風まかせ・・浮島

「ガンダムSEED DESTINY」感想のみ更新中。ちなみに種運命の終了と共にここは閉鎖いたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガンダムSEED-D 27 「届かぬ想い」

2005-04-26 23:27:04 | ガンダムSEED DESTINY
デュランダル議長がここに来て一気に黒の親玉確定。いやはや番組当初から怪しい怪しいとは思ってましたが、これでスッキリ!スッキリ! アスランよ、この先一体どうする?どうなる?

偽ラクスを本物としてすりかえる陰謀。やっぱり議長指示の元で着々と・・。悪玉に浸る議長の姿がこれからいっぱい見られるのかな?騒ぎになる前に取り押さえたいって、そりゃバラされたら信用ガタガタですなぁ。「あのやさしいラクス・クライン」と呼ばれていたミーア。やさしいと言われてるわりになにやらめちゃめちゃ目つきが悪いですけど・・。そして駄目押しの一言。
「・・だが、奴らが離れたと言うのは幸いか。ラクス・クライン、そしてキラ・ヤマト」

ルナマリアはやっぱり艦長命令でスパイな行動をとっていた模様。というか議長命令だったっぽい。タリア艦長もフェイスとはいえ所詮は彼の管轄下なのですな。偽ラクスに呆れながらも、やっぱりまだちゃんと繋がっていたのか。(ちっ)それにしてもあの尾行に気付かないアスランもいかがなものかとまた思い出してみたり。w
 
ルナマリアはなにかしら疑問を抱き始めていたようですが、アスランの嫌疑が晴れたからちょっと安心した感も見受けられ。でもそんなに簡単に忘れらるような会話でもないのに・・。
「とにかくご苦労様。この件はこれで終了よ。いいわね。モニターした内容もこの部屋を出たら忘れてちょうだい」
「御指示通りに致します」

先週シャトルを奪ったラクスとバルトフェルド。用意周到にちゃんと船が待ってたなんて!一体クルーは今までどこでどうしていたんだろ。集合かけられてちゃんと集まるなんて!さすがは本物ラクス・クラインの力、恐るべし!

ネオはジブリールに説教をくどくど貰ってました。小瓶にたった1匹の魚がなにやらネオ自身を表しているようで・・。現場は辛いよ。orz 
「だが目的は達っせられなければならないのだよ。全ての命令は必要だから出ているのだ。遊びでやっているわけでははない。・・わかっているというのならさっさとやり遂げてくれないかね、言われた通りのことを。でないとこちらの計画もみな狂う」

ステラは今週もまだ縛られてるのね・・。ネオを呼ぶステラがなにやら悲しくそして切ない。皮肉にも元気にしてあげるにはネオの所のメンテナンスルームへ戻すしかないのかも。でも議長命令で連れて行かれる模様。ずっと縛ったまま行くのか・・。orz

記憶を消去されたはずのアウルもなにか大事な事を忘れてる気がするらしい。ステラがいない違和感を感じてます。アウルにも悲しみを教えてやっておくれよ。(泣) ネオもステラを気にしてるあたり、やっぱりステラの存在は大きかったんだなと。
「弔い合戦・・にもならんがな、ステラ。だが今日こそあの船を撃つ!」

細かく気になった所。ラクスに本当にそっくりだったとの議長への報告。そりゃ本家本元だし。w カガリを諭すキラ。やっぱり風呂でのラクスとの会話は全部バッチリ聞いてた模様。w ディアッカはミリアリアにさくっと振られてたなんて、理解のない男だったのだろうか。でも最終的に丸く収まるとかありそうで嫌かも。(おいw) トダカ一佐は忍の一字。アホな上司に耐えるってほんと大変。握りこぶしに力をこめ、今日も今日とて耐えて頑張ってます。
「御命令とあらば、やるのが我々の仕事です」

今日は出撃シーンがこれでもか!ってくらいありました。ケロロの言う通りやっぱりあのシーンは大事でありますな。あれなくして、ガンダムとは言えないでしょう。来週はもちろんMS戦満載な予感。でもタイトルが意味深で怖い・・。(ドキドキ)


コメント

ガンダムSEED-D 26 「約束」

2005-04-17 23:57:05 | ガンダムSEED DESTINY
「ステラ、大丈夫だよステラ。大丈夫だ。僕がいるから」「大丈夫だよ」が「かわいいよ」だったら・・微妙に惜しい?

