きょねブログ

司会・講師・時々カフェ🎤申絹愛(しん・きょね)のブログです。

ご依頼/お問い合わせはコチラ♪

名古屋を中心に、司会/講師として活動しております。
まずはお気軽にご相談ください♪

■申絹愛ホームページ
■お問い合わせはこちらから

コーヒープリンスあらわる

2020年08月28日 | 徒然NOTE

「TSUTAYA」と「STARBUCKS COFFEE」のコラボ店、行ったことがありますか?

コラボといっても同じ建物の中に併設されているスタイルなのですが。
スタバでドリンクを購入すれば、店内で「座り読み」ができるのが魅力。
ちょっと一息つきたい時、母とよく行きます。
当初は、「そんなシステムにしたら本を読むだけ読んで買わない人も多いのでは?」と思ったのですが、いざ自分が利用してみると、最新の雑誌や本を読むことができる、その上中身をじっくり見ることができるので、結局購入することも多々。「こういうことか!」と納得。←狙い通りの客
普段から子どもたちとよく図書館にも行くので、私には本を買うことがちょっと贅沢気分です。(私だけ?)

さて、先日は、娘の語学教材を買いにこのコラボ店へ。
いつものようにドリンクを買いにスタバに寄ると「イケメン」な店員さんが、接客してくれました。カフェ店員のエプロンがそう見せるのか?

背も高く、マスクの下はわからないけど、きっとハンサム。←いや、これは私の願いか
しかも礼儀正しく丁寧な接客。なんでこんなにやさしいの?私にだけ特別かしら?←客だからだよ!

注文途中なのに、思わず娘に、
「(この人)チャルセンギョンネ~!クチ?」(イケメンだね。そう思わない?)
というと、娘がやめてと言わんばかりに
「オンマッ!」シーッ

韓国語だし、わからないからいいじゃん。と思ったのですが、娘曰く「最近の若者は韓国語わかる人多いから」だそう。恐るべし第三次韓流ブーム…!

まぁでも、韓国語が分かったとしても、褒めているのだからよいではないか。
大阪のおばちゃんならきっと「お兄さん男前やな~」と、面と向かって言うに違いない。めっちゃ男前なら、「男前」と書いて「おッッとこまえ」と発音してさ。
普段から、良いものはよい、美味しいものは美味しい、素敵な女性には素敵だと伝えているけど、初対面のイケメンをイケメンですねと言うと途端にあやしいおばはんになってしまう切なさよ。
あと10年経ったら…臆さず言えるかな。←いうんかい!


こちらはおうち用


ところで、こう長くマスク生活が「日常」になってくると、口元の緊張感がが緩みがち。
司会のお仕事はほとんど来年に延期されましたが、講師のお仕事はおかげさまで続いています。
内心ドギマギしたのは、初マウスシールドでの韓国語授業でした。



こちらはフェイスシールド


口元を見せるのが久しぶりすぎて、まるでタンクトップ姿で人前で出るような(?)ホットパンツで人前に出るような(?)恥じらいがありました。(伝わりますかね、この表現。私にとっては腕見せは超NGなので)
マスクをするからと、眉と目元しかメイクしなかったりすることも多いですが、たまには口元に緊張感が必要だと感じたのでした。
そう、いつ見せてもいいようにね!←腕もな。


コメント

転がる女

2020年02月29日 | 徒然NOTE
正月太りから現状復帰できてないわ~…
つぶやいていたらもう3月!という絶望感。

健康のためには運動は必須。
気休めかもしれませんが、私はまりこ先生のヨガにお世話になっています。
Youtubeにはヨガ動画、エクササイズ動画が数多くありますが、私はまりこ先生が大のお気に入り。

動きがきれい
教え方が分かりやすい
声のトーンが心地よい
動きが簡単すぎない
バリエーションが豊富

といったところがポイントでしょうか。
 



ヨガの他に、エクササイズ動画もあって、夜中に一人頑張っています。
適度な筋肉とスラッと長く伸びた手足…
まりこ先生と一緒に深く呼吸をしながら、そして、まりこ先生の動きを見ながら、さも自分の手足も長いかのように伸ばしてみる——
でも、ふと窓に映った自分の姿を見て苦笑い。
イメージしたより短い!なにもかも!笑
ま、でもイメージ大事です。イメージでは私は「まりこ」。窓はあまり見ないようにしています。笑
 
