■漱石忌ネット句会■

フェイスブック等の交流会
インターネット俳句コンテスト協会(会長 高橋信之)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第4回「漱石忌ネット句会」開催御礼について

2017-12-10 23:16:11 | 俳句

4回「漱石忌ネット句会」開催御礼について

この度、夏目漱石を偲び、その功績を讃える「漱石ネット句会」を催したいと思い、12月1日(金)にお呼び掛けをしたところ、投句は9日(土)、選句終了は10日(日)という、わずか一週間あまりにも関わらず、参加は35名を数え、一人3句の105句のご投稿があり、日本はもとより外国の方々にご参加していただきました。まさにオンライン時代の句会ということになりました。「座の文学」という俳句の特性である題詠「漱石忌」に賛同して集まり、取り組む点では地上の句会と少しも変わりがありませんでした。
 ここに、多くの方の参加を得て、選句の迷うほどの優れた作品をご投稿していただいたことに深く感謝を申し上げます。皆様のご理解とご協力なくしては成り立たなかったことは言うに及びません。
 また、お忙しい中に選句と選評をお引き受けいただいた各選者の方々には誠に恐縮の念を抱かざるを得ません。懇切丁寧な選と選評は宝となりました。
 さらには、事務の一切を取り仕切られた「インターネット俳句コンテスト協会」の方々、特に高橋信之様には大変お世話になりました。綿密な計画と緻密な作業に当たられ、成功に導いていただきました。
 最後に、私の急な提案に同意し、実行委員になっていただいた方々にはお礼の申し上げようもありません。滞りなく終えることができたのには実行委員の皆様のおかげです。
 「漱石忌ネット句会」は今回の成功と反省点を踏まえ、来年度も行う気持ちでいます。その節は今回と同様に、ご参加とご投稿をお願い申し上げます。
 
                  第4回「漱石忌ネット句会」実行委員長 永田満徳
                              平成29年10()

コメント

入賞発表/第4回漱石忌ネット句会

2017-12-10 21:52:58 | 俳句

■第4回漱石忌ネット句会■
■入賞発表/2017年12月10■

【金賞】
70.明け始む窓に粉雪漱石忌/藤田洋子
明け始めた窓を見ると、粉雪がかかっている。体の芯が冷えてくるこのような日に漱石は天に召されたのかと思う。漱石忌を自分に沿ってリアルに捉えようとした。(高橋正子)

【銀賞】
76.冬晴れの光の中の漱石全集/柳原美知子
今持って、人気の衰えぬ漱石先生。昨日は日本列島は寒い一日でした。雲の切れ間から見えた光に、漱石忌とふと感じた。 (亰子)

【銅賞/2句】
41.三津浜の醤油匂いし漱石忌/吉田春代
四国松山の三津浜には、母方の祖父の弟が住んでいて、愛媛大学に通っていた頃の私は、三津浜の隣の高浜で母と暮らしていたので、三津浜の醤油の匂いが懐かしい。(高橋信之)

59.濁り少し明治の玻璃戸漱石忌/歌代美遥
漱石の小説には、明治の市民生活が描かれているので、それが懐かしく思われ、いまだに読み継がれている。(高橋信之)

◆選者特選◆

【木暮陶句郎特選5句】
45.ポケットに青空文庫漱石忌/緒方順一
著作権のすでに切れている著書を電子書籍として一般に公開している青空文庫。スマホで手軽に名作を読むことができる。漱石の生きた時代とは隔の感のある一句として大いに評価したい。(木暮陶句郎)

27.倫敦の軋む廊下や漱石忌/江口秋子
77.漱石忌法事へ向かう予讃線/柳原美知子
61.月を見て月を言はざる漱石忌/辻村麻乃
69.俳句漢詩小説頭脳漱石忌/佐藤綉綉

【五島高資特選5句】
07.暗渠めくテムズの流れ漱石忌/隣安
漱石はイギリス留学中に精神を病んだという。漱石の無意識的な精神病理には、ビクトリア朝末期における資本主義の退廃という歴史的な暗い流れも影響していたのだろう。それは眼前のテムズ川とも重なり合って「暗渠めく」所以でもある。(五島高資)

01.山越えの蜜柑のたわみ漱石忌/向瀬美音
13.ピロリ箘どうしますかと漱石忌/古閑寛昭
17.正直に生きるとふ闇漱石忌/中村暢夫
55.我が欠伸猫にうつるや漱石忌/石井真波

