路地裏シルベットのアンオフィシャルblog

革ジャン職人の仕事と生態。 公式ブログでは書けないハピネス&マッドネスをお届けします。

斬鉄男

2018-07-27 02:44:07 | お仕事

また儲からぬモノを作ってしまいそうだ
ʕ⁎̯͡⁎ʔ༄



深夜の新作会議(1人)
絵心がない男は、型紙引いて実際に作った方が早かったりする(笑)

アングラならではなウチでしかやれない(正確にはやらない、笑)
モノを作らないといけないけれど、
だから儲からないんだなぁ

でも
この産まれる感がたまらなくて続けているのかもしれません。

こいつは新潟出店でお披露目しましょう!
数少ない裏ブログ読者の皆様お楽しみに。

久々、歯食いしばって屁こいて寝ます。

コメント (1)

人を見た目で判断する

2018-07-24 07:30:47 | 日常
10年ぶりに埼玉に、ある意味戻ってきた。

昔は草加から台東区まで国道4号をアドレスV100メインで通勤していた。

今は浦和から越谷まで、アドレスV125で約半分は国道4号で通う。

私跨るとバカなので通勤中にも悲喜交々出会いや別れいろんなドラマがあったものだ。

ある夜のこと
Silvetから4号に出てすぐ
一台のバイクに遭遇した。

今となっては懐かしいZZR400
手作り感満点のホワイト全塗が
すんげー汚い
Tシャツ短パンスニーカーで
白のRX7にレーシンググローブ

振り幅が少ない美しい擦り抜けをするじゃない!
やるやんとおもっていたら、
信号待ちで
Kawasakiの400の今新車で買えるヤツ。
バルンバルンと吹かしているから2気筒のヤツ

全身メッシュのナントカスター
膝にはバレーボールのリベロみたいなヤツ
タイヤはキレイに使われていた。

さあどーなる。

くんずほぐれつで進むと車が増えてきた。

右にトラック
左に県警

自家塗ZZRが迷うことなく美しく抜けていった!


誤解なきよう、
私は真夏でも半袖でバイクに乗ることはない。

しかし、友達になって一緒に飲みたいのは自家塗君の方だ(笑)

20年後もメットのなかでニヤつきながらバイクに乗っているのは彼のような気がする。
命あればこそだけど。




20年ちょい前の革ジャン職人(笑)
この頃が知識はないが1番乗れてた気がする。
コメント

エースのジョー

2018-07-21 08:39:44 | お仕事


うちのエース
お嬢の革ジャンデビューに備えて深夜の模様替え。

バッグ職人としてのキャリアを積んでSilvetに加入した彼女。

面接では、一年間はバッグを作りながら革ジャンを覚えなさい!
と言った私に

一年もかかりますか?

その一言に職人としてゾッコンラブファントム(笑)

適度に世の中舐めてないとこの業界は生き残れない

彼女との約束は、
2年で私を抜きなさい!

2年もかかりますか?
とは言わなかったけど(笑)

かつての自分たちがそうだったように
若者の可能性と伸びしろは計り知れないのである。
そして彼女には私には無かった才能ってのが溢れてやがる。

しかし、40代のキラメキってヤツで、泥水飲んできた今しかできないこともたくさん見えてきた。

うち負けへん。










コメント

ふつう着ぃひぃんやん

2018-07-17 17:18:19 | 日常
埼玉にやってきて、
古い友人の一人が、
「なんかしたいことないの?」

元旦と二日以外はほぼ仕事している
工房が狭いからバイクは広島のGEMMA先輩に預かって貰いっぱなしで。

う〜ん、浅草で昼間から酒飲みたい(笑)
そしてよく一緒に飲んでたあそこで献杯しよう。

かつて6年ほどこの街で働いていた。
しんどい想い出しかない(笑)
それも今となってはよきことかな。

丸々休みは勿体無いので

浅草界隈の取引先をウロウロして、カシメ2000個と大量のバックルを担ぎ待ち合わせ場所に。


このタイミングでコレを着れるこの人はスゲーなと思った(笑)
しかも5年前に衝動買いしたらしい。

フラフラしながら
鯉口の聖地へ。


フラフラしながら電車で帰る


仕事しか能がない男の束の間のリフレッシュでした。




コメント

逃げ癖

2018-07-09 10:32:16 | 日常

強烈な個性と腕力を持った兄がいた次男坊の私は好きなものは一番先に食べた。

学生時代166センチ70キロでフルバックだった私は、
全速力で突進してくる185センチ100キロにタックルしなければならなかった。
肩は抜けるかもしれないけどそれで死ぬことは多分無いと思った。

しっかし痛い!
自分の痛みが分るからこそ味方をサポート出来るし、される。

大事なことを後回しにして逃げたり
しんどい事や分かり合えなかった事柄に向き合わず逃げ続けた奴は年を食って必ずソレに復讐されてしまう。

食うか食われるか
ヤルかやられるか
そんな環境で育ってきたけれど

大抵の対人関係で失敗しても死ぬことは無い(多分)
という勇気を経験の中で手に入れたんだと思う。

なんの脈絡もありませぬが、
そんな事を思う週の始まりなのでした。

今週もがんばります。


あと、新潟県南魚沼市の「俺節」.Feat スドウユタカ
出店させていただく事になりました。

美人職人連れて行くか悩み中。

岡山の脱チェリー暴威は連行。

みなさん笑顔で再会しましょう!
コメント