続けていると、お気に入りのポーズや効かせたい身体の部位などにも意識が向いて、いいんですよね。
興味のある方、ぜひチェックしてみて下さい^ ^
ちなみに、まりこ先生のヨガの他にも、たまにやっているエクササイズがあります。
その名も「両手を上げてゴロゴロエクササイズ」(勝手に命名)
そう、「城本クリニックのCM」のように転がるのです。
イメージ↓
 


CMではカンタンにコロコロしているのですが、実際にやってみると結構キツイ。
家族が寝静まった後、おもむろにリビングで転がり始める女…
私の場合、数回床を行ったり来たり転がったあと、毎回はぁはぁしながら一人でぷっと笑ってしまいます。
そして思うのです。
城本クリニックのCM収録は、かなりキツかったに違いないと。←どうでもいいわ!
コメント

2020年が始まりました

2020年01月13日 | 徒然NOTE

子どもの頃、2020年なんて、すごく遠い未来な気がしていたのに、今自分がその流れの中にいるのが不思議な感じです。
私自身、年々体感スピード感が増していて2019年は本当にあっという間でした。
沢山のお仕事、ご依頼、繋がりを頂き、心から感謝いたします!
これからも、司会や講師といった「話し手」「繋ぎ手」として日々精進していきます!

さて、今日は年末の忘備録。

一年のお礼に親友と椿大神社へ行ってきました。

同じ三重に住んでいるのに、「椿さん」は初めてという彼女。
さも自分の庭かのごとく、ドヤ顔で案内しました。←あんた誰







おみくじは「和」。
この後、同じ敷地内にある佐瑠女神社にも参拝しました。

参拝の後は、「椿会館」で名物の鶏飯(とりめし)を頂きます。欲張って豆腐鍋定食にしたけど、お腹いっぱい!食べても食べてもとりめし。飯碗が結構深かった…



鶏めしのお持ち帰りもありますよ〜


椿会館は、昔の修学旅行を思わせる(私だけ?)、懐かしい雰囲気の食堂です。

又、建物向かい側にある「椿茶園」では、お茶の産地としても有名な鈴鹿のお茶を味わうことができます。この日は混んでいて入れませんでしたが、確か飲んだお茶のマグも貰えます^ ^


そして、この日の夜はおうちでチーズフォンデュ



ホットワインに何度もむせながら(熱いと湯気でむせるんです)爆笑しながら、また飲んでむせて(←冷ませよ)お互いツッコミあってはまたむせて(もはやネタ)楽しい時間でした。

それ以来マイブームのドイツのホットワイン(ホットワイン用のワイン)



2020年が、始まってもう半月が経つのになかなか減りません。ホットワインじゃないですよ、私の無駄なお肉のことです。YouTubeでヨガやってます。(言いわけ)

いつかYouTubeヨガの大好きなまりこ先生について書きますね!






 

コメント

アスレチックのススメ

2019年12月08日 | 徒然NOTE

ボソッ
今年の秋、子どもの休みが多すぎませんでしたか?
お出かけしようにも、混雑がいやで億劫になります。これも年齢のせいですか?
近くの公園、大きな公園、図書館…いつものコースではネタも尽き、

秋の連休に、四日市スポーツランドに行ってきました!(もう12月ですが…いつの話やねん!)

アスレチックやローラースケート場、遊具やバーベキュー場もある施設です。

オススメは、「まず」スーパースライダーに乗ること!(アスレチックの後だと混むので先に乗るべし)

家族4人、全員乗りました。ベルト無し、ブレーキがついただけのシンプルなスライダーに乗り(これが逆にスリル)滑降。コースに柵も無く、ブレーキかけずに滑るとかなりのスピード!面白かったです。




料金は大人1回300円、子どもは100円です。子どもは2回滑りました。ただ、高い場所から滑るため、乗り場までの坂もほぼ登山。笑

さ、そしていよいよアスレチックスタート。ゼッケンつけて選手気分です。(アスレチックは大人700円、子ども400円でした)





結構本格的。器具の横には普通の通路もあるので、小さい子は難しいコースは「パス」することも可能。
一年生の息子はどんどん先に行ってしまいます。



いい景色を楽しんだあとは、ほぼ登山のようなコースが続きます。(幼児にはキツイと思います。)
だんだん無言になる私たち。



全部で1時間くらい。途中、ベンチなどちょっとした休憩場所もあるので休みながらゆっくり回ることもできます。山の空気を吸いながらの運動、気持ちいいですよ〜

そして、敷地内にはローラースケート場もあります。1時間300円(貸し靴)



ローカル…笑
靴に器具をつけるタイプ(〜26センチまで)なので、夫は出来ず、子どもたちと私三人で楽しみました。
人生で初めてローラースケートを体験した息子。最初はおぼつかない足取りで何度も転んでいましたが、夫の熱血指導のおかげもあってか、すぐに滑れるようになりました。