そんな事は私の思考はとりあえずとして、本当のシンとステラの再会にかなり心震えました。ステラがシンにくれたのは桜貝だったのだろうか。見つめる大切な思い出の品。シンになでられつつ語りかけられたら思い出したんだね、ステラ。もう泣きますわ。(泣) 気を利かせて席を外すナースもまたよきかな。そしてBGMの「深海の孤独」がまた、よきかなぁぁぁっ!(泣)

シン:「何にも覚えてないなんて。君が、ガイアに乗ってたなんて。あんな所に、いた子だなんて・・」
ステラ:「シン。・・シン」
シン:「ステラ」
ステラ:「会いに来た、シン」
シン:「うん。うん、ステラ。オレ、わかる?」
ステラ:「うん。・・シン」

ステラは寝言でネオの名を。一方のネオは喪失感を感じているのか、それともそれは責任感なのか。スティングとアウルからステラの記憶も消してしまうらしい。大仕事と言ってはいたけど、そんなに都合よく消したり戻したり出来るようになってるのか・・。Zのフォウでは不可能だったみたいだけど、時代は進みましたなぁ。(遠い目) ロドニアのラボでのあのすさまじい経験が、ステラが死を異常に怖がる理由なのかも?
「迂闊だったよ、オレは」「損失・・か。ま、そういう言葉になるんだろうがね、軍では」

今回、キラとラクスのシーンが結構強調されてましたね。ファンの方、ようございましたな。でもでも、う~~む・・。私はフレイファンだったのでこのへんのラブラブっぷりはスルーです。(えーw)

細かく気になった所。インパルスは合体したまま帰還するらしい。って事は誰かが解体してるって事ですな。(メモメモ) シンはタリア艦長にめちゃめちゃ怒られましたが、今いち迫力が足りないような気も。Zのウォンさんがいたら半殺しだったかと。w アスランとルナマリアがキラやカガリとの会話を思い出してます。なにが本当か、キラも含めみんな悩んでいる模様。バルトフェルドの怪しい関西弁&ラクスを守る決意、なかなか良かったです。
「ここまできて我がまま言うな。オレがちゃんと守る。お前の変わりに命がけでな」

そして今回なんと言ってもっ!EDが新しくなってる!ああいう感じの曲、好きですぞ。そしてその映像が新旧入り混じってるのにビックリ。一番印象に残ったのはフラガのアニキ。ナタルとマリュー、両手に花ですかぃ。あの頃のアニキの笑顔懐かしかったぁ。もうあんな表情をする事はないのかな。エンディミオンの鷹にはぜひ不可能を可能にして頂きたい。

そしてやっぱりアスランとカガリの関係が微妙になって行くかを思わせる配置が気にかかります。カガリ、ミーア、アスラン。カガリだけ向いてる方向違うのはやっぱり進んでいく道が違ってくるって事なんでしょうか。しかもアスランの相手がミーアって・・。orz 背負っているものはやっぱり一生捨てられないんでしょうかねぇ。

ってなことで、もう頭の中は大体シンとステラの再会でいっぱいな夜です。ああ、来週はどうするどうなる!?  
コメント

義経 14 「さらば奥州」

2005-04-12 21:37:36 | 大河ドラマ 義経
頼政こと丹波さんの最期、立派でございました。知盛に「討たねばなりませぬ!」と言われれば「本望にござる!」平家討伐の企ては失敗に終わるも、平家に逆らい武士として死ねた事はまこと生きた証しになったのではないでしょうか。思いを継ぐ者がこれからどんどん流れを変えて行きますし。

