路地裏シルベットのアンオフィシャルblog

革ジャン職人の仕事と生態。 公式ブログでは書けないハピネス&マッドネスをお届けします。

腕一本脳みそ1つ

2019-06-23 22:20:07 | 出張
silvetさんがいいのはわかるんですけどぉ!

じぶん〇〇の常連なんで!

そんな時、
私は笑ってやり過ごす(笑)
とにかくヘラヘラすることだけ心がける。

走れる革ジャンは、
オーリンズやFCRと同じだ。
より快適に安全に楽しむための道具。

誰のオーダーだろうが命を預かる覚悟で作っている。
だからこそ、
革ジャン職人と整体師は技術で評価されるべき。
アゴは二の次三の次。


出張福岡ラウンドにて
仕事抜きにどーしても寄りたい友の店がある。

博多区のとある路地にあるマッサージ屋さん。
福岡にいる頃は付き合いと激励で通っていた(すごく偉そうで申し訳ない)

私は職業病で
誰にも負けない背中の張りを抱えている、というか背負っている。

1年2ヶ月ぶりに彼の施術を受ける。

彼はいつだって多くを語らない。
彼は柔術家らしい?
それがとんでもなく強い柔術家だということは後に彼の仲間から聞いた。


すげーな!
凄まじく頑張ったんだと。
1年2ヶ月間の努力を自分の体で体感した。
こんなにフニャフニャに軽くなったのは初めてだった。

そんな饒舌さとは無縁な彼と私の関係性だからこそ、支払いを終え、礼だけ言って次の現場へ向かった。




今や博多の人気店になってる模様。
やはり革ジャン屋と整体師は結果で評価されるべきだ。

体が重い方と
強い漢に会いたい方は是非!













コメント   この記事についてブログを書く
« とんぼ帰って貝になる | トップ | 在日九州人 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

出張」カテゴリの最新記事