風まかせ・・浮島

「ガンダムSEED DESTINY」感想のみ更新中。ちなみに種運命の終了と共にここは閉鎖いたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

義経 08 「決別」

2005-02-28 23:48:39 | 大河ドラマ 義経
さて平家も、うかうかしてられなくなってきました。娘を帝に嫁がせ、帝の義父となることで一門の栄華を極めるぞ作戦なわけですが、やっぱりそうすんなりとはいかないようで・・。公家集からの抵抗、源氏の生き残りによる逆襲への不安、強引に事を押し進めようとすると反対勢力が絶対出てきます。「火種はくすぶる」(by頼朝)「地震の前の地鳴りや。この後揺れるでぇ」(by朱雀の翁)

今回は頼朝と政子にまたもや進展が!政子の何気にアタック大作戦。基本的に頼朝は女性に優しいので政子の心を掴んだのかもしれませんな。浜辺での「ただ我が国を眺めておりまするデート」こんな束の間の会話も見張られていてすぐさま平家へ情報が飛んでるし。パパラッチかお前ら。w

さて遮那王決断のとき。もう時間の猶予もなくなってきました。吉次へその旨の支度を言い、あちこちにお別れの挨拶を。お徳の計らいで敵の清盛ともサシで話が出来ました。まぁ実際には下手すりゃ殺されちゃうから有り得ないんでしょうけど、そこはほれ大河ですゆえ。
「夢を叶え、己が目で見るには力がいるぞ。わしは平家。そなたは源氏。それを忘れるな」
渡さんってやっぱりカッコいいなぁ~。(しみじみ)あれが男ってもんだなと。お言葉、胸に!しかと胸に!(タッキーの真似っこすなw)

旅立ちの前に、ひと目母に会いに一条邸に。蛭子さんが邪魔だなぁって思ってたらさすがは大河、こちらの気持ちをわかってらっしゃる。ちゃんと2人きりになりましたよ。w 常盤様は相変わらずお美しゅうございました。子供の頃よりの悩み、苦しみを母に告白し、母の捨て身生き方にお礼まで言った遮那王。成長しましたなぁ。あんなりっぱな事言われたら、母は泣きまするぞよ。・・ってこっちも泣きまする。(泣)そりゃ何もかも報われる気持ちになりますねぇ。そして父の形見が遮那王に。それを着せてもらった姿がまた凛々しい。帰り道に聞える母の笛の音がまたいいです。「生きてさえあれば、いつか・・」

細かく気になった所。今日も五足と一緒に健気に遮那王の為に動くうつぼ。別れのときに遮那王さま・・と言葉少なに切なく見つめるうつぼは切なかったですねぇ。「ほなな」って軽~い挨拶は五足らしかったです。w 絶対また会えるんだから!って感じがしていいです。五足の「ほなな」。ラッパのマークでお馴染みの重盛(勝村政信)は一門の結束の為なら鬼にもなる覚悟らしい。う~む、鬼の副長ではなく鬼の長男の意気込みですな。帝のもとへ嫁ぐ事になった徳子(中越典子)は今いち乗り気じゃないらしい。ま、きっとそうだろなとは思ってたけど・・。今週のマツケン弁慶で覚えてるのは・・いびきのみ。(おいw)

さていよいよ来週は旅立ちのとき。先々週から思わせぶりな予告に踊らされたわけで・・。orz いよいよ元服して「義経」に!そして新キャラぞくぞく登場です。弁慶もやっと報われます。ナンチャン、カミカミマンだから心配。w カニが嫌いなナンチャンが平家に立ち向かうってんだから皮肉なもんですな。平家蟹・・見れば見るほど怖~っ。

コメント

ガンダムSEED-D 19 見えない真実

2005-02-27 15:46:25 | ガンダムSEED DESTINY
今日の放送は本当に本編の種運命なのだろうか。目を疑う事しきり。一体何なんだ。あの萌え萌えな展開は・・。orz ってか今日はみんなの顔が違ーーーう。あの半開きの口、やめてくれ。表情が微妙に違うと何もかもが違って見えるから不思議。そして何かにつけて頬を赤らめるなよ。一体どこへ行こうとしてるんだ、種運命。orz