でもいいシーンなのに、大霊界vsどんとこい超常現象とか思考がズレてしまってる己がっ・・。ばかばかばかーっ。orz

なんといっても見せ場は頼朝の挙兵。平家の流人となって20年。無駄だと思われた流人生活の中で礎を築いているあたり、いやはや流石です。そして後ろ盾となる北条家と縁を持っといてよかった、よかった。政子の力は偉大なり!「思いのほか、早う動きましたな」

しかし、いきなり負け戦の模様。挙兵もいきなりだったけど負けもいきなりでした。まぁ兵の数が違い過ぎるので仕方ないですが・・。そんな頼朝一行、落ち武者狩りで追いつめられるも一筋の光がっ!それは梶原景時こと中尾彬。最近バラエティーでしか見ないのでなんだか新鮮。w 景時がこそっと逃してくれましたよ。どうやら平家滅亡カウントダウンを見越したゆえの計らいだった模様。ここで逃げ延びて鎌倉へー。いい国創らなきゃ。一方、木曽義仲もやる気満々。あ、巴もだけど。

義経も秀衡の気持ちを痛いほど感じながら、兄の所へ旅立つ決意を。やっぱり源氏の者としてそして武士として、戦に赴き手柄の一つも立てたいと思うのは当然の事ですかね。いつものメンバーに加えて佐藤兄弟も一緒で一層心強いですな。旅支度、兵糧、全部用意して見送ってくれた秀衡の心遣いに、なんだかちょっとじ~ん。(泣)「そなたの帰る所はここぞ」

細かく気になった所。五足の前髪きっちりそろってます。やっぱり清盛の側に仕える者としてはあれくらいきっちりしとかないといけませんかね。後白河法皇と丹後局コンビが二人だけえらいオカルトちっく。都を六原に移した事による祟りの原因も、もしやこの二人が?w 「まことにまことに、さぃでございますなぁ」

そして清盛は夜中にもののけを見るまで追いつめられている模様。でも平家の女達は優雅に菊を愛でたりしてます。そこで清盛と常盤の娘、能子(後藤真希)登場。時子複雑。そしてこの先の運命やいかに!?

さて来週はいよいよ初めて兄弟が御対面~。そして静とも再会。重要な人物達が絡んできて、ここから更に盛り上がることを期待します。


コメント

ガンダムSEED-D 25 「罪の在処」

2005-04-11 00:56:06 | ガンダムSEED DESTINY
うむむむむっ!濃いっ!ってか今まで進まな過ぎて、この程度で既に特濃と感じてしまう私は甘いのだろか。まぁ春だし、新年度だし、桜も咲いたっていうし、新OPも裸祭り。w

まずはOPが新しくなりました。しかしいきなりネタバレっすか。心の準備が・・。(どきどき)でもねぇ、素顔見せられてもあれがフラガのアニキなのかどうか判断つきません。だってみんな顔似てるし・・。 前作であんな風に散っておきながら、あれしきの傷で済んでるって方がある意味アンビリバボーな感じも・・。そして何気にバルトフェルドちっくな傷。もちっとバリエーションがあってもいい気が・・。

そして気になったのはカガリの元を去るアスランの後姿。なんであんな格好なんだ、カガリ・・。にもかかわらず去るのか、アスラン。そしてミーア猛烈アプローチが!カガリ、やばいぞカガリ。orz 

さて夕陽のアスラン達。キラの話を素直に聞けないって事は相当デュランダル議長を信じきっているなと。よっぽど「父の呪縛」での議長に心が救われる思いだったのでしょう。アスランの心は簡単にひっくり返らないと見た。ゆえにオーブにもアークエンジェルにも戻らないという決意は固い感じが。このへんは徐々に・・なんですかねぇ。

カガリ、以前のキラ同様アスランからもダメ出し。ショック・・。orz 理解は出来ても納得出来ない事もあるらしい。やばい、ほんとにやばいぞカガリ。そしてカガリだけじゃなくキラにも強く言い放つアスラン。もうこれは視聴者代表と言っても過言ではあるまいて。でもキラの返事はやっぱあんな風になっちゃうのね。w これはもう保志さんが乗り移ってるから仕方ないか。


