きょねブログ

申絹愛(しん・きょね)~司会・日韓バイリンガル司会、講師etc. 徒然なるままに

ご依頼/お問い合わせはコチラ♪

イベント司会/ブライダル司会/日韓バイリンガル司会
まずはお気軽にご相談ください♪

■申絹愛ホームページ
■お問い合わせはこちらから

結婚式はゆかりの場所で

2018年10月18日 | 司会・バイリンガル司会
話す仕事を始めて10年以上が経ちますが、ここでの結婚式は初めてでした。
誰もが行ったことがある、小さなお子さんはこれから行くであろうその場所は
「学校」。

この時期、いくつも来ていた台風が心配でしたが、ありがたいことに当日は上手に過ぎてくれて晴れ!


この小学校は、2012年に廃校となり、現在は地域のコミュニティ施設として利用されています。
新郎新婦が高校時代からの同級生。
この学校は新婦の母校ということで、私ですら一層身近に感じることができました。
挙式は体育館で

当時の椅子や机を用いて、こんなに素敵な空間に。
ヴァージンロードは、お二人が生まれて歩んできた写真が。
こういうの、いいですよね~。
お天気が良く、窓からの日光が照明になってとても素敵な人前式でした。

そして、披露宴は校舎で。

席札も名札風、テーブル番号はクラス風と、学校らしさを活かしたおしゃれな空間で、始まる前からスタッフみんなわくわくしていました。

音楽がかかるとまるでフェスのような雰囲気に。

新郎新婦のお二人も、和やかに楽しく過ごされるようすに温かな気持ちになりました。

こちらは、ウェディングケーキならぬウェディングパンタワー。

そもそもウェディングケーキは、ヨーロッパではその昔パンだったそうです。
各家庭からパンを持ち寄ってこのように作ったのだとか。
しかもこのパン、天然酵母を起こして地元の野菜や果実、小麦粉を使っていて、見た目も味も体もハッピーになるパンなんです。

披露宴は全てのイベントが盛り上がって楽しい時間になりました。
余談ですが、受付の際、学校の靴箱に一人一人の名前とスリッパを用意されていたお二人。
新郎新婦だけでなく、その昔「小学生」だったゲストのみなさんも、きっと懐かしい思い出に思いを馳せたことでしょう。

掲載も快く許可頂きました♪

お二人の末永いお幸せ、お祈りしています。
ありがとうございました♪
コメント

大量生産

2018年10月16日 | 徒然NOTE
ブライダルシーズン、ありがたい10月。
ステキなウェディングが続いて、私も幸せいっぱいです!
順にブログで紹介しますのでしばしお待ち下さいね^_^
インスタではちょこちょこアップしてます。
良かったらInstagram silky_shinもチェックしてみてください。


さて、先日、仕事から帰ったらこんなことになっていました。

なんだと思います?
スライムです。
今、韓国でも日本でも人気のようで、ガールズが好きな雑貨屋さんでも売られています。
娘もスライムが大好きで、遂に自宅で大量生産。
ちょっとお固めでポップなカラーのスライムたちです。

私は、子どものころのピュアな気持ちを忘れてしまったのでしょうか…
思うことは
「作ったはいいが、どうすんの?」
今の所、タッパー容器に保存されてますが、どうなることやら。
スライム生産第2弾、いつかまた始まるかな?
とはいえ、私も昔から絵を描くのが好きだったので、よくスライムを描いていたのを思い出しました。
ドラクエ、ゲームはしないけど色んな漫画家さんが描いてる4コマ漫画(シリーズがあったんです)読むのは好きだったなぁ。

(久しぶりに描いてみました)

ちなみに、娘が今行きたい場所は、韓国にある「スライムカフェ」だそうです。
スライムと触れ合うカフェ?
スライムが作れるカフェ?
スライムが食べられるカフェ?
謎は深まるばかり。笑
コメント

生まれ故郷へ

2018年10月04日 | 徒然NOTE
NHKの番組「ファミリーヒストリー」を見たことがありますか?