一番の衝撃といえば悔しいかなやっぱりレイ。あんなにクールで無口なレイが何なんだ!あの議長へのジャンピング抱きつきは!そしてうるうるなあの表情はないだろ。私の視線はタリア艦長より冷ややかですぞ。これまでのイメージが総崩れなんすけど・・。う~む、謎だ。謎めく。あんなレイが見たかったんじゃないのにぃ。シンも議長に会うとうるうるで頬を赤らめるのか。しかも猫をかぶって「ザラ隊長」を立ててるし・・。

まぁ色んな事に目をつぶりつつ、一応気になった所。
ミリアリア、頑張れ!もうあんたが頼りだよ。この異常な展開をなんとかしとくれ。スティング、アウル、ステラの3人組。盛り上がるザフトの連中を横目に「やれやれだな」と呆れ顔。あんたたちが非常にまともに見えて安堵しました。ステラはミーアのライブより海に興味があるらしい。ミーア・・玉砕。レボレボ出たけど、えらいセリフちょっとでしたな。ちょっぴり悲しい・・。「こちらディオキアポートコントロール。ミネルバ、アプローチそのまま。貴艦の入港を歓迎する」最初の方でプラネテスのハチマキの声めーーっけ。

戦争が終わらないのはそれで稼いでいる死の商人が原因説が議長の口から。う~む・・ガンダム産業も同じことが言える気がすると思考が横道へそれて、あとの話はよく覚えてないアホな私です。そしてミーアのピンクザクを見てロボコンを思い出したのは私だけでしょか。w

はてさて今日の感想は意見が真っ二つに割れそうで怖いです。みんなどんな感想をUPしてるのかな。私はツッコミ千本ノックになりそうだったので、若干抑え気味になりました。何も「逆襲のシャア」を見た日にこんな内容の種運命じゃなくてもいいのになぁ・・。来週の予告もちょっと嫌~な予感してます。どーかこの予想が当たりませんよーに。


コメント (2)

久々更新です

2005-02-25 19:26:11 | Weblog
今の今まで義経感想をUPしてなかったこと・・すっかり忘れてました。えらい時差がありますが一応先週分まで一気に。(いい加減ですみません・・)Zガンダムも終わりまして(感想は中途半端ですが)劇場版でしか知らなかったファーストを全話見てみることにしました。一年戦争の富野節を満喫したいと思ってます。
コメント

義経 07 「夢の都」

2005-02-25 19:15:12 | 大河ドラマ 義経
だんだん物語が動き始めてきました。今まで離れ離れだった兄弟はいずれ巡りあう運命なのですねぇ。吉次とともに福原を見た遮那王はこの世の浄土があるという平泉に思いを馳せ、都を離れる決意を固めた模様。「夢は奥州の地で見るしかなさそうだ」って海を見つめるまなざし、タッキーはカッコいいな。吉次は平泉をプッシュした甲斐がありましたな。さては「金売り吉次」も全国区にしようとしてるんじゃ・・。弁慶もやっと遮那王に再会できました。まぁ門前払いとはまさにあの事なんでしょが。「拙者は諦めませんぞ!」頑張れ、弁慶!♪オレッ

そして明らかに吉村貫一郎な風貌の源頼朝だなと。もしやこちらが「壬生義士伝」にハマる事を見越してそうしているのか?だとしたら何て計算高い。w 子役の頃の頼朝は真っすぐでしっかりした印象だったのに、10数年経つとなぜにあんなくねくねに?川でのんびり釣りしてるし。ばったり北条政子に出くわしても笑みを浮かべろ作戦。石投げられて邪魔されても「堪えよう。堪えよう」爽やか笑顔作戦続行。結果あの政子に妄想うずまく夢見せてるし。w 頼朝の静かな日々も終わりに近づいている模様。

今回もうつぼはかわいかったぁ。静へのジェラシーもやっぱりちょっとあるのね。遮那王が都を離れると聞いたその瞳が寂し過ぎる・・。「私が兄さんと別れたとき一人ぼっちじゃないと言って下さったのに。・・仕方ないね。うん、仕方ないんだ。今日から私、一人でも生きていける気構え持つ事にする。その方が別れが辛くないからさ」毎回うつぼの健気さにはやられちゃいますなぁ。タッキーが都を離れたら、出番も少なくなっちゃう?