学校で何度かアイススケートに行ったことのある娘はすぐにスイスイ滑っていました。
ローラースケートが◯十年ぶりだった私は、「滑れるかな…」と恐る恐るリンクへ。
不思議な感覚だったんですが、「身体が覚えている」とはこのこと。やっぱり光GENJI世代ですね!(何がや)多分この時間帯のリンクで1番スイスイ滑ってました!(←めでたい奴)


「♪ようこそ〜ここへ〜遊ぼうよパラダイス♪…」

お昼は敷地内の遊具(無料)近くでお弁当。




バーベキュー場はありますが、基本的に自販機しかないので、食べ物は持参することをオススメします。

家族4人でこれだけ満喫してコスパもよし。何だかとても得した気分でした。

一方、何が印象的だったかって、スポーツランドで働いているおじいちゃんおばあちゃんがとても活き活き働いていたこと!明るい、元気、親切。天気の良かったこの日は、訪れる人も多くて嬉しそうでした。

春にまた行きたい、四日市スポーツランドでした。
コメント

秋ウェディング〜その5〜

2019年11月25日 | 徒然NOTE
この日の挙式は、披露宴内人前式。
ゲストの皆様全員が、お二人の結婚の立会人であり証人になるーー厳かで温かなセレモニーです。



挙式前に、新郎新婦のお二人と簡単なリハーサルをさせていただきました。



まだリハーサルだというのに、眩しすぎるお二人。ほんとに素敵〜!

披露宴は、ご友人の皆さんがお二人の為に愛とクオリティが沢山詰まった余興を準備してくれました。
明るくて楽しい余興なのに、その想いが伝わってくるようで感動的ですらありました。
家族想い、友達想いなお二人のお人柄が感じられる温かな時間でした。
新郎新婦の末永いお幸せをお祈りしています。感謝ハムニダ♪
 








コメント

韓国2019年夏その②

2019年09月11日 | 徒然NOTE

【韓国2019年夏その①の続きです】

さて、今回の韓国は5泊6日の滞在でしたが、ソウルでは韓国の親族と会って食事をしたり、義兄夫婦の「韓国ドラマにでてくるような」新居を訪問したりと忙しく「遊ぶ」時間はやっぱりあまりありません。
それでもソウルで1日だけ時間ができので、娘が行きたがっていた明洞をぶらぶらすることができました。
明洞に来たら外せない、明洞聖堂へ。





意外にも夫は初めてだったようです。(夫はキリスト教徒)
思えば結婚前、夫と何度か明洞に来たこともあったのに、明洞聖堂には立ち寄ったことがなかったなぁ。

明洞聖堂は、1898年に建てられた韓国カトリック教会を代表する聖堂で、パワースポットとしても知られています。
建物の中にも入れますし、中に入ると普通に礼拝に訪れている方もいます。
荘厳な静けさが心地良い、いつまでも座っていたいような空間。




聖堂の扉には、カッ(韓国の伝統的な帽子)をかぶった男性の姿。
西洋の建物とのバランスがなんとも。
この絵にはどんな意味があるのか知ってみたくて探してみたのですが…ちょっとまだ探しきれていません。




こんな写真もみつけました。
完成当時の写真でしょうか。
韓国ドラマの朝鮮王朝時代を思わせる、「白衣」を着た人々の姿。





色んな歴史に思いを馳せながらしばらく眺めていました。

聖堂の地下にはモールがあり、カフェなどもあるので、お勧めです。
余談ですが、この近くに「ホドゥクァジャ(くるみ饅頭)」のお店があります。リーズナブルで箱もかわいいのでこちらもお勧めです!

さて、老いては子に従えではありませんが、娘が行きたがっていたダイソーにも立ち寄りました。
娘もすっかり、韓国ファッション、韓国グッズに目がない、今どきのティーンエイジャーです。
韓国にもあちこちにダイソーがありますが、明洞のセジョンホテル前のダイソーは比較的大きく、見て回るのも楽しかったです。

不買運動?私は両国の為に経済を回します!100円ショップで!



バラマキ土産にカード式ミラーはいかが?