著名人のルーツを追う番組なのですが、すごいのがその徹底取材ぶり。
本人やおそらく本人の親、祖父母まで知らないようなことが出てくるのが興味深く、見るたびに「私のファミリーヒストリーはなんだろう?」と考えさせられるものです。

私のファミリーヒストリーはというと、父方のルーツが、曽祖父が息子(私の祖父)と共に韓国慶尚北道から鈴鹿に渡り、現在に至る―――くらいのざっくりした経緯しかわかりません。
韓国にいた頃の家の事、渡ってきた経緯などを口伝えで聞いてはいるものの、詳細不明。機会があれば「ひとりファミリーヒストリー」をしてみたいものです。
さて、現在も鈴鹿に住む私は、鈴鹿が地元であり故郷。ただ、実は生まれ故郷は徳島県で、まだ一度も行ったことがありません。
鈴鹿生まれの父にとってもアウェイだった徳島。結婚後、仕事の関係で徳島へ行き、そこで私が生まれてから2歳頃まで住んでいたとか。
なので、人生のほとんどを鈴鹿で過ごしている私なのですが、生まれは徳島なのです。
まだ一度も行ったことがない「生まれ故郷」。
遠いし行く機会がない、でも一度は行ってみたい――長年思いながらいつしか40年。(長っ!)
四国ってものすごく遠いイメージですが、行こうと思えば行けるものですね。
9月のある日、ついに行ってきました!
車で3時間半!結構行ける!
母と一緒に親子2人旅です。日帰りだけど。

かなり遠いのですが、行けなくはない。谷村新司の歌をBGMに渡る鳴門海峡。(←母が谷村新司さんのファン)

生まれてから2歳頃まで住んでいたマンションは、今もありました。
小さいころの写真の背景でしか見たことがなかった建物。
マンションといっても4階建てくらいかな?
でも、母いわく40年ほど前のこの「マンション」はかなりハイカラだったらしい。
ただ、両親はその頃大変な時だったようで、母は懐かしい気持ちと共に当時の苦労を思い出して複雑な心境のようでした。

帰りはせっかくなので、淡路島にある「おのころ神社」へ。
日本神話誕生の地、日本発祥の地として知られています。
とにかく鳥居が大きい。日本一なんですって。

参拝後、この大きな鳥居を撮ろうと四苦八苦していると、タクシーの運転手さんが「あのあたりから撮ると全部入るよ」と教えてくれました。
アングル、なんとかおさまりました!

運転手さんは、どうやら、乗せてきたお客さんが参拝しているようで、それを待っている様子。
「ちょっと―――」とまた手招きされたので行ってみると…


写真をくれました。え――――!なんで?
でもめっちゃ嬉しい♪
黄色いタクシーの、昔はさぞイケメンだったであろう男前のおじさん、ありがとう!!!
すごく嬉しいのに、私には返すものがなにもありません。とりあえず、めいいっぱいの喜びのリアクションと、今年一番の笑顔をおじさんに返しましたよ。←めでたい女
旅先のこういう出会い、本当に嬉しかったです。

一方母は…
神社前にある、無人野菜直売所(?)で淡路の玉ねぎと鳴門金時(さつまいも)を物色中

それでなくても超激安なのに4,000円近く買っていました。ま、お店(カフェ)でも使いますからね。
とはいえ、無人直売所から車まで大量に野菜を運ぶので、なんだか、ドキドキしながら(お金払ってるんだけどね、お金入れる箱にちゃんと入れて)怪しい三重県民でした。

お昼は淡路パーキングエリアで。
淡路島の景色を楽しみながらのランチ、美味しかったです。
しらす丼。


淡路島の玉ねぎとしらすのかき揚げ丼。


もちろんワカメ!


