kotonoha

詩的私的ひとりごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

空洞

2018-05-01 05:17:45 | 日記
逃げたって

立ち向かったって


穴が空いている

僕の胸には大きな穴が空いていて

そこから見える満月が

とても綺麗だ


眠ってみても

起きていても

逃げ場なんて何処にもないんだ


僕の胸には大きな穴が空いていて

誰にも見えない穴が空いていて

透明人間の僕は

息をしていても

息を止めても


透明だ


怖くて怖くて仕方がない


自分も

この世界も


眠ってみても

起きていても


眠ってみても

起きていても


僕の胸には大きな穴が空いていて

そこから見える満月が


とても綺麗だ

とても綺麗だ
コメント

馬鹿みたいに

2018-05-01 00:24:35 | 日記

僕の手は君が思っている以上に

きっと汚れているよ


沢山の人に傷つけられて

それ以上の人を傷つけて


真っ黒を通り越して

硝子みたいに透き通った汚れた手さ


それでも

手を差し伸べるんだ


馬鹿みたいにさ


振り払われても唾をかけられてもさ


馬鹿みたいにさ


僕の手は汚れているよ

硝子みたいにピカピカに


綺麗に汚れているよ

綺麗に汚れているよ

コメント

目眩

2018-04-30 23:43:55 | 日記

閉じてしまえばいい


壊れるべくして壊れるならば

いっそ何もかも壊れてしまえばいい


痛みは気を抜くと

津波のように

この心を飲み込んでいく

守っていたものは呆気なく

掻き消えていく


痛みは虫のように湧き出して

痛みは蛇のように巻き付いて


守っていた心をあっさりと

壊していく


壊れるべくして壊れるならば

この壊れた心は

それがあるべき場所なんだろう


あるべき場所なんだろうか

あるべき場所なんだろうか
コメント

スケアクロウ

2018-03-14 22:05:28 | 日記

窓の向こうに見えるのは

桜の結晶か

雪の花びらか


隙間だらけのこの心を

冬とも言えず春とも言えない曖昧な風が

ただ通り抜けていく


僕はスケアクロウ

藁でできたこの胸を掻きむしる


生きたいのか

逝きたいのか

行きたいのか


僕はスケアクロウ

藁でできたこの頭の中を掻きむしる


カラスに目玉を突かれて

世界はもはや朧


何か悪い事をしましたか



僕はスケアクロウ

誰にも気づかれずに


この世界に立っている

この世界に立っている

コメント

君ヲ想フ

2018-03-14 00:24:21 | 日記
愛情でもなく

同情でもなく

蔑みでもなく

憐れみでもなく


君ヲ想フ


理由もなく

感情もなく

清らかでもなく

濁りもなく


君ヲ想フ

君ヲ想フ

君ヲ想フ
コメント