キラ:「でもアスラン、それもわかってはいるけど、それでも僕達はオーブを撃たせたくないんだ。本当はオーブだけじゃない。戦って撃たれて失ったものはもう二度と戻らないから」
アスラン:「自分だけわかったような奇麗事を言うな!お前の手だって既に何人もの命を奪ってるんだぞ」
キラ:「知ってる。だからもうほんとに嫌なんだ、こんなことは。撃ちたくない・・撃たせないで」

もう一方のシン、レイの調査はどえらい事になってる模様。あれってば研究所といっても連合の方だから直接レイ関連ではないわけね。でも若干気になる映像盛り込まれてました。フラッシュバックしてるって事はあながち遠くもないのかも?議長と一緒にいた人、あれってば誰だろ・・気になるぅ。

ロドニアのラボ。ここは昔、スティング、アウル、ステラが育った場所らしい。タリア艦長の話だとすさまじい環境のもとを生き抜いてきた精鋭だった模様。なにゆえ自爆を!?っていうか証拠隠滅?(モアちゃん風)・・なんともおぞましき場所です。

アウルが怯えて泣き出すなんてただ事じゃないです。もしかして母さんがブロックワードだったのか?でもステラがやる気になって飛び出しちゃいました。
「かあさん、守る」

んでもってアスランとシンが迎え撃ち。爆散させずに倒せとの命令。かろうじてそうはしたけど、気を失ってるパイロットは、ステラぁぁぁぁ!!再会来たぁぁぁぁ!!ステラかわいいよステラ~。 ♪悲しみを教えて~(おいw)

細かく気になった所。OPでのルナマリア、前傾気味な後姿がかわいい。w シンいつものがっくりうなだれポーズとステラの体育座り、あれは対になってるのかな。でもシンと一緒はルナマリアなのね。議長とタリア艦長、手を伸ばしあってるって事は・・二人はぶっちゃけどうなのよ?ハイネは死んでもオレンジは出ると・・。なんか悲しいっ。orz

ルナマリア、やっぱり任務でアスランを張ってたらしい。よ~く考えれば個人的な力じゃさすがにあそこまでは無理よね。アスランのセイバーの変形にちょっとZを思い出しました。なんか・・カミーユまた見たい。(泣) ラボ内部を肝試し状態で歩くミネルバ一行。アーサー、かなりいいリアクション。ユウナの出番はあれだけかいっ!予告が全ての男だったか。w 

さて次回予告。あやしげな二人があやしげな行動を・・。いよいよアークエンジェルサイドも動き出す時?キラがどんな一手を放って来るか。(わくわく) ステラを抱きかかえてシンが走ってます。まさかロザミアちっくな展開に?それはそれで悲劇に向かっているような・・。

CMで久々に「幽遊白書」を見ました。なんか懐かしい~。ゲームで復活ですか。とぐろ兄弟とかいましたね。(思い出すのそこかw)


コメント (2)

義経 13 「源氏の決起」

2005-04-05 20:53:29 | 大河ドラマ 義経
いよいよ源氏が動き出しました。なにやら複雑でしたが、まぁ・・なんとなく理解できたような気が・・なきにしもあらず。(おい) 久々登場の新宮十郎義盛(大杉漣)が登場しました。でも名前変わったっぽい・・。え~、もう名前覚えきれんよ・・。来週までにチェックしときます。orz

彼が各地に散らばった源氏の面々に声をかけて歩くわけですが、なにやらこれも一癖ある人物な模様。OPでは、全てにからむ源氏のトラブルメーカーと紹介されていたし、大丈夫なんだろうか。って、口が軽くてもう平家にバレてましたが・・。「天は我を見捨ててはいなかった!」これ2回叫びましたからね。ダウンタウンの松ちゃん的手法かと。w