パーキングエリアでのショッピングを満喫し、帰路に。
またいつか、今度は1泊旅行で来てみたい「生まれ故郷」でした。
コメント

真夜中のサプライズ

2018年09月24日 | 徒然NOTE
今日9月24日は、旧暦8月15日。
韓国は旧暦のお盆 秋夕(チュソク)ですね。

チュソクはハンガウィとも言います^^
お餅はチュソクの定番「ソンピョン」です。

今回のチュソクは、夫ひとりで韓国へ。
私と子どもたちは、私の実家の方で茶禮(チャレ)に参加しました。
チャレは、秋の収穫の喜びををご先祖様と共にお祝いする大切な儀式です。
儀礼を行った後、お供えしたものを家族みんなで食べます。
旧盆や旧正月の朝ごはん、私は大好きなんですよね~。


さて、その前日のことです。
子どもたちも寝た後、静けさ漂う夜12時過ぎ、そろそろ寝ないと――と、洗面所に行く途中、目に留まったのは

「バッタ」
仕事柄、様々なサプライズに対応してきましたが、真夜中のバッタは初めて(そりゃそうだ)。
原っぱのバッタ
公園のバッタ
には驚きませんが、真夜中の自宅の部屋の中に突如現れた見覚えのないバッタです。
びっくりしすぎて思わず
「え…なんでここにいるの?」と話しかけてしまいました。


毅然と佇むバッタ。
返事はありません(そりゃそうだ)。
サイズ的に子どもバッタでしょうか。
そっとお外へ逃がしてあげました。

翌日、このことが面白すぎて母に言うと、母が真顔で
「あんた、それからそのバッタどうしたの?」
「え?すぐ外に出してあげたよ」
私がいうと
「そのまま置いておけば、また消えるのに…」

な…なんですと!
真夜中のバッタより怖い母の発言…
母が言いたかったのは、そのバッタはご先祖様とか何かよいものだということ。(踏まなくてよかった…)
また、SNSに投稿したところ、先輩が「バッタが家の中に舞い込んできたら幸せが訪れるんだって~」とコメントをくれました。
これは…間違いない。(←おめでたいやつだな)
余談ですが、亡くなった父の若かりし頃のあだ名が「仮面ライダー」だったんですが、何か関係ありますかね。

仮面ライダーもバッタだから。
父だったのかな?
どうしよう、毎年来たら。笑

みなさまも素敵なチュソク、中秋の名月をお過ごしください。
コメント

ついつい

2018年09月19日 | 徒然NOTE

ついついやってしまうこと。
家で座ったり寝転んだり「しない」こと。
気が付いたらキッチンでなんやかんやしている。
片づけたり掃除したり、キリがないんですが次から次へと―――
気が付いたらずっと立ちっぱなし。
立ち仕事なのに、家に帰っても立ち仕事とは―――
ご近所の妹の家だと、リビングでゴローンと寝そべることができるのですが、自分の家となると、いろんなことが気になって、次から次へと用事が…座ったり寝転んだりするのをついつい忘れてしまうのです。
この夏、人生初の熱中症を経験してつくづく思いました。
努めて休め。
休むことを努力するなんて変かも知れませんが、気づけばぶっ続けで動き続けているので休むことをしっかり意識しないといけません。
私だけ?いや、きっと共感してくださる方もいると思います!

「休むのを忘れてしまう」
そんな私(あなた)におすすめなのがコレ(←テレビショッピングか!)
いきなりの展開ですみません。
ニトリの「レストクッション」

写真は全てニトリ公式ページより

その名の通り、休むためのクッションなのです。
見かけたとき、ビジュアルが人間の胴体ぽくて怖いと思ったのですが、丁度夫がテレビを見る時に背もたれになるクッションを探していたこともあり、私もどうも気になってためしに購入してみたのです。
家に帰って試してみたら…以外にフィット!
ある時は心地よい背もたれ、またある時はすっぽり包み込む腕枕のような――



モデルは私です(ウソです←やかましい)
寝転ばない私も思わず寝転びたくなる、何よりクッションが目に入ることで、「休む」ことを意識するように。

レストクッションよ、秋、ブライダルシーズン、お世話になります♪
コメント

鳥羽2018夏

2018年08月31日 | 徒然NOTE
気がつけば夏休みも終わり〜!
嬉しいけど、「通常モード」切り替えがしんどい…ファイティン!

