kotonoha

詩的私的ひとりごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017-05-31 16:09:08 | 日記

ごうごうと音がする

耳を塞いでも

何故か聞こえる


嵐のような音

嵐のような音


ごうごうと音がする

目を閉じても

何故か見える


炎のような音

炎のような音


何処からやってくるんだろう

知っているくせに

そう尋ねてみるんだ


何処からやってくるんだろう

何処からやってくるんだろう

コメント

I do not

2017-05-29 23:08:28 | 日記

そこに私はいない

それは哀しい答えではない


そこに私はいない


精巧な顕微鏡でこの身体を覗く


そこには分子だけがあった

空洞だらけの分子の集合体


そこに私などいなかった

はじめからいないのだ


私は苦しい

私は哀しい

私は虚しい

私は消えたい


どれもこれもあれもそれも

ワタシ

なのだ


たかだか分子の集合体の分際で

ワタシワタシワタシ

ジブンジブンジブン


そこに私はいない

はじめからいないのだ
コメント

六等星

2017-05-28 20:39:41 | 日記

真っ暗な道を照らす

星の光


あなたは自分を闇だと言った

私はあなたが光っていると

そう言った


六等星の光


この暗闇を照らすには

十分すぎる明るさだよ


あなたは自分を闇だと言った

わたしはあなたが光っているのだと

そう言った


六等星の光


眩しい光


コメント

天秤

2017-05-28 16:23:18 | 日記

この死にふさわしい言葉を

探して歩いていた


絶望失望怒り悲しみ

天秤にかける毎日


とるに足りない魂だけど

その言葉は残念ながら

どれもこれも釣り合わなかった


ただ


それだけ


この取るに足らない魂と

釣り合う言葉と理由と意味を

ただただ

探す日々


天秤にかけてみれば

取るに足らない重さよ


頭の中で天秤にかけている


さあ

歩こう
コメント

生きろ

2017-05-28 15:03:28 | 日記

生きろ

ただそれしかない


殺され続ける選択があるのなら

生きる好機だって

きっとあるはず


生きろ

そいつはそう言った


ゴミみたいに消えていくのは

悔しくないかい?



クズみたいに消えていったら

弁明だってできやしない


悔しくはないかい?

寂しくはないかい?


死んでしまうくらい思いっきり

腹の真ん中に力を入れて


歯を食いしばって

心で何度も強く念じろ


逃げるな

生きろ


悔しくないかい?

寂しくはないかい?


この世界に唾を吹きかけてやれよ


生きろ


ただそれだけしかない


それ以外ない

コメント