事の発端はボンボンバカボンの宗盛(鶴見辰吾)が、源頼政(丹波)の息子の大事にする名馬をよこせと言った事から始まった模様。泣く泣く手放した名馬に対する数々の仕打ち。(動物愛護団体からは間違いなく苦情が出ると思われます)果ては元の飼い主である仲綱に対する侮辱に発展し、今まで平家の横暴に耐えていた頼政に火が付いた。
「よわい70、まこと生きたと言えるかどうか。もう一花咲かせてみしょうか」

頼朝は既に北条家に婿入りしてた模様。ちゃっかり事が進んでたのねぇ。ちょっとビックリ。w そんな伊豆にも十郎義盛が平家追討の知らせを。しかーしっ、さすがは頼朝気のない返事。常に冷静沈着なポーカーフェイス。2回も立て続けに叫んでる誰かさんとは大違い。w 政子も今下手に動けば、まわりにつぶされかねないと見た模様。夫婦そろって知略をめぐらせてるあたりはいい感じ。でも内なる頼朝、若干の嬉しさもありか?
「源氏の嫡流としての私を、都は忘れていなかった」

このへんの会話から、かつて頼政は源氏を裏切り清盛になびいた存在であることが判明。ほぉほぉ、だから源氏でありながら敵の平家と仲良くしてたんだなと今頃納得。ひげきりの太刀の一件も、それゆえ本物かどうか見極められたと。でも結局悪い事をすると巡り巡って自分の所に返って来るって事ですな。丹波さん一家に同情していいのかどうか・・。でも平家にもいずれ巡り巡って返ってくると。因果応報とはよく言ったものです。

さて頼朝とは正反対に知らせを受けてやる気満々、野望を燃やす熱い男がいた!さすがは世界の小澤・・の息子、木曽義仲。話によれば十郎義盛とはおじと甥の仲らしい。そしてお互いに父を義朝に殺されていた模様。(これってば頼朝と義経の父って事かな)同じ恨みを持つ者同士は結束が固まるのが早いなぁ。というか何気に木曽義仲は女好きな模様。巴はラムちゃん的役割でしょか。

平泉の義経の所にもやって来た十郎義盛。(いっぱい歩きましたなぁ)義経の心は既に決まっているのだけれど、秀衡が待ったをかけます。秀衡の言葉はえらい説得力あります。でも来週義経は行っちゃうんだけど・・。
「都の動きに惑わされてはならん!法皇さまを侮ってはならん!清盛入道を・・見くびってはならん!」

細かく気になった所。炎に包まれている屋敷での丹波さんの微笑み、迫力&貫禄あり。身内からの裏切りに清盛怒り心頭。こっちの睨みも怖~っ。巴が母親代わりの義仲の息子、Drコトーに出てた子と思い出せてなにやらスッキリ。w 「叱られてしゅーっとするでない!」・・怖いよ、巴。北条時政、今回の源氏の話にえらい変わり身早っ。すけ殿に常々ただならぬものを感じて婿にしたんだとか。w ナンチャン劇場、「伊勢三郎、思えばこの日を待っていたやも知れぬ~~っ」「大げさだなや」って次郎の返し。いい感じで笑わせてくれます。

今回のラストの曲は勇ましくてカッコよかったです。散り散りになった源氏一門それぞれの思いが伝わってきました。来週はいよいよ挙兵の時。大河の見せ場と思われます。いざ参ろうぞっ!


コメント

ガンダムSEED-D 24 「すれ違う視線」

2005-04-03 20:34:14 | ガンダムSEED DESTINY
ん~、なんか・・話が進んでいるようで実はあんまり進んでないような。種運命って牛歩戦術?緊迫感も緊張感もほぼ伝わってきてない感が・・。まぁ、現在ファーストを見ているので余計にそう思えてしまうのかもしれませんが。(シャアやガルマやランバ・ラルを見習えよ)そのわりにはどんどこ脱線しいく一方で・・。何がしたいんだろ種運命。

レイ、暗がりに画面の明かりだけでカタカタやってる姿は意味ありげですが、目が非常に疲れる行為ですぞ。いくらコーディネーターとはいえ、明るい部屋でやった方がいいかと。