せっかくなので夏の忘備録。
近年、毎年夏休みに韓国へ行くのですが、今回は行かず地元で過ごしました。
母と妹家族と恒例の鳥羽へ〜


ホテル敷地内の浜辺で、石投げ。


子どもより本気な大人が1人…

動画もあるんですがね、ここでは控えたいと思います。(←夫をネタにする妻)

初日はどこもでかけず「ゆったりと」過ごしました。
誰かが作ってくれるご飯を食べ、家事から解放〜I love ダラダラ♪
さあご一緒に!
「We love DARA DARA!」(←このくだり何)







海の幸、山の幸、松阪牛、三重はまさに美し国(うまし国)です。

天気がくもりでプールは寒いくらい。
母に写真を頼んだら…

人物遠い…
お母さんあるある?

この日は地元の海鮮を楽しみました。
向かった先は…


小屋。
昨日とはうってかわって海の家のような雰囲気。
そしてメニューは看板のみの臨場感。


オーダーも自分で書くスタイルでなんだかワクワクしました。
夫は「朝いち海鮮丼」

10種類くらいの海鮮がどーんと乗っています。

私は赤身ネギトロ丼


このお店で一番テンション高かったのは夫かも。
「ほんまにうまいわ」を連発する外国人観光客。(夫三重在住)


私はというと、嫌いだったビールが美味しくなってきたのは年の功でしょうか。
合うよね、ビール。


最終日は、早起きして伊勢神宮へ。
せっかくなので、いつも混んでて入ったことのないスヌーピー茶屋に入ってみました。
スヌーピー茶屋は伊勢神宮内宮のおはらい町にあります。




伊勢うどんに


スヌーピーのスイーツ

おいしかったけど、一回入ったら満足かな。←おい

ちなみに茶屋のとなりのグッズ売り場、おススメです。数年前に購入した、伊勢限定の伊勢木綿を使った印鑑ケース、今も重宝してるんですよ。




さてさて、おはらい町やおかげ横丁は、やっぱり食べ歩きが楽しい!←まだ食べる
甥っ子好物、豆腐ドーナツ


赤福氷


中に赤福♪


かき氷には塩分が合うでしょ!と、豚捨のコロッケと共に頂きました。
(何のマリアージュ?)


帰り際、気になったのは

地元三重の銀行である、第三銀行の「おみくじつきATM」。どなたかやってみたことありますか?
次回は必ず通帳とカード持参しなきゃ!←ええ、やる気まんまんです。

旅の極め付けは、甥っ子の逃亡。
もう帰るというのに、言うことを聞かず、五十鈴川へダッシュ!
川、危ない!焦る母(妹)。
恐るべし3歳。

怒られる甥っ子、野次馬の息子。
そんな姿も伊勢なら絵になるなぁ、とすかさず写真を撮る私。←あんたが一番ひどいわ

さて、振り返ると結果的に食べてばかり!プール入ったらカロリーがチャラになる!
という思い込みは気休めでしかない…
9月から!
頑張ります!(歯が浮く〜)



コメント

素敵なサマーウェディング

2018年08月13日 | ブライダル演出
お二人がそこにいるだけで周りも明るくなる―――

そんな言葉がぴったりな新郎新婦様の挙式&披露宴司会を担当させて頂きました。
打合せから私もつられてよく笑ったこと!といったらない、本当に仲睦まじいお二人。
しかも、新婦様のセンスが光るコーディネートや演出に、私も楽しませていただきました。
*ブログ掲載ご承諾ありがとうございます^^

素敵なメイン席


素敵過ぎて、披露宴前に私も撮影させていただきました^^

いいなぁ〜♪

室内なんだけど、屋外にいるかのような雰囲気がなんともいい感じ。



ウェディングケーキも、メイン席としっかり調和しています。
こちらは、パティシエのご友人の手作り。

なんてかわいいの…!

しばらくじーっと眺めてしまいました!(←仕事しろよ)
背景にあるドーナツは子どもたちに人気でしたよ。

この日、新郎新婦が、各テーブルをまわるテーブルラウンドは、今人気の「果実酒ラウンド」で行われました。
各テーブルにフルーツや氷砂糖を用意しておき、新郎新婦は果実酒のビンを持って各テーブルをまわります。
その際、ゲストの皆さんにフルーツや氷砂糖をビンに入れて頂き、ラストにお二人がホワイトリカーを入れて果実酒が完成。
果実酒完成のシーンはちょっとしたセレモニーにもなってとても素敵でした。