そういえば上戸彩はガンダムSEEDの頃にガンプラのCMに出てたなぁ。もしかして今現在ガンプラCMに出てるあの子も再来年あたり大河デビューしてるのかも?居並ぶ敵をばっさばっさと斬りまくり「あははは。ごめんね、強くってさ」(坊主の方かいw)

今回の初登場といえば、平資盛の小泉Jr。賀集くんと兄弟だったとは、し、知らなかったぁ。このぉ~イケメンブラザーズめ!でも小泉孝太郎よりもビックリしたのはお付きの役者さん。あの人よく再現VTRとかで見るなぁ。さんま御殿とかで・・。そんな風に思考が横道へそれてる間に、お公家集といざこざがあったらしい。肝心のセリフを全然覚えてないし・・。すまぬ、孝太郎。

今週のお亀ちゃん。庭で畑仕事に精を出すお亀ちゃん。頼朝の北条へ婿入りの噂もあり、このまま安穏とはいかなくなりそう。素直でよく笑って、やきもちも焼かない頼朝の唯一心安らぐ人、お亀ちゃん。こういう女性ってなんかいいですねぇ。なにやらすっかりお亀ちゃんファンな私です。

細かく気になった所。チビノリダーこと喜三太。弁慶同様、遮那王の側に仕えたい様子。用が済んだら返そうと思ったって馬に乗って逃げてましたが、そういうのを「盗んだ」と言うんじゃ・・。北条時政(小林念侍)、私はどんな人だったか全然知りませんが、こういうキャラ・・嫌いじゃないです。w 政子といい時政といい、わかりやすい性格だなぁ。タッキーが吉次に会いに来たときにいた色鮮やかなオウム。「新選組!」ファンならぐっさんの声を思い出したに違いない。もしかして同じオウム?徳子(中越典子)も美しいですね~。思いっきり政略結婚で波乱の人生だったようで。だからこそ余計に儚く美しく見えるのかも。全然関係ありませんが、朝の連ドラ「こころ」のOP曲とても好きです。ドラマは・・見てなかったのですが。

さて来週はいよいよ決別のとき。久々に美しき常盤様が見られます。って、先週の予告は何だったんだよ!まだ全然あそこまで話が進んでないじゃないかー。一体いつの予告を流したんだよ、んもぅ期待させてからに。(ぶつぶつ)
コメント

義経 06 「我が兄頼朝」

2005-02-25 19:13:45 | 大河ドラマ 義経
中井貴一が!源頼朝が!つ、ついに来たああああ!「人に先をせられんよりもまず押し寄せて攻め候わばや」う~ぬ、言葉の意味はよくわからんがとにかくすごい自信だ。w 伊豆で平家の厳しい支配のもと、息を潜めている模様。しかしこれは表向き。幼き頃より敵をまんまと欺き、今も都の情報を逐一把握してその機会をうかがっている。他人にはへいこら穏やかに見せておきつつ、実は切れ者って感じの展開、結構好きよ。

そして初登場といえば北条政子(財前直見)。なにやら男勝りで気性の激しい方っぽい。イノシシ狩りで頼朝と初対面。でも・・なんだこの少女漫画ちっくな展開。w 

さて先週からの続き、母上危篤でタッキー誘き出し作戦は案の定失敗。ま、そうなるとは思ってたけど・・。でも喜三太のハートをGET!薄情な仲間の所へは戻るな。と見逃してくれたやさしい遮那王。その恩に心動かされ平家が命を狙っていると教えて去りました。

そしてやっぱりうつぼにも優しかったよ、タッキー。不出来な兄でもいなくなればやっぱり寂しい。「一人だ・・一人ぼっちだ」と涙ぐむうつぼに「五足たちがいる。私もいるではないか」っかー!あんた惚れてくれと言わんばかりの言葉をかけるのねぃ。このやさしさはやっぱり母常盤から受け継いだものでしょか。

遮那王が未だ出家しないでいる事が気になる平家。とうとう寺までやって来るのですが、ま!まさかここであの言葉を聞こうとは!!それは「ええぃ!」寺の僧が門のところで言ってました。みんな繋がっているのね。(おいw)

細かく気になった所。オセロ松嶋を「お亀」って呼んでました。なにやら素敵な響き♪頼朝のほのぼのシ―ンを一層盛り上げたかと。藤原家と源氏が手を組んでくれたらと目論む吉次は、実はいい意味で計算高かったんだなと。常盤は「御身大切に」たったこの一言すら、修行の身に俗世の声は無用と言伝を断りました。そして相変わらず美しきかな。時子は息子たちを収集して、いざというときはそなた達が力になりなさい!みたいなアドバイスを。母の愛もさまざまですなぁ。

さて居場所を求めて次週いよいよ奥州平泉へ旅に出る模様。この時代藤原秀衡はこの世の浄土を築こうとしていたらしい。今は合併問題で揺れてますけど・・。(おい)予告を見ると、なにやらRPGっぽい?まだ見ぬ兄への思い。自分の体には源氏の血が流れている。遮那王は元服し新しい名を手に入れた。弁慶が仲間になった。喜三太も仲間になった。ナンチャンも加わるっぽい。すぎやまこういちのあのテーマが流れてきそう・・。そして一行は広野を行く?




