kotonoha

詩的私的ひとりごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

on your mark

2016-10-31 22:27:08 | 日記

始まってもいないから

僕は終わることができないよ


完成された感性は

驚くほどに無防備で

風を受ける度にココロが軋む


終わりたいけど

終われないよ


まだ始まってもいやしない


慣性を受けて歓声が流れていく

僕の鼓膜まで届かない


空っぽの競技場の真中で

僕は誰かの合図を待っている

僕は何かの合図をいつまでも待っている


走り出せないで途方に暮れる


見上げる空はとても綺麗です

泣き出しそうなくらいに透明な空でした



コメント

不死鳥

2016-10-29 23:28:54 | 日記

不死鳥は何度でも蘇る

故に何度も殺される


あなたの心だってきっとそうだ

心ない言葉のナイフで

何度あなたは

殺されましたか?

でもその度にあなたは立ち上がってきたのでしょう


また殺される為に


悲劇を超えて

それはまるで喜劇


不死鳥は何度でも蘇る

故に何度も殺される




コメント

暗黙の了解

2016-10-29 23:04:33 | 日記

素直な気持ちを口にするなよ

それがこの世界の決まりごと


シナリオ通りの人間が正義

台本いがいのセリフは

この世界じゃ無粋


その問いは飲み込みな

誰も口には出さないが

知りながら演じてる

誰もが涼しい顔をして

道化師を演じきっている


素直な疑問はこの世界じゃ悪だ

台本通り進めろよ

それができなきゃ舞台を降りな


純粋なココロは

この世界じゃ無粋

この世界じゃ無粋

コメント

ルラルラルラ

2016-10-29 01:18:14 | 日記

何にでも名前をつけて

どんな病気にもしてあげる


幼児性に名前をつけて

ほらピーターパンシンドローム

これであなたも立派な病人です

ラララ


喫煙もあなたのせいじゃない

病気だからしょうがない

ニコチン中毒ほらこれで

あなたも立派な病人になれました

ルルル


何にでも名前をつけて

病気にしてしまう

そんなあなたも

病気ですね


ルラルラルラ

ルラルラルラ


なんでも病気にしたがる病人と

病名を欲しがる病人と

この世界の演劇には

大根役者しかおりませぬ

ああ

なんて楽しい舞台でしょう

ああ

なんて喜劇でしょう


ルラルラルラ

ルラルラルラ


コメント

ナゾナゾ

2016-10-28 23:39:26 | 日記

それは

細い糸のように

どこまでも伸びる

絹のように柔らかいもの


安らぎに満ちた死に近い

心の闇をそっと撫でるような

白く細い腕のようなもの


冷たく優しく懐かしい

泣き出しそうな






僕はそれに月光と名前をつけた





コメント