カラフルで夏らしいですよね。
実際には、テーブルをまわるごとにビンはだんだん重くなるのですが(笑)、それも含めて新郎様も楽しそうでした。
果実酒ラウンドは、ゲストみんなが参加できて、ゲストと新郎新婦が触れ合えるステキな時間でした。

ほかにも様々な演出や、ご友人からのサプライズ、そして新郎様の言葉にも感動し、私も幸せいっぱいな気持ちでマイクを握らせていただきました。
お開き後にお二人と記念撮影。
(真ん中に入れてもらって恐縮です)

紙袋何?賄賂です。ウソ!頂き物です。(←腹黒か!)
この和装も素敵ですよね~。溢れるセンス。しかも似合ってる^^

書きたいことはたくさんあるのですが、私の心に留めておきます^^
お二人の楽しそうな姿が何よりの思い出。
今日もありがとうございました。
お二人末永くお幸せに♪

コメント

おすすめブライダルK-POP2018夏

2018年08月09日 | 結婚式おすすめ曲
とてもお久しぶりの、おすすめブライダルK-POPです♪
きょねブログでは、結婚式や披露宴の演出に合うK-POPをご紹介しています。
今回も韓国ドラマからピックアップしました。

韓国で2018年6月~7月に放送されたドラマ「キム秘書がなぜそうか」(日本語タイトル/仮)
*画像はすべてtvnより


まずは、ストーリーを簡単にご紹介しましょう。
財力、能力、ビジュアル、全てにおいて完璧な、イ・ヨンジュン。
ただ問題なのは、完璧すぎるあまり、ものすごくナルシストなこと!

そんな「完璧な」彼の「完璧な秘書」がキム・ミソなのですが、9年間勤めた彼女が、ある日突然退社願いを申し出るところからストーリーが始まります。
「キム秘書がなぜそうか(辞めたいというのか)。きっと完璧すぎるオレの事が好きだからに違いない」というナルシストならではの大いなる勘違いから動き出す、コメディ要素満載のドラマです。
しかも、演じるのがパク・ソジュンとパク・ミニョンとあって、またまた完璧すぎるんです!

韓国では小説が原作となっていて、マンガ化もされています。そして今回ついにドラマ化に至ったという。



比較しても二人が完璧すぎて絵に描いたよう。(ためいきが出るわー…)

さてさて、ブライダルK-POPでしたね!
まずは、しっとりとしたバラードを3曲、ご紹介しましょう。
バラード曲で入場したい方、キャンドルサービス時の入場にもおすすめです。

■チョン・セユン「♪It`s you」

■キム・ナヨン「♪あなたばかり見つめてる」

■Jinho(ジノ)&Rothy(ロシー)「♪あともう少し」



私のお気に入りはこちら。
ポップな1曲で、入場/退場はもちろん、ケーキ入刀やブーケプルズなどのイベントシーンにもピッタリです。
■GFRIEND「♪Wanna be」


いかがでしたでしょうか。
以前から思っていた、パク・ミニョンの「整いすぎた顔」。本人も二重と鼻の整形を認めているようです。潔い。
料理が好きで自宅に「カフェ・ド・ミニョン」を作ってよく友人をもてなすのだとか。なんか好感持てるんですよねー。なんでかな。

さて、ドラマでは、パク・ソジュンがパク・ミニョンより4歳年上の「オッパ」として登場するのですが、実年齢ではパク・ソジュンの方が2歳年下。
それなのにあんなことやこんなこと―――とにかく笑えます。
撮影現場もきっと楽しかったんだろうな~
ドラマも面白いので、ぜひ見てください^^

コメント

夏休みの工作も韓紙工芸♪

2018年08月05日 | 徒然NOTE
子どもたちは夏休み!ということで、この夏は子ども向けの韓紙工芸教室も開催しました。

まずは、津市にある子どもの本専門店「お話の森」さんで。
韓紙工芸のペン立てを作りました。

ペン立てといっても、TVのリモコンが3本くらいはいる、結構しっかりした作りのものです。
幼稚園年長さんから小学校3年生までのお子さんが参加され、思い思いに作品を仕上げました。