ハングルカリグラフィーの封筒に一目惚れ♪




一番のヒットは「名前シール」!
1000ウォン札(100円)を入れてハングルか英語で入力するだけ。あっという間にできました。



もっと見て回りたかったけど…今回は釜山まで戻らなければならず、後ろ髪をひかれながらソウル駅へ。
KTXに乗って一路釜山へ向かいました。
最後の晩餐は

キンパ(海苔巻)






チャジャン麺やタンスユク(韓国酢豚)




日本のそれとは少し味が違うんです。たまにこのタンスユクを無性に食べたくなる。

そして翌日、無事日本に帰ってきました。
もっといろんなところに行きたかったな、子どもたちに色々見せてあげたかったな…
あんなに長くいたのにこのフラストレーションは何だ…
でもやっぱりメインは帰省であって、韓国の家族に会うこと。
「韓国旅行」はまた次回にしよう。
次回は娘と「女子旅」に行こうとコソコソ話す我が家の女子たちでした。


 

 

 

 


 

コメント

韓国2019年夏 その①

2019年09月04日 | 徒然NOTE

この夏、1年ぶりぐらいに韓国へ!
夫の実家に帰省しました。
中部セントレア空港へ向かうのに、久しぶりに津エアポートラインの高速船を利用しましたが、高速船が「忍者」仕様になってて驚きました。
天井から忍者がのぞいてる





救命胴衣着用法も「忍者」が教えてくれます。




笑える。でもこういうの好き。
三重は伊賀忍者の故郷ですからね!
ちなみに、スタッフさんは…船員さんの服装のままでした。
忍者コスプレすればいいのに…(←海上の安全を考えなさい!)

今回、釜山に行くのに、初めてエアー釜山を利用。





8時の便に乗るため、(これも久々に)朝早く家を出て、空港で和朝食を食べました。





久しぶりの韓国ですが、子どもたちは、旅慣れています。
娘は、このお菓子で機内でプチ贅沢







昔、刀風のオモチャで税関つかまった息子は、今回楽々スルー。
無事釜山に着きました。
しかし、まだ先があります。
釜山から晋州(チンジュ)まで1時間半のバスの旅。旅慣れていても疲れはありますが、エアー釜山が開通する前は、いつも午後便しかなかったので、早い時間に晋州に着けてよかったです。

ではでは、しばし韓国の風景をお楽しみください。
市場でチャメを発見。





公園の一角には、トウガラシが干されています。韓国あるある風景。





息子が大好きな「おしり探偵」が韓国でも放送されていました。





おしり探偵、韓国語しゃべってる…。これがまた面白い。

マートで買い物をした帰り
子どもたちはスタスタ前を歩きます。





娘は最近よく荷物を持ってくれます(大きくなったのぅ)

そして街で「テミン」を発見!





テミン歯科の看板らしいけど…息子(テミン)は大喜び

続いては、食べ物シリーズ。
晋州で数日過ごし、義兄、義姉家族の住むソウルへ上京しました。
ベリーたっぷりのかき氷。





明洞で飲んだタピオカミルクティー。「タイガーシュガー」





並ばず飲めて、しかも美味しくて大満足でした。2杯くらい飲める、多分。
日本にももうすぐ上陸するらしいです。

更に、ソウルに住む兄夫婦の招待で、人気の韓定食屋さんへ。







野菜にこだわったヘルシーな料理で、本当に美味しかったです。
あとで調べたらものすごく人気店でした。
「サナレ=山の下」という名の通り、郊外にある韓定食屋さん。駐車場に整備のアジョシがいるくらいの人気ぶりでした。

明洞で食べたチーズタッカルビならぬ、「チーズチムタク」は、期待通りの味。





チムタクは、鶏肉を甘辛ダレで煮込んだ料理です。
ジャガイモなどの野菜、春雨、餃子も入っていてボリュームたっぷりでした。

 

続く>>>>>>






 

 

コメント

丸顔は面長を

2019年07月09日 | 徒然NOTE
シンプル
スリム
コンパクト
薄い(厚み)
 
そんなキーワードに弱い私。5月からペンケースを新調しました。ガマ口タイプで、薄くて、細長い。最低限のものしか入らないペンケースです。
 
 
選びながら、ふと、思い浮かびました。人は(特に女性は)、本能的に自分にないものを求めるとか。子孫を残す際に、より強い遺伝子を残すために自分にないパターンを取り入れる…みたいな話だったと記憶しているんですが。
 
丸顔だから細長いものが好きなのかしら。太っちょだからスリムなものが好きなのかしら。そういえば、夫は面長(おもなが)だわ…!(←いや、たまたまでしょ)
 
さて、結局、例のペンケースは薄過ぎて、認印と修正テープを別でポーチに入れて持ち歩いているという矛盾。
スマートにかっこよくーーというのはなかなか難しい。私にはもう少し工夫が必要なようです。
 