コメント

義経 05 「五条の大橋」

2005-02-25 19:12:15 | 大河ドラマ 義経
正直・・笑いました。あの花吹雪はすさまじ過ぎだろと。お前ら紅白歌合戦のトリか!そしてマツケン弁慶のあの下駄、歩きづらそうなんですけど。「通りたいのならその腰刀を置いて行け」って、一生懸命逃げたら絶対についてこれまいて。w 

そしていよいよ対決のとき。タッキーのワイヤーアクション・・う~む、どうにもなぁ。だって弁慶の長刀の上にちょこんと・・おいおい乗っちゃったよ。しかも次は弁慶の肩に立ったちゃったし。「おのれ!もののけが!」って・・もののけは師匠の方ですから。あっちに出くわしたら背筋が凍って動けませんよ。w 結構な見せ場なんですけど、私にゃ大笑いな五条大橋で終わってしまいました。「HERO」みたいなのを期待しちゃいけませんね。

そして今回はうつぼ(上戸彩)とタッキーが川原で語らいます。厚化粧の面々・・いやいや豪華絢爛な平家の奥方を見た後だったので余計にもかわいらしく見えます。「鞍馬からいなくなったときは寂しかったな」なんて言っちゃって、こんのぉ~女殺しめっ!w うつぼは遊女宿に売りとばされて苦労をしてきた模様。「生きるにはたまにはいやな事だってしなきゃね。世の中の隙間かいくぐっても生き抜くさ」なんてさらっと強い事言うんだもん。今回でかなりうつぼファンになりました。もっと出て来る事を期待!

それにしても運命の人とされる静との出会い。これまた、いきなりな事で。追いかけられるタッキーを女装させてかくまうのですが、あんな見え見えの作戦に引っかかる奴がいるかいっての!って、実際まんまとやり過ごしたよ・・。orz 安田大サーカスが「ベタでーす」って現れそうなシーンでした。静ちゃんの今後の活躍に期待します。

さて緊張感のあった所。清盛が幼い頃の頼朝に欺かれていた事が発覚。これには清盛も怒る怒る。命を助けてやったのに、たばかったな!とばかりに欺かれた太刀で庭を荒らしまくりで刃こぼれしまくり。その声をたまたま通りかかって聞いていたのが、あの大五郎翁。(ちゃーんw)あれに乗って夜お散歩するのが日課なのでしょうか。毎回ちょろっと出てくるのにあのインパクト。ただもんじゃありません。wそれにしてもやっぱり頼朝は大物です。14か15の頃に既に平家を欺いていたとは!来週はいよいよ頼朝登場だー。中井貴一、カミングスーン。

細かく気になった所。うつぼをいじめてたあの坊さん、兄さんだったらしい。悪い顔してるぞ。w 来週はちびノリダーと一緒にタッキーを待ち伏せして、はてさてどうなることやら。後白河上皇はお薬の処方がマイブームなのだろうか。常盤さまは相変わらず美しかった。蛭子さんが一言でもしゃべるとそのシーンが台無しになる気も・・。弁慶はタッキーを思うと食事も喉を通らない様子。いざとなったらぶんどった太刀を売って金にするって言った坊さん、あんた仮にも仏門にある者がそんな事言っちゃっていいのかい?清盛の怒りの声、夜中に聞いたら怖いなぁ。でもうちでは、夜中にシャラポワみたいな声が聞えるときがあります。(多分どっかの犬かとw)

さて来週はまた新たな展開が!それにしても「義経」は役者さんが豪華です。



コメント

ガンダムSEED-D 18 ローエングリンを討て!

