kotonoha

詩的私的ひとりごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

〖狂信〗理性を失っていると見えるほど信じ込むこと

2017-11-30 22:40:37 | 日記

小さなコミュニティの中で

人それぞれの輪の中で

鎖 盲信 狂信

愛だとか友情だとかそんな安っぽい言葉の中で

新興宗教みたいな

いかがわしい幻想の中で

僕らは踊る


いつだって僕等はそんな狭間の世界で

振り子みたいに揺れている


家族を守る為ならば僕はきっと誰かを傷つける

守るべき対象が正しくて

そうでないものは悪だと言う


愛という言葉で

僕は誰かを傷つけ続けるんだ


鎖 盲信 狂信

ぐるぐると回り続ける世界の隅で

僕の頭の中はそれ以上の回転で

色々な言葉が逆流してる


小さな幻想の中で

人それぞれの正しさがある


それは悪かもしれない

それは悪かもしれない
コメント

星の魚

2017-11-13 22:00:00 | 日記

星の魚を探しに行こう


水と影と闇と針葉樹

静寂と星明かり


宇宙はゆっくりと回っている

僕は止まったまま

進むのは怖いけど

でも進まなくっちゃ


星の魚を探しに行こう


ねえ明日はきっと良い子にするから

ぎゅっと抱きしめて

おやすみのキスをちょうだい


枕元のジェリービーンズの小瓶が

暖炉の灯りに照らされて

満天の夜空みたい


眠るのは怖いけど

でももう眠らなくちゃ


おやすみのキスをちょうだい

ぎゅっと抱きしめてちょうだい

明日はきっと良い子になるから


夢を見ている

魔法みたいな遠い夢を見ている


おやすみのキスをちょうだい

ぎゅっと抱きしめてちょうだい
コメント

饒舌

2017-11-08 23:06:14 | 日記
ねえ顔を上げなよ

泣いてばかりいないでさ


そんな僕は背中を丸めてうずくまってる

足の生えた口だけが僕とは無関係に動き出す

ああ上手いもんだなって

飛び散った言葉の数々を

他人事みたいに

眺めてる

背中を丸めて眺めてる



なあ後悔ばかりしていないで

前に進めって


後悔ばかりしている僕が

穴の中から呻いてる


言葉だけが不自由なくらいに自由に


飛び跳ねる

プラスチック製のチープな言葉だけが

無邪気に飛び跳ねる


おやすみ

良い夢を
コメント

奇跡

2017-11-07 04:49:53 | 日記

それは願いの先にある

それは思いの先にある

それは感情の先にある

それは祈りの先にある

それは行動の先にある


絶対的なものだろう


それは光と闇の先にある

それは手を伸ばした先にある

それは妄想と現実の先にある

それは盲信と懐疑の先にある

それは言葉と沈黙の先にある


絶対的なもの


誰もが辿り着く場所

コメント

宝とゴミの 山

2017-11-06 00:03:53 | 日記

宝の山とゴミの山


痛みの中に

2つの幻影


選ぶのは君だ

決めるのは君だ


価値無きゴミの山だと思ったならば

すぐにその場所を去らねばならぬ

決して振り返らず

進め


価値ある宝の山だと思うなら

丁寧に観察し分析し

胸のポケットにしまい込め


そして進め


ゴミも宝も

呼び方が違うだけのもの


囚われるな

自分に囚われるな


眠るな

眠ってはならぬ


痛みを悲しみを

丁寧に観察し

丁寧に分解せねばならぬ


きっと昨日の君より誇らしい

胸を張れ


きっと昨日の自分より

それは

誇らしい

コメント