コメント

長い長~い黄金週間

2019年05月05日 | 徒然NOTE

長かったゴールデンウィークも終わりを告げようとしています。

朝ごはんを食べれば「今日のお昼ご飯なに?」

お昼ご飯を食べれば「今日の夕飯なに?」

 

そんな子どもたちの声に

「いろいろ!」

と答えた日々ももう終わり。

ママたちよ、同志よ、皆さんお疲れ様でした!(←大げさ)

 

さて、我が家はゴールデンウィークに韓国に行く予定を急きょ変更したので、空けてあった5日間が空白に…

急いでどこか旅行に行こうにも、予約が取れるわけもなく、かろうじて一泊キャンプ場が取れて出掛けることになりました。

家族で行くキャンプは初めて。

地元三重県の大台町へ。

地元と言っても自宅から2時間くらいかかる場所で、緑が多く、車の窓を開けるだけで森林浴が楽しめるような感じです。

特に、キャンプ場からほど近い、宮川ダムの周遊は、最高でした!

頼まなくても、乗船前にどうぞどうぞと記念撮影をしてくれます。

めでたい家族

周遊はたっぷり1時間。

貸切状態。

ちなみに、キャンプ場利用者は割引券をもらえます。

予想以上の景色、満足感で…割引券使うのが申し訳ないくらい、すごく得した気分になりました。(割引券は使いましたけどね←使うんかい!)

秋は紅葉がきれいだとか。

 

さて、夕食までは、散策したり、本を読んだり、ゆったり過ごしました。

キャンプ初心者の私たちはバンガローに泊まりましたが、半分以上がテント持参のキャンプの人。キャンプ、グランピング、流行ってますよね~。

このキャンプ施設も、その流れのせいか、山の斜面にあるバンガローを壊して土台を残し、柵を設けてキャンプサイトにしているようでした。

夕飯は、ガスコンロに、下ごしらえ済の肉と野菜で簡単にチーズタッカルビ&焼肉、炊いたご飯持参。(やる気あるのか!とりあえず今回は…。笑)

夜は、みんなで寝転んで星空を眺め、心身ともに癒されました。

子どもたちも普段以上に進んでお手伝いしたり、「探検」しにでかけたり。

一方で…

当然、あちこちに普段見ないような種類の虫はいるし、夜は寒いし、敷地内を歩くにも、山だからちょっとした高低差があったりと少々大変なこともありましたが、それも含めてとても楽しいキャンプでした。

翌日は奥伊勢フォレストピアへ。

温泉に入り、川遊びを楽しんで帰路につきました。

いやー、伊勢方面にはよく行くけど、この大台町もいいな~。

そしてこの奥伊勢フォレストピアのコテージがとてもいい感じ。

コテージなら、冷暖房、キッチンもあるから赤ちゃん連れの妹家族とも来れるかも…と、夏の予約を試みましたが…

いっぱいでした。アイゴ。

次回、訪れてみたいものです。

 

 

 

 

 

コメント

TT

2019年02月10日 | 徒然NOTE

先日は初めての「TT」でした。

といっても、K-popアイドルのTWICEのヒット曲「TT」(ティーティー)ではありません。

Team Teachingのことです。私とネイティブ講師と二人で講師を務めたのです。

昨年から子ども達にも韓語をえているのですが、子ども達はイベントレッスン以外でネイティブ韓国人のレッスンを受けるのは初めて。

子ども達は緊張しながらもこの日をしみにしていました。

まだ習っていない語や言い回しもありましたが、みんな積極的に話したり質問に答えたり、見ているこちらもしかったです。

子ども達も自分の韓国語が通じる楽しさを感じた様子でした。

レッスン後はK-popアイドルの話で盛り上がり。

「アンニョンヒケセヨ〜!」帰りもしっかりご挨拶。楽しいひと時でした。

そして、帰りはソヨン先生と四日市のお好み焼き処「おおきに」へ。

何年ぶりに行ったんですが、やっぱり美味しかった!

お気に入りは「豚テッチャン」。

野菜とキムチもたっぷり入って食べきれないほどのボリューム。

「すごいボリュームだね〜」といいながらちゃっかり完食。(←食べとるがな)

ネイティブ韓国人も気に入る辛さと旨ささ!

今月で帰国するソヨン先生は、この店を「もっと早く知りたかった!」と残念がるくらいでした。

迷ったけど、夫にもお持ち帰りしました。(←なぜ迷う)

私自身もたくさんの学びを頂いたTTでした。

【申 絹愛HPはこちらから】

コメント