2005-02-20 21:12:23 | ガンダムSEED DESTINY
今回のシンは『主役はオレだ!ぼやきとやけくそ大暴れ。やれますよ、やる気になれば。やってやるさ、ちくしょぉぉぉーー!何だかんだ言って最後はつじつま合わせたぞ。主役の実力思い知ったろ!てんやわんやでラドル隊との共同作戦、大成功~~!!』・・なローエングリンを討て!の巻でした。(ふぅ) もちろんシンの功績は素晴らしいのですが、奴の場合どっちかっていうと勢いだけだったような気も・・。そして怒りをパワーに変える男だなと。「くっそぉ~!な~にがお前にならできると思っただあの野郎!自分でやりたくなかっただけじゃないのかぁ?やってやるさ、ちくしょぉぉぉ!」

それにしてもインパルスってちゃんとコアスプレンダーにくっついて飛んでいくのね。なにやら「かわいくない?」と、はねとびのコントっぽく聞いてみたりして。w まさかシンがアカデミーを出ていながらあんなに幼稚だったとは・・。それでよく軍人になれたな。w そう考えるとカミーユやカツと全然違ってくるから、ある意味最強に手に負えないかも?明らかにデュランダル議長のコネでインパルス乗ってるとしか・・。来週あたり飼い主の所に戻っていい子いい子されるのかも?

そして、今日もアスランの憂いのある瞳にやられました。作戦は成功してもその後味は悪かった。今まで虐げられていた人々の逆襲。建物を壊し旗を燃やし、すでに事切れている人でも撃ちまくる。敗軍の行く末もまた残酷すぎる・・これが戦争というものの現実。ヒーロー気分に浸ってるだけの子供じゃおれませんわな。そしてシンへのねぎらいの言葉も忘れない。さすがはアスランなのです。それにしても最後の複雑なアスランの表情・・深いですねぇ。(しみじみ)

先週の予告で気になっていた女の子は「コニール」というレジスタンスの子だった模様。まだ少女なのに、何気にキシリア巻き?しかも普通に車を運転してんですけど・・。あ、でも一応AT車なのね。じゃあ運転できるか・・って納得出来るかー!シンにいきなり「子供じゃん」って言われてましたが、思わず「お前もな!」って思ったのは私だけでしょか。w コニールの涙の訴えは切実ですね。そんな中、アスランは彼女を子供扱いしてなかった。なんてジェントルマンなんでしょ。でも、だんだん人の扱いがデュランダル風になっていってるのが気になったりして。

今日も今日とて・・レイのセリフが少なーいっ!新選組の斎藤一並ですよ・・。まさか最終的に「デュランダル議長~、オレがいる限りザフトは終わらない!」とかなんとか叫ぶ見せ場が一回ぐらいで終了なんじゃ・・。議長とネオとの関係に触れるのはいつになるのでしょうか。(遠い目)

細かく気になった所。アスランとコニールを見送るルナマリアとレイの後姿。なにやらお尻がセクスィ~。今日のルナマリアはパイロットスーツ姿のみでした。「オレもあんまり上手い方じゃないけどね。人付き合いとか・・」ってアスランの発言に「私、予防線張られた?」大当たり~♪ シンが大暴れしてるあたりの音楽は勇ましくてカッコよかった。それにしても最近のOPは反芻ばっかり。こういう感じ・・最近のテレビのいけない所な気が・・。

そしてそして来週はいよいよレボレボがーー!「ザクとは違うのだよ。ザクとは」とかなんとか言ってくれないのかな。w ミネルバは凱旋するのだろうか。久々に議長が!何やかんやで今年初なんじゃ・・?彼の口から一体何が語られるのか・・。口を押さえて目をうるうるさせてるアスラン。一体何が!?う~む、来週も気になるぅ~・・。

コメント

BSアニメ夜話・機動戦士ガンダム再放送決定

2005-02-15 20:01:43 | BSアニメ夜話
私がガンダムにハマるきっかけとなったアニメ夜話の再放送が2月28日午前1時36分(27日深夜)に決定した模様です。総合でやるのでBSを見られなかった方も、この機会にぜひぜひどーぞ。(えらい深夜ですけど・・)詳しいことは番組HPでご覧下さい。 
BSマンガ夜話
コメント

Zガンダム Vol 13 

2005-02-15 19:57:28 | 機動戦士Zガンダム
47宇宙の渦 48ロザミアの中で 49生命散って 50宇宙を駆ける (今回えらい長いです。しかもまとめきれませんでした。すみません)