アスラン、セイバーはマイカー代わりか・・。一体離艦した後どこに置いておいたんだろう。また3人組が来て略奪されるとも限らないってのに無用心極まりなし。

ミリアリア、オレンジのグフがやられる瞬間を・・。orz まさにカメラが捕らえた決定的瞬間。そしてキラと会いたいと願っている目の前にいる奴は、愛しきトールを殺めた男。orz

虎よ、あんたがお揚げを食ってるとは・・。どん兵衛の法則からいくと、食べてたのはうどんだろうか。wもみ上げも絶好調。

そしてそして、一番アホっぷりを見せ付けてくれたのはアークエンジェル内の風呂。「天使湯」て。w 海底から温泉でもひいてるんか・・。しかも露天風とはこれいかに。これ福利厚生で認められんの?いつからこんな無駄な装備を・・。orz キラの頭の上にタオルってのもなぁ・・。 ♪はぁ~ビバノンノとでも言うってか!バカやろこのやろーめ。(いつもここから風w)この先の彼の発言に説得力がぁ・・。

まぁそんな事は実は重要ではなくて(おいw)今日はルナマリアの類まれなる尾行能力を見せ付けられたかと。きっとこの子はMSに乗ってるよりも特殊工作部隊とかの方が向いているんじゃなかろか。だってセイバーで飛んでいってしまったアスランを探し出し、向かいの窓から監視をし、しかもまたセイバーで飛んでいく彼を絶対スピードが違うと思われるヘリかなんかで追っかけると。どうやってあれに追いつけたんだろう。w しかも最高のコーディネーターと謳われるキラが同席してる会話を傍受してるって・・無理がありすぎやしませんかぃ。ってか仮にもフェイスならこんな見え見えの尾行気付くんじゃないのか、アスラン。もう今日は笑わせるデーなのか。(4月1日も過ぎましたが・・)

アスラン、キラ、カガリ、ミリアリア(ルナマリア傍受中)の会話。ここに来て初めてアスランがザフトに戻った事を知った模様。そしてこれも初めて本物のラクスがコーディネーターの襲撃に遭った事を知ったと。デュランダル黒幕説が動き出してきました。最終的に議長の操る百式vsSEEDの若造が束になってくみたいな展開なら、それはそれで面白いかも。(おいw)

笑えない男が一人。レイとシン、どういういきさつでか研究所に・・。レイがなんかやってましたが。アスラン達のやさしい夕陽のオレンジのとは対照的に、真っ赤な世界が建物を包んでます。ここってもしかしてもしかすると?怖い!真っ暗な研究所内で何を見たんだろう、レイ。いっぱいいたんじゃないの?同じ顔の・・(ひぃぃっ)SEEDの頃から、げに恐ろしきかな研究所。ここから帰るとなんかもうボロボロになる事必至。レイさんや、泣かせてもらう膝はあるのかい?

細かく気になった所。ハイネの遺品を見送る一同が悲しかったぁ。先週の爆散した光景を思い出さずにはおれません。「邪魔だぁぁ!」ですから。orz ディアッカの事を聞いても、だから何?的なミリアリアの態度。あれからなにかあったんでしょか。ってかディアッカは玉砕してたのかもかも?研究所に行かされるシン、全くヤル気なし・・。「そんな仕事をオレ達に?でありますか」

さて来週は意味ありげな首輪の少年。あれってば今現在子供なのか。あるいは過去の?ミーアについて何か動きがありそうな。アスランの握りこぶしから察するに、なにやら苛立っている様子。ユウナの抱き枕抱えた寝姿って・・。orz まさか来週のサービスショットこれじゃないだろな。w カガリ&ラクスの入浴シーンとはえらい違いで・・。そしてステラかわいいよステラが登場だぁー。

はぁ・・もうそろそろピリッとした内容でいってもらえるとありがたいんですがね。(遠い目)・・そして最後に一言、種運命よ、おイタが過ぎますぞ。w
 

コメント