柄のレイアウトをしっかり決めてから貼る子、感じる通り自由に貼る子、個性は様々。



どの子もすごく集中して作っていました^^


「お話の森」さんはカフェも楽しめる本屋さんなのですが、講座後は、美味しい手作りパンとデザートのランチを頂きましたよ♪


そしてつい先日は、四日市で。
4歳のお子さんから小学生まで、幅広い年齢の子どもたちが韓紙工芸を愉しんでくれました。


息子も参加したのですが、集中しすぎて眉間にシワ。笑



柄の選び方、貼り方、子どもたちはアーティスト♪

又、韓茶&カフェSOO(スゥ)で開催している講座にも、受講生さんがお子さんを連れて参加されました。
「ハスの花作り」は、子どもから高齢者まで気軽に楽しめるのが特徴。

HANJI CAFE受講生さんの間でも、最近人気です。

この日も、他の作品を作る予定だった受講生さん達が、「今日はハスを作りたいです!」と予定変更。
お子さんと一緒にハスの花つくりを楽しまれました。


同じ材料を使っているのに、作る手が違うと花の雰囲気もそれぞれ違います。

素敵〜〜癒される〜♪
仏教と繋がりが深いハスの花。
そのつながりを調べてみるのも楽しいですよ。
なので、韓国では、お寺などでもこのハスの花作りをやっています。

工作を通して、文化体験。
子どもたちに楽しんでもらえたのが何よりでした。
ママたちは、お子さんの夏休み工作の宿題が解決して一安心。笑
まだまだ終わらない夏休み…
そうめんばかりの夏休み…
大人の夏休みはいつ…

私は今週いっぱい頑張れば「夏休み」です。ファイティン、私!

韓紙工芸教室 HANJI CAFE

講座や作品情報配信中
LINE @hanjicafe
コメント

ジブリジブリ

2018年08月01日 | 徒然NOTE
ジブリ作品の中で好きな作品は何ですか?
私は、ダントツで「天空の城ラピュタ」です。

語りだしたら止まらないので今日は何も言うまい…(←誰もキイテナイヨ)

不思議なのは、子どもの頃見たときと、大人になった今見たときの印象が違ったり、より濃くなったりすること。

私にとっては「魔女の宅急便」がまさにそれで、子どもの頃見たときは、なんか物足りなかったというか、そこまで感動したり印象深く残ることはなかったんです。
でも、大人になって見てみると…
号泣
クライマックスのシーンでね。
1つのシーンでも、子どもの頃が1だとしたら、大人になってからは10くらい感じ取ってしまう。
人生の歩み方、経験から色んな感情にリンクするというか、琴線にふれるんでしょうね。
面白いですね。

さて、先月の忘備録。
名古屋栄の松坂屋で開催されていた『スタジオジブリ鈴木敏夫 言葉の魔法展』に行ってきました。

「宮さん(宮崎駿監督)は絵を描き、僕は字を書く」―――
プロデューサー鈴木敏夫さんは、愛知県名古屋市の出身。
彼の書/題字、ジブリ作品の資料などの展示だったのですが、なるほどこういう風にキャッチコピーが作られているのか…など、ジブリのまた違った部分、裏仕事を垣間見れて楽しかったです。
撮影スポットでは、大撮影会~


娘は「崖の上のポニョ」がお気に入り

「ポニョ、宗介スキ!」

私はやっぱり

「バルス!」

「千と千尋の神隠し」に登場する油屋の模型もありましたよ~。


ちなみに、韓国でも大人気なスタジオジブリのアニメーション映画。
人気No.1は、この「千と千尋の神隠し」です。

韓国語タイトルは、「セングァチヒロエヘンバンプルミョン」
日本語に訳すと、「千と千尋の『行方不明』」です。笑
なんか刑事事件みたいになってる…
「神隠し」に合うのが韓国語には「行方不明」しかなかったのでしょうね。
でも…なんか違〜う!と感じるのは私だけ?かといって他にいい言葉思いつかないんですけどね。←じゃ何で言う?

夏休み、金曜ロードSHOW!では3週連続ジブリ映画が放送されるようですね。
世代を越えて夢とパワーを与えてくれるジブリ作品、これからも親子で楽しみたいと思います。
コメント