「詩客」俳句時評

隔週で俳句の時評を掲載します。

俳句評 「ぽ」の俳句「ぽ」の短歌  秋月 祐一

2019年08月16日 | 日記
 ぼくの妻は、驚いたときに「ぽっ」とか「ぽー」と口走るくせがある。妻とツチブタはどちらが珍獣度が高いのだろうか。そんな思いで、短歌連作「妻とツチブタ」を書いた。その中の一首。

  ぽつとかぽーとか声を発する妻そしてツチブタはなんて鳴くのだらうか/秋月祐一

 短歌や俳句では、これまでに、さまざまな「」が詠まれてきた。
それらの句や歌を気ままに紹介してゆきたい。

  ライターの火のポポポポと滝涸るる/秋元不死男

 「ポポポポ」というオノマトペは、ライターの火の音や状態を表している。炎が風に揺られているのか、ライターのオイルが少なくなってきたのか。いずれにしても、火の点き具合がよくない印象を受ける。その火を見ているうちに、突然、冬場の水の涸れてゆく滝が想起されたのだろう。季語は「滝涸る」で冬。秋元不死男には「鳥わたるこきこきこきと罐切れば」「へろへろとワンタンすするクリスマス」など、オノマトペの効いた秀句がある。

  十一月いまぽーぽーと燃え終え/阿部完市

 この句は、十一月になにかを燃やし終えたのではなく、十一月そのものが燃え終えたのだと読んでみたい。「ぽーぽー」は、ひらがな表記と相まって、単なる燃える火のオノマトペを超えた、なにものかに変質している点にも注目したい。これが昭和48年の作なのだから、アベカンは現代的である。「十一月」の句が収録された句集『絵本の空』には、「とつぜん今日花戦鳥戦あり  跡」という二字空けの句もあったりする。

  たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ/坪内稔典

 平易な言葉づかいで、読んで聞かせたら、子どもも大人も笑いだすようなユーモアがある。たんぽぽの「ぽぽ」という音から、火事のイメージを感じとる語感の鋭さと、「ぽぽのあたり」というとぼけた言い回しのおかしさ。そのギャップに笑いの源泉があるのではないだろうか。ネンテンさんの句には、必ずしも実景を思い浮かべることを要求されず、言葉そのものが喚起するポエジーを、読者が自由に味わうべき作品が多いような気がする。

  ただならぬ海月ぽ光追い抜くぽ/田島健一

 句集『ただならぬぽ』の表題作。この句の「」は、これまで見てきた、どの「」とも異なっている。異物としての「」。モノクロの表記で見ても、そこだけ色が違って見えてくるような気がする「」である。「ただならぬ海月」と「光追い抜く」は、とびきりエモいフレーズなのに、それを断絶し、断絶しながらくり返しによって、句を勢いづけている「」。田島さんの作品では「流氷動画わたしの言葉ではないの」という句も、一読忘れがたい。

 次に、短歌における「ぽ」の用例を見てみよう。

  恋人と棲むよろこびもかなしみもぽぽぽぽぽぽとしか思はれず/荻原裕幸

 「」を多用した「ポポポポニアにご用心」という連作の中の一首。一連には「ぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽと生活すポポポポニアの王侯われは」という歌も見られ、俳句と比べ「」の数が一気に増大。この連作における「」の氾濫には、生活への憂愁や倦怠感がにじんでおり、「」の使い方として独特である。荻原には「ぽぽっぴあぷれっぴあぱふありのまま気分を感じてゐる春の暮」という楽しい「」の歌もある。歌集『あるまじろん』より。

  ぽつ ぽつぽと梟が鳴いてゐたよと吟遊詩人(バード)啼き ぽつ/こうさき初夏

 初句「ぽつ」、二句「ぽつぽと」という大胆な破調からなる作品である。吟遊詩人は英語で bard(バード)であり、それを鳥類の bird と掛けているのだろう。意味性よりも、韻律の躍動感が勝負どころの歌と言ってよい。梟は、こうさきが偏愛する生き物のようで、他にも「ぽ ぽ ぽぽ 梟ふくふく「通行手形を」ぽ ぽ ぽぽ」という、これも破調の歌がある。「」の歌の最新型として、こうさきの作品世界の広がりに注目してゆきたい。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 俳句時評 第112回 新興俳句... | トップ | 俳句時評 第113回 「言葉を... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事