『人の意識の源には戦いを好む癖があるのか。Z、それは人の雄たけびだ。そこにわずかな希望をかけて、赤い彗星のシャアが飛ぶ。そしてカミーユ・ビダンはときの涙を見る』

あ~、見終わってしまった。ときの涙を見てしまった。もうこのナレーションを聞く事もない・・。ちなみに↑は番組宣伝用の第1話予告ナレーションです。私はZのナレーションが好きでした。SEEDや運命の予告もカッコいいのですが、Zの予告もこれまたいいんですよ!「君はときの涙をみる」ってのが決めゼリフなんですけど最終回を迎えてしまったので、もうそれを聞く事もない・・。はぁ~、なんか寂しい・・寂しいよぉー。

ブライトはアクシズの手にあるグリプス2を包囲して奪うという作戦を決行。敵のコロニーを渦巻きのように取り囲んでその機能を止め、奪う。これをメールシュトローム作戦と言うらしい。(へぇ)言葉の意味はよくわからんがとにかくすごい自信だ。w

ここでハマーンを狙うためカミーユが出撃。そしたら呼ばれもしねえのにカツまで出撃。そしてファも出撃。おいおいおまいら・・って感じです。w カミーユの強いプレッシャーにたまらずにハマーンが出撃。ここからカミーユvsハマーンの激しいMS戦が始まるのですが、Zとキュベレイから互いに波動が!ま、まさかケロロでいう所の共鳴でしょか。w 強いニュータイプ同士の共鳴。そしてハマーンのイメージカラーは常にピンクなのね。

カミーユはずっと以前に出会っていたようなそんな気がするそうな。ここで幼い頃の自分の姿を見るのですが、ちょっとプラネテスのハチもこんなシーンあったなと、思考が横道にそれてみたり・・。母親を思い出してるあたり、ま、まさかハマーンにそういうものを感じてみたとか?

そして、ハマーンとシャアの知られざる過去が!何あれ?ほんの一瞬なのに見逃せないシーンがっ!!若い頃のハマーンとシャア。どうみても恋人同士じゃないっすか!シャアがスーツのポッケに手を入れて微笑んでるし。そのシャアの肩に手を置いてるハマーン。あんな女の子みたいな笑顔のハマーン、想像できないっすよ。しかも手が届かないのでわざわざなんかに乗っかりつつシャアの肩に手を置いちゃって。女の子らしさ全開じゃないっすか。デートでもしてたのか?まさか芸人レギュラーのあるある探検隊ネタではあるまい・・。w うぉぉ気になるぅ~。なんて罪作りな一瞬を見せてくれるんだ。

同じ物を見てわかりあえると思った瞬間、「気安いな!Z!私を惑わせたのは貴様か!よくもズゲズゲと人の中に入る。恥を知れ!俗物!」「僕たちはわかりあえるかもしれないだろ」「黙れ、貴様もシャアと同じだ」「ハマーン・カーン、わかった。お前は生きていてはいけない人間なんだ。 暗黒の世界へ戻れハマーン・カーン!」

落ちろ!ととどめを射しにかけた瞬間「人はわかりあえるんでしょ?」ってやさしい声の問いかけに一瞬の隙ができキュベレイが逃げていく・・。それでもメールシュトローム作戦は無事成功。エゥーゴはコロニー・レーザーを手中に。それにしても、シャアとの間に何があったんだろ。ここへ来て気になる発言多いなぁ。

さてハマーンが残した隕石基地アクシズが月面都市グラナダへ向かっているので、今度はそっちをなんとかせねばと・・。そんなときロザミアがサイコガンダムでアーガマ襲いに来たー。なんだかんだ言ってロザミィもひっぱっりますな。ちょい役なのに色男のゲイツ・ギャバをお兄ちゃんと信じている模様。ロザミィのサイコガンダムはウォンさんのスーツを思わせる色合いです。w そして相変わらずデカイ。カミーユと出会いますが、もう昔のお兄ちゃんは思い出せず苦しむだけ。そのロザミィの中からフォウの声が!説得を聞かないロザミィはアーガマを攻撃。「助けて」またもやフォウの声が!やむを得ずロザミィを撃つカミーユ。しかもコックピットを撃ち抜くって悲しすぎる決断だ・・。「見つけた!お兄ちゃん」って最期の言葉がね、なんか悲しさひとしお・・。orz

そういえばティターンズのバスク大佐も戦死。ロザミアをお兄ちゃんとしてコントロールしてきたギャバも戦死。どんどこ死んで行く・・。(合掌)