【松野苑子特選5句】
55.我が欠伸猫にうつるや漱石忌/石井真波
楽しい句です。猫に自分の欠伸がうつるなんて、ゆったりした良い時間ですね。(松野苑子)

07.暗渠めくテムズの流れ漱石忌/隣安
36.日にゆがむ絵ガラスの窓漱石忌/亰子
38.野良猫に名前をつけて漱石忌/柳 風流
47.最後まで使ふ鉛筆漱石忌/すずき千恵

【辻村麻乃特選5句】
60.丁寧語で妻と諍ひ漱石忌/歌代美遥
明治時代の育ちの良い人は家庭内でも言葉が丁寧だった事は各文献から彷彿とさせられる。漱石の妻の鏡子は慣れない結婚生活にヒステリーを起こすことが多かったと云う。だが、元来明るい鏡子は夫の漱石にもきちんと対峙し言い返すことで挙句のような諍いもあったであろう。また連用形で軽く切れていることで、二物のような趣きもある句で、丁寧語で喧嘩をすると云う景は、橋田壽賀子のドラマも思い出させる。そんな面白さと、漱石の家庭の双方を感じさせる秀句である。(辻村麻乃)

09.漱石忌の寄席をはみ出す江戸言葉/隣安
83.爪立てて蒟蒻ちぎる漱石忌/山野邉茂
92.箸置を汚すことなし漱石忌/永田満徳
95.足元に雀の転ぶ漱石忌/高橋正子

【永田満徳)特選5句】
60.丁寧語で妻と諍ひ漱石忌/歌代美遥
漱石が恐妻家であったか、愛妻家であったかの論議は喧しいが、言い争う時に「丁寧語」を使う作者はさしずめ恐妻家であり、愛妻家であろう。掲句は色々と想像させるところが面白い。 (永田満徳)

09.漱石忌の寄席をはみ出す江戸言葉/隣安
22.吟行に交る混る髭面漱石忌/今村征一
62.足元に猫絡みたる漱石忌/辻村麻乃
55.我が欠伸猫にうつるや漱石忌/石井真波

【高橋信之特選5句】
41.三津浜の醤油匂いし漱石忌/吉田春代
四国松山の三津浜には、母方の祖父の弟が住んでいて、愛媛大学に通っていた頃の私は、三津浜の隣の高浜で母と暮らしていたので、三津浜の醤油の匂いが懐かしい。(高橋信之)

76.冬晴れの光の中の漱石全集/柳原美知子
懐かしくそして嬉しくなる。「漱石全集」は、多くの家庭での書棚にあった。中学の国語の教科書にも載せてあった。(高橋信之)

46.水匂ふ夜の窓辺や漱石忌/すずき千恵
写生句であろうと思うが、作者の主情を強く感じた。(高橋信之)

94.漱石忌帽子の青き画学生/高橋正子
東京上野公園での句か。東京生まれで東京育ちの漱石を思う。(高橋信之)

【高橋正子特選5句】
70.明け始む窓に粉雪漱石忌/藤田洋子
明け始めた窓を見ると、粉雪がかかっている。体の芯が冷えてくるこのような日に漱石は天に召されたのかと思う。漱石忌を自分に沿ってリアルに捉えようとした。(高橋正子)

41.三津浜の醤油匂いし漱石忌/吉田春代
三津浜と言えば、漱石が松山中学に赴任するために着いた港。三津浜には確か「ムラヨウ」と言ったと思うが、醤油屋がある。匂いは記憶と結びついて、様々思い出させてくれるものだ。(高橋正子)

59.濁り少し明治の玻璃戸漱石忌/歌代美遥
明治時代の玻璃戸は、いまのガラスと違い、表面が少し歪み、濁りがある。それが明治を忍ばせて、味わいがある。漱石の生きた明治への郷愁を誘う。『硝子戸の中』という小説も思い出す。(高橋正子)

78.朝日へと猫転がり出で漱石忌/柳原美知子
この飼い猫は、朝日が出ればすぐにでも外に出たくてたまらない猫なのだろう。外遊びの好きな子供のような、毬のような猫が元気で可愛い。漱石の猫も愛嬌があったではないか。(高橋正子)

101.街灯りはなやