きょねブログ

司会・講師・時々カフェ🎤申絹愛(しん・きょね)のブログです。

ご依頼/お問い合わせはコチラ♪

名古屋を中心に、司会/講師として活動しております。
まずはお気軽にご相談ください♪

■申絹愛ホームページ
■お問い合わせはこちらから

ブライダルK-POP2020 その①

2020年05月25日 | 結婚式おすすめ曲

おうち時間に韓国ドラマを一気に観る――

長い自粛期間、そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私は、ものすごくマメに韓ドラを見る方ではないのですが、気になったドラマは頑張ってみるようにしています。
「がんばって」というのは、私にとって韓ドラは楽しみであり、語学勉強でもあるのですが、つねに「自分の欲との戦い」が伴うからです。
時間が無限にあれば…
家事を一切しなくて良いのであれば…
明日は仕事が休み!なら…無限に見たいのが韓ドラ。
20代の頃は睡眠時間を削って(というか続きが気になって)見ていたものの、今では体力的にも日常生活のバランス的にも無理があります。
1日1話よ!自分に言い聞かせながらコツコツ見るようにしています。

さて、そんなことはどうでもいい。(何の前置きや!)
今日は、最近話題の韓国ドラマ「愛の不時着」から、ブライダルに使えそうなオススメ曲を取り上げてみたいと思います。
画像はtvNサイトからお借りしました。



主演は、ドラマ「私の名前はキムサムスン」「シークレットガーデン」「アルハンブラ宮殿の思い出」などで知られる、『ヒョンビン』と、「よくおごってくれるきれいなお姉さん」「個人の趣向」などで知られる『ソンイェジン』。


あらすじは、韓国の財閥令嬢が、パラグライダー中の事故でなんと北朝鮮に不時着。そこで北朝鮮のエリート軍人に出会い、ロマンスに発展するものの、ほかの外国でもない北朝鮮から彼女は無事韓国へ帰ることができるのか…といったもの。

王道のラブストーリーなのですが、美しい主役カップルはもちろん、主役以外の俳優さんの光る演技と、ストーリーの細部までよく描かれていて見応えがあります。その上、名だたる有名俳優陣のカメオ出演(=チョイ役でゲスト出演)、遊び心ある展開、往年の韓国ドラマへのオマージュ…とにかく一言では語りつくせないほど見応えのあるドラマでした。

ピョ・チス最高



ソ・ダンのお母さんは、映画「パラサイト」にも出ている女優さん。全然違いすぎてすごい



俳優さん女優さんについては他にもたくさん!
ただ、忘れてはならないのが、ドラマのベースにあるのは、いまだに1つの民族が分断されている現実。
世界中どこにでも行ける時代なのに、同じ民族、言葉だって通じるのに気軽に行き来することができない現実が、韓国と北朝鮮のあいだにはあるんですよね。そんなバックグラウンドが全く違う二人の運命はいかに。韓ドラ好きの方もそうでないかたもきっとハマりますよ。
【これから「愛の不時着」をご覧になる方へ】必ず毎回エピローグまでご覧ください。製作陣の字幕が流れ始めても終わりではないです。そのあとエピローグがついてますよ!

*ちなみに北朝鮮の言葉と韓国の言葉は同じなのですか?とよく聞かれますが、もともと1つの国なので、言葉は1つ。ただ日本語でたとえるなら東京の言葉と大阪の言葉くらい違います。北朝鮮はピョンヤンの言葉が標準語、韓国はソウルの言葉が標準語です。ドラマ中、北朝鮮の様子が描かれますが、北朝鮮側役の俳優さんは、みなさん「北朝鮮の言葉づかい」で話しています。ヒョンビンさんは、役作りのためにこれをマスターするため、2か月くらい練習したのだとか。南北のイントネーションなどの違いが分かる韓国語学習者の方は、そうでない方の1.5倍は楽しめます。

では!ここからは、ドラマ「愛の不時着」から選ぶ、ブライダルK-POP。
切ないバラードナンバーが多いので、照明暗めの幻想的な演出や入場にお勧めです。

1.ペク・イェリン『Here I am again』

2.10㎝『But it`s destiny』

3.ユン・ミレ『Flower』

4.Crush 『Let us go』

5.DAVICHI 『SUNSET』

 

私の周りには、このドラマを見終わったあと「愛の不時着ロス」が続いて、サントラを買う人が続々^ ^
先日も「きょねちゃん、笑わないでね、私サントラ買ったの」とマダム。まったく恥ずかしいことではないです!今度借りる予定だし
また、このドラマを観終わって、他の韓ドラを見始めたものの、やっぱり「愛の不時着『沼』」から抜け出せなくて、繰り返し見ること3回目!見始めた人もいます。
ことのほかヒョンビンさんは、今まで演じた役の中で一番かっこいい気がする…いや、どれもかっこいいんですがね。私、「制服(軍服)」フェチなのかな…




余談ですが、長く俳優さんとして活躍している彼。
ずっと「オッパ(年上)」と思っていたのに、彼もオッパではなかったです…オッパと呼ばせてよ!←どうでもええわ!

 

 

コメント

2月の佳き日に

2020年03月30日 | 司会・バイリンガル司会

2月の佳き日に

またひとつ

素敵なご縁が結ばれました。

この日の会場は、ストリングスホテル名古屋。



在日コリアンカップルのお二人の挙式は、シンプルな伝統婚礼スタイルで。

ひとつの瓢箪から作られた一対の盃をつかって行いました。

どちらの盃にとっても、ぴったり合うものはもう片方の盃しかありません。夫婦とは二人でひとつ。自分にとって世界でたった一人の伴侶であることを表しています。


挙式後の披露宴は、お二人らしい演出のほか、プロの演奏者さんによる演奏や歌手の皆さんによる歌の披露などもあり、温かく華やかな雰囲気に溢れていました。

この日のチームは関東・関西からプロが集結^ ^



披露宴は、結びに近づくにつれ、踊りの輪が広がります。

担がれる新郎(在日コリアン披露宴あるある^^)


和やかなムードから一気にお祭り感。担いでくれる友だちがいるのも、ありがたい。お二人の人柄ですね。
在日コリアンゲストのほか、日本人の方も多く見えましたが、皆さん立ち上がってくださって…お二人を祝う気持ちがひとつになる様がなんとも感動的でした。

また、この日の披露宴後は、別室で嫁入りの儀(ペベク)も行われました。



婚礼後、ご両親や親族に初めて行う正式な挨拶(クンジョル)。

お子さんからもらう正式な一礼(クンジョル)に、感無量で思わず涙される親御さまもいらっしゃいます。又、挨拶の後はご両親からメッセージを頂き、栗やナツメを用いて子宝を占うイベントもあったりと、嫁入りの儀は、格式がありながらも温かな儀式なのです。時代と共に簡素化でこの儀式を行わない方も見えますが、関わると毎回!やっぱり素晴らしい文化だなぁと実感します。

素敵な一日を担当させていただき、ありがとうございました。



お二人からご承諾いただいたので、素敵な前撮り写真もご紹介⬇︎






素敵〜。私もいつか韓国で家族写真撮りたいです!

お二人の末永い幸せをお祈りしています。

司会のご依頼はこちらから
コメント

転がる女

2020年02月29日 | 徒然NOTE
正月太りから現状復帰できてないわ~…
つぶやいていたらもう3月!という絶望感。

健康のためには運動は必須。
気休めかもしれませんが、私はまりこ先生のヨガにお世話になっています。
Youtubeにはヨガ動画、エクササイズ動画が数多くありますが、私はまりこ先生が大のお気に入り。

動きがきれい
教え方が分かりやすい
声のトーンが心地よい
動きが簡単すぎない
バリエーションが豊富

といったところがポイントでしょうか。
 



ヨガの他に、エクササイズ動画もあって、夜中に一人頑張っています。
適度な筋肉とスラッと長く伸びた手足…
まりこ先生と一緒に深く呼吸をしながら、そして、まりこ先生の動きを見ながら、さも自分の手足も長いかのように伸ばしてみる——
でも、ふと窓に映った自分の姿を見て苦笑い。
イメージしたより短い!なにもかも!笑
ま、でもイメージ大事です。イメージでは私は「まりこ」。窓はあまり見ないようにしています。笑
 
続けていると、お気に入りのポーズや効かせたい身体の部位などにも意識が向いて、いいんですよね。
興味のある方、ぜひチェックしてみて下さい^ ^
ちなみに、まりこ先生のヨガの他にも、たまにやっているエクササイズがあります。
その名も「両手を上げてゴロゴロエクササイズ」(勝手に命名)
そう、「城本クリニックのCM」のように転がるのです。
イメージ↓
 


CMではカンタンにコロコロしているのですが、実際にやってみると結構キツイ。
家族が寝静まった後、おもむろにリビングで転がり始める女…
私の場合、数回床を行ったり来たり転がったあと、毎回はぁはぁしながら一人でぷっと笑ってしまいます。
そして思うのです。
城本クリニックのCM収録は、かなりキツかったに違いないと。←どうでもいいわ!
コメント

2020年が始まりました

2020年01月13日 | 徒然NOTE

子どもの頃、2020年なんて、すごく遠い未来な気がしていたのに、今自分がその流れの中にいるのが不思議な感じです。
私自身、年々体感スピード感が増していて2019年は本当にあっという間でした。
沢山のお仕事、ご依頼、繋がりを頂き、心から感謝いたします!
これからも、司会や講師といった「話し手」「繋ぎ手」として日々精進していきます!

さて、今日は年末の忘備録。

一年のお礼に親友と椿大神社へ行ってきました。

同じ三重に住んでいるのに、「椿さん」は初めてという彼女。
さも自分の庭かのごとく、ドヤ顔で案内しました。←あんた誰







おみくじは「和」。
この後、同じ敷地内にある佐瑠女神社にも参拝しました。

参拝の後は、「椿会館」で名物の鶏飯(とりめし)を頂きます。欲張って豆腐鍋定食にしたけど、お腹いっぱい!食べても食べてもとりめし。飯碗が結構深かった…



鶏めしのお持ち帰りもありますよ〜


椿会館は、昔の修学旅行を思わせる(私だけ?)、懐かしい雰囲気の食堂です。

又、建物向かい側にある「椿茶園」では、お茶の産地としても有名な鈴鹿のお茶を味わうことができます。この日は混んでいて入れませんでしたが、確か飲んだお茶のマグも貰えます^ ^


そして、この日の夜はおうちでチーズフォンデュ



ホットワインに何度もむせながら(熱いと湯気でむせるんです)爆笑しながら、また飲んでむせて(←冷ませよ)お互いツッコミあってはまたむせて(もはやネタ)楽しい時間でした。

それ以来マイブームのドイツのホットワイン(ホットワイン用のワイン)



2020年が、始まってもう半月が経つのになかなか減りません。ホットワインじゃないですよ、私の無駄なお肉のことです。YouTubeでヨガやってます。(言いわけ)

いつかYouTubeヨガの大好きなまりこ先生について書きますね!






 

コメント

アスレチックのススメ

2019年12月08日 | 徒然NOTE

ボソッ
今年の秋、子どもの休みが多すぎませんでしたか?
お出かけしようにも、混雑がいやで億劫になります。これも年齢のせいですか?
近くの公園、大きな公園、図書館…いつものコースではネタも尽き、

秋の連休に、四日市スポーツランドに行ってきました!(もう12月ですが…いつの話やねん!)

アスレチックやローラースケート場、遊具やバーベキュー場もある施設です。

オススメは、「まず」スーパースライダーに乗ること!(アスレチックの後だと混むので先に乗るべし)

家族4人、全員乗りました。ベルト無し、ブレーキがついただけのシンプルなスライダーに乗り(これが逆にスリル)滑降。コースに柵も無く、ブレーキかけずに滑るとかなりのスピード!面白かったです。




料金は大人1回300円、子どもは100円です。子どもは2回滑りました。ただ、高い場所から滑るため、乗り場までの坂もほぼ登山。笑

さ、そしていよいよアスレチックスタート。ゼッケンつけて選手気分です。(アスレチックは大人700円、子ども400円でした)





結構本格的。器具の横には普通の通路もあるので、小さい子は難しいコースは「パス」することも可能。
一年生の息子はどんどん先に行ってしまいます。



いい景色を楽しんだあとは、ほぼ登山のようなコースが続きます。(幼児にはキツイと思います。)
だんだん無言になる私たち。



全部で1時間くらい。途中、ベンチなどちょっとした休憩場所もあるので休みながらゆっくり回ることもできます。山の空気を吸いながらの運動、気持ちいいですよ〜

そして、敷地内にはローラースケート場もあります。1時間300円(貸し靴)



ローカル…笑
靴に器具をつけるタイプ(〜26センチまで)なので、夫は出来ず、子どもたちと私三人で楽しみました。
人生で初めてローラースケートを体験した息子。最初はおぼつかない足取りで何度も転んでいましたが、夫の熱血指導のおかげもあってか、すぐに滑れるようになりました。



学校で何度かアイススケートに行ったことのある娘はすぐにスイスイ滑っていました。
ローラースケートが◯十年ぶりだった私は、「滑れるかな…」と恐る恐るリンクへ。
不思議な感覚だったんですが、「身体が覚えている」とはこのこと。やっぱり光GENJI世代ですね!(何がや)多分この時間帯のリンクで1番スイスイ滑ってました!(←めでたい奴)


「♪ようこそ〜ここへ〜遊ぼうよパラダイス♪…」

お昼は敷地内の遊具(無料)近くでお弁当。




バーベキュー場はありますが、基本的に自販機しかないので、食べ物は持参することをオススメします。

家族4人でこれだけ満喫してコスパもよし。何だかとても得した気分でした。

一方、何が印象的だったかって、スポーツランドで働いているおじいちゃんおばあちゃんがとても活き活き働いていたこと!明るい、元気、親切。天気の良かったこの日は、訪れる人も多くて嬉しそうでした。

春にまた行きたい、四日市スポーツランドでした。
コメント

秋ウェディング〜その5〜

2019年11月25日 | 徒然NOTE
この日の挙式は、披露宴内人前式。
ゲストの皆様全員が、お二人の結婚の立会人であり証人になるーー厳かで温かなセレモニーです。



挙式前に、新郎新婦のお二人と簡単なリハーサルをさせていただきました。



まだリハーサルだというのに、眩しすぎるお二人。ほんとに素敵〜!

披露宴は、ご友人の皆さんがお二人の為に愛とクオリティが沢山詰まった余興を準備してくれました。
明るくて楽しい余興なのに、その想いが伝わってくるようで感動的ですらありました。
家族想い、友達想いなお二人のお人柄が感じられる温かな時間でした。
新郎新婦の末永いお幸せをお祈りしています。感謝ハムニダ♪
 








コメント

秋ウェディング~その4~

2019年11月19日 | 司会・バイリンガル司会

10月の秋晴れの日、素敵な大聖堂で挙式を挙げられた、日韓カップルの披露宴司会を担当させて頂きました。



名古屋市東区にある、カトリック布池教会(聖ペトロ聖パウロ司教座大聖堂)。

歴史ある大聖堂は、登録有形文化財にも指定されています。広く高い空間と荘厳で清く澄んだ雰囲気は、歴史ある大聖堂だからこそ叶うもの。
又、大聖堂で挙式の後、教会敷地内にある、聖ヨゼフ館で披露宴を行うことができます。



*聖堂内の写真は聖ヨゼフ館さんのページからお借りしました。バージンロードは30Mあるのだとか。

挙式はもちろん神父様が進行されます。司会者は披露宴から担当するので、私が当日お二人の姿を見れるのは挙式直後。
聖堂前の階段下で、めでたく夫婦になったばかりの新郎新婦を迎えるのです。
幸せそうなお二人と、二人を祝福するご家族やゲストの皆さんの笑顔。
お二人と、お二人を囲む空間がとてもキラキラしているんです。幸せがいっぱい!

新郎様は韓国の方、新婦様は日本の方。

この日一番印象深かったシーンは、新郎様が新婦様に歌を歌うシーンでした。

通常だと、新婦様は座って歌を聴くのが一般的かと思うのですが、この日は少し違いました。
新郎様のご希望で、お二人向かい合って立ち、しっかり新婦様を見つめながら歌を歌われたのです。(キャー♪)




しかもかなりの「熱唱」。
あれほど心のこめられた歌を間近に聴くのは初めてで、こちらまでドキドキしました。(←めでたい勘違い)
気持ちを表現するって素晴らしい。

私、あんなに長く夫と見つめ合えるかしら…(←どうでもいい)

新郎側ご友人は盛り上がり、新婦側ご友人の皆さんがうっとりとしてしまうくらい、ステキな時間でした。





お二人の末永いお幸せをお祈りしています。ありがとうございました!

コメント

秋ウェディング~その3~

2019年11月18日 | 司会・バイリンガル司会

秋深まる中、名古屋東急ホテルにてまた一組、素敵なカップルが誕生しました。





在日コリアンカップルのお二人。
挙式は、古典衣装での人前式スタイルで行いました。
リハーサルの間に、ご了解いただいて後姿をパチリ♪





贅沢にあしらわれた、金箔/銀箔が華やかな伝統婚礼衣装です。

新婦は4姉妹の末っ子。
ご両親やお姉さまたちの愛情を一身に受けてきただけに、新婦の喜び以上に、お姉さまや甥御様姪御様の喜びもひしひしと伝わってきました。
大好きなイモちゃん(叔母)であり、かわいい妹である新婦のために、と披露された感動的で素敵な余興に加え、
こちらもまた従兄弟仲の良い、新郎側ご親族の余興もとても盛り上がって素敵でした。





新郎の弟妹ご夫婦へのサプライズも大成功♪

挙式を挙げていない弟妹のためにと、それぞれホールのケーキをご用意。



※写真は名古屋東急ホテル紹介サイトよりお借りしました


新郎新婦を加えた3組の夫婦によるファーストバイトのシーンは涙あり笑あり。
本当に温かで楽しい、そんな一日でした。お二人が築かれるご家庭も、愛溢れる温かなご家庭になることでしょう。

ちなみにこの日のプチギフトは



新郎新婦愛用の牛乳石鹸「赤箱」。
赤箱がしっとり、青箱がさっぱりした洗い心地って、知ってました?
自称ヘビーユーザーとおっしゃるお二人から聞いて初めて知りました!実用的で、見た目も可愛らしくて良いチョイスだなぁと感心しました。



そして披露宴後には、私にまでサプライズが…
有名焼肉店の!




焼肉弁当~!

帰りの電車で食べたいのを我慢して、お家で頂きました。

お食事をお気遣いいただく「コリアンブライダルあるある」が今日もまた。何よりお二人のお心遣いが嬉しくて。感謝。

お二人の末永いお幸せをお祈りしています^^








コメント

秋ウェディング~その2~

2019年10月25日 | 司会・バイリンガル司会

この日は、キャッスルプラザホテルにて。

印象深かったのは、入場曲。

この日、新婦がお父様と入場するシーンで流れたのは、とても懐かしいメロディーでした。
披露宴では、入場や退場の曲を自分の好きな音楽を選ぶのが一般的ですが、
新婦様は、お父様が「娘の結婚式で、かけたかった曲」を使っていらっしゃたのです。
しかも1回だけではなく、いくつかのシーンで。

お父様の希望を大切にして叶えてあげる――
なんて親孝行なのだろう――

打合せの際も同席していただいたお父様。一人娘の結婚を心から喜ぶ姿を事前に見ていただけに、その感動は一層深く私の心に響きました。


私だったら…
披露宴でかける曲は譲れないかも。←ごめんアボジ。2回目の(結婚式の)機会があったらかけるから!←コラ


さて、余興は歌手のキム・チュシルさん。





この日も、K-POPバラードから洋楽、邦楽まで披露宴に華を添えてくれました。
お二人の中座中にも歌を入れて頂いたので、新郎新婦がいない時間もゲストの皆さんに楽しんでいただけました。

(余興演奏者、歌手の手配も承っております。お気軽にお問い合わせください【コチラから】

お二人の末永いお幸せをお祈りしています。ありがとうございました♪




 

コメント

秋ウェディング~その1~

2019年10月04日 | 司会・バイリンガル司会

9月ウェディングの始まりは、ヒルトン名古屋から。
毎回、当日晴れ姿のお二人とお会いするのがとても楽しみなのですが、やっぱり素敵でした。
後姿も趣のある伝統婚礼衣装。





ご両家とも、ご兄弟仲がとてもよく、お母さまやお姉さま、弟さまからの愛情たっぷりな手作りグッズがウェルカムスペースを更に華やかにしていました。





会場には手作りのフォトプロップス。ハングルもかわいいですよね^^ 





仲睦まじいご家庭で育ったお二人が、これから築くご家庭もきっと幸せがたくさん溢れることでしょう。



かわいいプチギフト、頂きました。






コメント