ファってここにきてとても大事な存在だなと思ってみたり。「戦争が終わったら前みたいに学校に行ってケンカして、昔みたいになるわよね?」「かわいそうに・・戦争の仕方しか教えてもらえない強化人間なんて何になるの。ニュータイプだってそうよ。そんなの始めからないのに、そのおかげで戦争が起ってここに暮らしていた人たちもまた戦争に出て行ってしまったわ」

ファはシンタとクムの子守りもしてて、アーガマの中で唯一母性が感じられる存在でした。お風呂にいれたり寝かしつけたり、しょっちゅう大声で怒ったりしてそりゃもう肝っ玉かあちゃんでした。そんなファの姿にカミーユも癒されてたし。エマやレコアはとは違うそんな存在。ファにはそのままでいて欲しいというカミーユの気持ちはわかる気がしますねぇ。本人はみんなのようにパイロットとして役に立ちたかったみたいだけど。フォウの存在とも違う、ファの愛もまた素敵だなとひしひしと感じてしまいました。ラストは更に・・。orz

しづ心なく花の散るらむ・・。まずはカツ。もう最期までこいつは本当にカツだったなって感じでした。エマがいっぱい彼の名を呼んだ気がします。彼の事を思えばこそ耳の痛い事も言ってきたのに。でも・・奴は最期まで自分の思うままに行動し、死んでいきました。だからってなにも隕石にぶつからなくっても・・。完全にお前の油断が原因じゃないか。orz 木の葉のようにひらひらと・・。そりゃヤザンも撃つわな。でもあんなに好きだったサラにやっと会えたから、ま、いいか。(おい)

エマの「カツぅ・・・」って声がやけに悲しく響きました。でもエマの危機には幻となって「後ろです」なんて助けにくるからなぁ。しかーっし!エマを助けたといえばやっぱりヘンケン艦長。ラーディッシュを盾にしてMKⅡを守りました。乗組員もみな散っていったし・・。爆風でボロボロの中、モニターでMKⅡの無事を確認したヘンケン艦長の最期には泣けました。メニュー画面での肩を抱いたツーショットは結ばれなかった二人への手向けですかねぇ。(あう)

そして第1話から因縁の仲、ジェリドとの戦いにもここで終止符が。あんなに沢山のMSを操ってきたジェリド最後の機体はバウンドドック。(えー)ちょっと愛嬌のある形してるんですけど、最終的にこれっすか・・。(人気あるのかな?)でもこれだけ因縁があるにもかかわらず、結構あっさりカミーユに撃たれちゃいました。ジェリドはラーディッシュとともに宇宙に散っていきました。言いかけた言葉が終わらないうちに星になったジェリド。(合掌) 「みんな死んでゆく。こんな死に方、こんな死に方嬉しいのかよ。満足なのかよ。誰が喜ぶんだよ。うあああ!!」

呆然とするエマを一旦アーガマに帰還させようとカミーユが説得するのですが、話の途中でヘルメットを開けるシーンが結構印象に残っています。エマを正気に戻したかったからあんな危険な真似したんでしょうかね。ちょっとナウシカちっく?

そしてここも因縁の対決、レコアvsエマ。女同士の本気の戦いはなんかわくわくします。(おいw)
「レコアさんあなたはカツの声が聞えなかったの?ヘンケン艦長も死んだ。あなたは何も感じなかったの?みんなは感じたのよ。そして2人の為に心の中で泣いたわ。でもレコアさんあなたが死んでも誰も泣いてくれないんじゃない。それでいいの?」「誰もいなくていい。それが私の選んだ道よ」レコアの告白はここへ来て切なくなりました。誰にも言えなかった苦しみもあったんですね。自分の生き方を貫いて戦死。なんか憎みきれない・・レコアさんは勝手だよぉ。(泣)

沢山の人の死にカミーユの怒りがヤザンへ。「貴様、人が死んだんだぞ。いっぱい人が死んだんだぞ!遊びでやってんじゃないんだよぉ。命は力なんだ。命はこの宇宙を支えているものなんだ。それをこうも簡単に失っていくのは、それは・・それは酷い事なんだよぉぉぉ!」ヤザンは怯んで退きますが、カミーユのオーラがそれを許さない模様。でも正直これはガンダムなのか?と思わせるとこ満載で。だってカミーユのおでこからピンクの光線がぎゅーーんって。この科学を超えた現象は一体・・。しかも「うああああうおああああ」って叫びにちびまる子ちゃんの丸尾くんを思い出さずにはおれませんでした。ズバリ!w ヤザンのMSを真っ二つ。でもぽこーんって脱出用のなんかが飛び出てましたよ。ケロロなら間違いなく『伏線』って矢印とナレーションが出るなと。w

