblog

革ジャン職人の仕事と生態。 公式ブログでは書けないハピネス&マッドネスをお届けします。

一時がバンジー

2019-04-21 02:03:22 | 日常
学生の頃、
服装の乱れは心の乱れ

とよく言われる側(笑)

先生あなたはか弱き大人の代弁者なのかとおもっていた私も
今じゃ43歳二児の父。

やっぱりそうだなと思います。
やるやん!あの頃の大人


例えば、
革ジャン工場にAとBという若手職人がいました。

Aは最も古株 腕は一流さ
Bは駆け出し 情熱のみ一流

それぞれ革ジャンを完成させると
工場長Hの元へ検品に出す。

そこで各職人の「1着」は終わるのである。

検品提出後、
Bは思い出した。
やべ1箇所糸処理していなかった!

急いで工場長Hの元へ向かった。

Bの製作した革ジャンはすでに検品を通っており、
工場長Hは職人Aが製作した革ジャンの線を消していた。
(革ジャン製作においては銀色のペンで基準線を引き縫製する)

糸処理忘れの事を陳謝する職人Bに対して

工場長Hは、
「銀ペンすら消さない奴はそれ以外の部分が怖いんだよ、ちなみにオマエのはよく見てねぇよ」

その夜職人Bは、いつもより高いビールを飲んだ。らしい(笑)

ちなみにうちのエース職人お嬢(26)は
腕はA
中身はB
ですのでご安心を。

見た目はどうであれ、
無愛想だろうが、
モノづくりを生業としている人は、根っこがまともじゃなきゃ出来ないということを痛感し、昔のことを思い出したのでした。




ポカポカ陽気の週末
これぞ、リトルハイカイのコンセプト!
という方が、
LITTLE haikaibag を購入しに見えたので撮らせて頂きました。



既製品を作る余裕(カネと時間)がなくオーダーメイド専門店みたいになっているSilvetですが、

リトルハイカイ大量在庫!(ウチ的数量)
ほぼ営業トークしたことがない私ですが、

どうか買ってください!(笑えず)

さて明日は、
というか今日か!
怒涛の採寸予定。

歯食いしばって寝ます!

あ、それと
GWですが、
5/2(木)のみお休みで、あとは周りの住人が呆れるくらい毎日やってます!

お気軽にどうぞ!
















コメント

サムラァイ (アニキ風)

2019-04-18 15:28:53 | お仕事
英語数学まるでダメだけど
あっちの方はインテリジェンスです。

「名ばかりのものは要らない あなたと仕事がしたい」

翻訳ソフトはそう訳しやがった。

私が業界に対して抱く思いを代弁してくれてる(笑)

詐欺か?
しかしブツは届くらしい。

広告ベタですが、
真面目に品質落とさずやっていれば目を止めてくれる人はいるもんだ。

かつて台湾のLU君に言い放った。
「大丈夫、私は革ジャンのサムライだ!」

血湧き肉踊っています。



マルタイでクールダウンして頑張ります!
コメント

おかいもの

2019-04-11 00:27:19 | 日常
はじめてアルバイトをした時、
私という人間の価格は1時間630円なんだと思った。

四輪の免許を取るのが遅かったので、私の価格は、しばらく据え置きだった。

若い頃の借金の話は、
エグくて書けない(笑)

けれども借りた人様の金は全て返してきました。

歳を重ねると
借金イコール力量でもあります。




Silvetで6年目
43歳にして

私にとっては見たことないくらい
ゼロがたくさん並ぶ借金です。

大抵のことはイケイケどんどんで生きてきましたが、ハンコを持つ手が震えます(笑)

ポイントオブノーリタンの週末になりそうです。


コメント