「詩客」短歌時評

隔週で「詩客」短歌時評を掲載します。

短歌時評 第90回 言葉を運ぶやり方、いくつか オカザキなを

2013-03-29 00:00:00 | 短歌時評
 紀伊國屋書店新宿本店で3月1日から31日まで、「この短歌を読め! 春の大短歌祭り」というフェアが行われていると聞いて、足を運びました。
 エスカレーターを上がった脇の本棚3列には短歌関連書籍がぎっちり。眺めているだけで短歌について語りかけられるようで、自然と気持ちがはずんできます。手に取ったり、めくったり、表紙を眺めたりしているうちに、そこにある書籍は全て書籍という仲間のようで、実際にはいくつかに分けられると気づきました。

その1)本、雑誌
 本や雑誌はさらにISBNコードが入っているものと入っていないものに分けられます。ISBNコードが入っているものは全国のどこの書店からでも取り寄せられるけれど、コードのないものは、発行元に連絡をしない限りたいていは手に入りません。

その2)同人誌
 印刷所に頼んで刷ったもの、自分たちでプリントしたものなど、その形態はさまざま。なかには本と変わらない立派な装丁のものもあります。
 共通しているのはいずれもISBNコードがないという点。ISBNコードのない本や雑誌と同じく、発行元に連絡をしない限り手に入りません。ただし、年数回、発行者たちが集まって同人誌を即売するイベントに行けば入手できることも。

その3)フリーペーパー、ちらし
 書店などで自由に持って帰れるけれど、発行元が配布した場所でしか手にいれることはできません。ページ数は1~3枚とごく少ないものがほとんどで、気軽に手に入れて気軽に読むためのものといえるでしょう。

 「短歌関連の読み物」というと、たいていはこの3つがイメージされるはず。それに追加して、その後、ちょっとユニークな媒体をコンビニで受け取りました。

その4)ネットプリント

 入手経路はコンビニの片隅に置かれたマルチコピー機。タッチパネルにある数字を入力し、お金を投入してしばらく待つと、数枚の紙がコピー機からプリントアウトされてきました。

 この日私が出力したのは、しんくわ・田丸まひるの同人誌「ぺんぎんぱんつの紙」と、船坂真桜の8P折本歌集『型抜き』。
 利用したのはセブンイレブンの「ネットプリント」です。これはもともと、プリンターを持たない人が書類などを出力するためのシステム。ウェブサイトでプリントアウトしたいファイルを登録すると、予約番号が発行されます。この予約番号を全国のセブンイレブンのマルチコピー機に入力すると、誰がどこにいても、同じファイルを出力することができるというわけ。

 「ぺんぎんぱんつの紙」も『型抜き』も、プリンター代わりの「ネットプリント」を自分の短歌を発信する手立てとした面白い試みです。セブンイレブンさえ近所にあれば誰でも入手ができる上、数十円のプリント料金しかかからないというのもこの不景気な今はありがたいこと。作り手もお金はかかりません。
 3人の作風も、それぞれこの媒体に見合ったポップな印象です。

五月雨を集めて速し最上川僕のシャッフルはもっと速い 
しんくわ「ぺんぎんぱんつの紙」

凍蝶が焼けていたのはたぶん朝 隙間をさぐるように手をつないだ 
田丸まひる「ぺんぎんぱんつの紙」


遠足を終えた帰りの自損事故忘れるまでが恋です注意 
船坂真桜『型抜き』


***

 いくつかの媒体に触れたところで、最近また違う媒体のお知らせをいただきました。電子書籍です。

その5)電子書籍
 デジタルデータをパソコンや専用端末から読む電子書籍。すでにamazonのKindleについては2013年2月10日更新の時評で田中濯氏が詳しく書かれているので、以下、実体験に基づいて簡単に触れることとします。