でもエマの最期でまた切なくなるんです。レコア戦で瀕死のエマが「私の命を吸ってそして勝つのよ。沢山の人があなたを見守ってるわ。あなたは1人じゃない。寂しがる事はなくてよ」この「寂しがる事はなくてよ」って息を引き取るときの言葉がねぇ、どうにもエマらしくて悲しくて印象に残ってます。「エマ中尉ぃぃぃぃ!!」ってカミーユと一緒に叫びそうになりました。

そして気持ちが冷めやらぬままこんだけ書きましたけど、結果的にまとめきれませんでした。また時間を見つつ・・。ここまで読んで頂きありがとうございます。


コメント (2)   トラックバック (1)

ガンダムSEED-D 17 戦士の条件

2005-02-13 22:03:01 | ガンダムSEED DESTINY
今回のこの放送で一体何人の人がアスランに惚れ直した事だろう。シンに語って聞かせる夕陽のアスラン。はぁ~、カッコいい~。(ほれぼれ)フェイスだからじゃない、自分の非力さに泣いた事のあるアスランが言うからこそ説得力が違うのですよ。

「あの時力があったなら。力さえ手にすればと。でもその力を手に入れたその時から自分が誰かを泣かせる者となる。それだけは忘れるなよ」

もうこのへんでノックアウトかと。w わざと抵抗して見せてたお子ちゃまシンでも、ありゃ惚れ直したに違いあるまいて。戦士の条件についての諭すような語り口、去り際にさりげなくシンの力を認めていくあたりデュランダル話術を学んできたんじゃ・・。それにしてもあのアスランの背中はダメ押しって感じでした。そういえばシンは別にどうって事ありませんけどねって言いつつ、殴られた事を結構ひきずってた模様。w 

それにしてもアークエンジェルの面々の海底に潜んでのよもやま話、興味深かったです。おいしいコーヒー飲みながら全部の放送局が見られるだなんて、何て優雅な。一体クルーは全部で何人いるんだね・・。ここだけえらい快適空間なんすけど。

テレビの中ではミーアが歌って踊ってました。そりゃもうノリノリで。w ラクスは静かな表情と語り口でしたが、明らかに不快感を感じているなと。パクられた事よりも、イメチェンでこれほどの人気を得ている事にムカついてるに違いあるまい。もの静かな人ほど怒ると怖いぞ。実際ミネルバのヨウランとヴィーノに今みたいな方がいい。若くなった。衣装もなんかバリバリ。ポスター欲しい!まで言われてたし・・。昔のラクス・クライン全否定かい。orz 議長のプロデュースも大したもんですな。

アスランが戻ればもう少しプラントの状況がわかるとカガリが言ってましたが、以前会ったときのアスランの状況から、彼のとった行動を大方予想してそうなキラでした。キラにせよラクスにせよ、全部今まで隠居してた結果ですな・・。アスランの苦悩を「うん」だけで片付けましたからね・・キラ。

それはそうといよいよデュランダル議長黒幕説が!やっぱりそうであったか・・。ミネルバをスエズに行かせる目的も見えてきたし。戦いとはいつも2手3手先を考えて行うものですからねぇ。(遠い目)ラクス暗殺の刺客を送り込んだのも議長の疑惑が濃くなって来たし。だからこそアークエンジェルはまだ動けない長考に入りました。アスランはどこまで読みきれてるかな。相手が100手ヨめば101手を1000手ヨめば1001手めをヨむだけ。デュランダルを侮るな、頑張れ!キラ。

細かく気になった所。メイリンはルナマリアのスカートが入らない事が判明。でも彼女はまだ若さで勝っている事に気付いていない。ってかカガリの存在にも気付けよ、メイリン。レイは今日も今日とて無口であった。そして見つめる眼差しがなんか・・これもデュランダル仕込み?逐一報告してたりしてね・・タヌキに。ルナマリアのシンの態度へのつぶやき、「そのうちどうにかなると思うけど。どうせシンの負けで」大当たり~~~!w

はぁ~、今回のアスランとシンのシーンはきっと何度も見返してしまいます。(ぽ) やっぱりアスラン最高~~♪
コメント (2)   トラックバック (1)