きょねブログ

司会・講師・時々カフェ🎤申絹愛(しん・きょね)のブログです。

コーヒープリンスあらわる

2020年08月28日 | 徒然NOTE

「TSUTAYA」と「STARBUCKS COFFEE」のコラボ店、行ったことがありますか?

コラボといっても同じ建物の中に併設されているスタイルなのですが。
スタバでドリンクを購入すれば、店内で「座り読み」ができるのが魅力。
ちょっと一息つきたい時、母とよく行きます。
当初は、「そんなシステムにしたら本を読むだけ読んで買わない人も多いのでは?」と思ったのですが、いざ自分が利用してみると、最新の雑誌や本を読むことができる、その上中身をじっくり見ることができるので、結局購入することも多々。「こういうことか!」と納得。←狙い通りの客
普段から子どもたちとよく図書館にも行くので、私には本を買うことがちょっと贅沢気分です。(私だけ?)

さて、先日は、娘の語学教材を買いにこのコラボ店へ。
いつものようにドリンクを買いにスタバに寄ると「イケメン」な店員さんが、接客してくれました。カフェ店員のエプロンがそう見せるのか?

背も高く、マスクの下はわからないけど、きっとハンサム。←いや、これは私の願いか
しかも礼儀正しく丁寧な接客。なんでこんなにやさしいの?私にだけ特別かしら?←客だからだよ!

注文途中なのに、思わず娘に、
「(この人)チャルセンギョンネ~!クチ?」(イケメンだね。そう思わない?)
というと、娘がやめてと言わんばかりに
「オンマッ!」シーッ

韓国語だし、わからないからいいじゃん。と思ったのですが、娘曰く「最近の若者は韓国語わかる人多いから」だそう。恐るべし第三次韓流ブーム…!

まぁでも、韓国語が分かったとしても、褒めているのだからよいではないか。
大阪のおばちゃんならきっと「お兄さん男前やな~」と、面と向かって言うに違いない。めっちゃ男前なら、「男前」と書いて「おッッとこまえ」と発音してさ。
普段から、良いものはよい、美味しいものは美味しい、素敵な女性には素敵だと伝えているけど、初対面のイケメンをイケメンですねと言うと途端にあやしいおばはんになってしまう切なさよ。
あと10年経ったら…臆さず言えるかな。←いうんかい!


こちらはおうち用


ところで、こう長くマスク生活が「日常」になってくると、口元の緊張感がが緩みがち。
司会のお仕事はほとんど来年に延期されましたが、講師のお仕事はおかげさまで続いています。
内心ドギマギしたのは、初マウスシールドでの韓国語授業でした。



こちらはフェイスシールド


口元を見せるのが久しぶりすぎて、まるでタンクトップ姿で人前で出るような(?)ホットパンツで人前に出るような(?)恥じらいがありました。(伝わりますかね、この表現。私にとっては腕見せは超NGなので)
マスクをするからと、眉と目元しかメイクしなかったりすることも多いですが、たまには口元に緊張感が必要だと感じたのでした。
そう、いつ見せてもいいようにね!←腕もな。



コメント   この記事についてブログを書く
« ブライダルK-POP2020 その① | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