 先日、あまねそう歌集『2月31日の空』の謹呈のためのダウンロードのご連絡ハガキが届きました。amazonの電子書籍リーダー「Kindle」で読める電子書籍として、このたび歌集を発刊したのだとか。なんでも5日間の無料期間を設けることで、謹呈と代えたそうです。残念ながら私はKindleは持っていないため入手できずにいるものの、無料期間を設けることで謹呈に代えるというのはなんともユニークなやり方です。

 Kindleは世界的に有名な電子書籍リーダーです。
 今のところこのKindle版電子書籍が一般的になっていくかどうかはわからないものの、紙媒体と違って製作コストはゼロ。メールやカスタマーレビューなどを通して読者の反応も受け取りやすいでしょう。
 ただし、Kindleを使うにはアカウントが必要。購入するのは読む権利であってデジタルデータ自体ではない、などの欠点もあります。

 どのパソコンでも読めるようにしたいのなら、PDFで配布するというのも手です。
 たとえば2010年には、中島裕介間奏歌集『予測変換機能による(コンタクト)インプロヴィゼーション/oval』+Right EyeのPDF版が、部数限定で配布されました。同名の小冊子も作っていたので、紙媒体と電子書籍の双方を媒体として利用した例といえるでしょう。

日に焼けている週刊誌の群れのうち一冊は出エジプト記になれ 
中島裕介 冊子版「予測変換機能による(コンタクト)インプロヴィゼーション/oval』


***

 Kindleが上陸する直前に「電子書籍が普及するとこれまでの書籍文化が廃れるのではないか」と言う意見を聞いたことがあります。そうした意見を耳にすると、あたかも電子書籍が悪者で紙媒体が被害者のように見えかねませんが、言葉を運ぶ媒体に善も悪もありません。

 過去を振り返ってみます。
 例えば書物といえば手書きで写し取るしかなかったのに、印刷技術が生まれることで多数の同じ書物を生み出すことができるようになった。当時にしてみれば、これも大きな媒体の変動だったことでしょう。
 でも、書物の価格が下がっても、書物自体の魅力や価値は下がらなかったのではないでしょうか。なぜなら、媒体の価値が変わったとしても、それによって運ばれるのが言葉である限り、言葉の力は変わらないからです。
 媒体によって言語表現が変わるのではないか、という意見もあるかもしれません。とはいえ、真面目に作られたものであれば、表現が変化しても浅くはならないはずです。

 なお、今は2008年のリーマンショック以来就職率が回復しておらず、大学を出ても契約社員で働いている人が多い時代。そのため、本を作るにはお金が足りない人もたくさんいます。
 電子書籍はそんな人にも、自分自身で発信するきっかけを与えてくれるでしょう。コストを抑えることは機会を広げることだからです。

 紙媒体には紙ならではの手触り、物としての存在感があり、電子書籍は読み取るパソコン・端末さえあれば手軽に持ち歩けるという良さがあります。さらに紙媒体にも電子書籍にもいくつかの種類があり、それぞれに特徴が違います。
 それぞれの媒体については、言葉を届けたいと思っている各個人が考え、どれを選ぶかを決めるべきでしょう。いくつかの媒体を試してみて、身をもってその手応えを感じていくのもひとつの方法です。
 今回あげた紙媒体や電子書籍のほかにも、朗読会や展覧会で短歌を提示していくというやり方もあります。私が気づいていない方法も、たぶんまだまだあることでしょう。

 今はさまざまな媒体を選ぶことができる時代です。
 だからこそ、何を用いて言葉を運ぶのかを考えることも大事ではないでしょうか。ネット中心の人も結社誌中心の人も、今使っている媒体に依存するのではなく、自分の短歌がその媒体に合っているのか、別の媒体でできることはないのかを考えることは、表現を続けるうえで決して無駄にはならない。自分自身のこの先の活動も考えつつ、そう思うのです。
コメント   この記事についてブログを書く
« 短歌時評 第89回 短歌と... | トップ | 短歌時評 第91回 細川周... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌時評」カテゴリの最新記事