きょねブログ

司会・講師・時々カフェ🎤申絹愛(しん・きょね)のブログです。

韓国2018春~その1~

2018年04月07日 | 徒然NOTE
インフルエンザ娘
インフルエンザ息子
別れと別れ(「出会いと別れ」じゃないのよ)
気持ちも体もバタバタすぎて(またか!)
人生色々…
島倉千代子さん風に口ずさむ。

松岡修造さんも言ってましたよ。
「崖っぷちだーいすき」

(だから何)

さて、そんな中(どんな中や)韓国へ行ってきました!
旅行じゃありません、帰省です。
旧正月に夫一人だけ帰省したので、今回は私と子ども達とで帰省しました。
しかしなぜでしょう。
ここの所バタバタしていたせいか、心が浮わついていると決まって事件が起きます。

空港に付き、釜山~晋州(チンジュ)バスで 1時間30分。
晋州バスターミナルから義父母宅まではタクシーで10分ほどの距離です。
やっとほっとするのはタクシーに乗ってから。
行き先を運転手さんに伝え、深く座り込んだ瞬間でした…

娘「オンマ、黄色い手提げかばんは?」

ガーン

バスノタナノウエニワスレテキタ

「すみません、Uターンしてください!」
かばんより何より、私の頭の中はいっぱいでした。
パスポート(3人分)!
そう、いつもショルダーに入れておくのにこの時に限って別の手提げカバンにパスポートを入れていたのです。

ターミナルに戻り、バス会社の事務所を訪ねるもわからず。
「釜山から何時発のバス?それうちの会社じゃないね」とおじさん。
え?何?!バス会社がいくつもある!泣
全部回っても分からず、たらいまわしに。
午後6時前だったので、事務所も閉める雰囲気だったのが災いし、「親切な人」には出会えなかった…(こういう時ホント嫌)

もう、信じるのは自分しかない。
着いたばかりだからまだバスは待機しているはず。
そう思って、これから釜山に戻るバスをダッシュで探しました。

ドラマのロケじゃあるまいし、バスターミナル中を必死で駆けまわる女―――(お前だよ)

幸い、バス会社は覚えていなかったものの、バスの運転手さんの顔は覚えていたのでそれだけが頼りでした。
そして見つけたのです!
ベンチで休憩していた運転手さんを!
「運転手さん!」
事情を説明し、バスにあがらせてもらい、無事手提げかばん(パスポート)を確保しました。
「カムサハムニダ!(泣)」
心からの感謝を伝える私に、答える運転手さん。
「いや、僕は何も…」(確かにそうだ)

こうして義母宅には通常より遅れて到着したのでした。
まだ初日なのに、もうグッタリ。
でも、良かったことは、私が必死で探す間、子どもたちがターミナルのベンチで2人で待っていてくれたこと。
大きくなったものです。思えばカバン忘れたのに気づいたのも娘。(しっかりしろよ母)

■教訓
1.パスポートはショルダーバッグに入れる
2.韓国でバスに乗るときはバス会社を確認する
3. 荷物棚に荷物を置くべからず

ゆかいなサザエさん、
ならぬ
ゆかいなきょねさん。
気をつけよう…

あー(ブログに書いて)スッキリした!
今思い出しても息切れするわ。

韓国2018春~その2~に続く


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 地域の輪の中で | トップ | 韓国2018春~その2~ »
最近の画像もっと見る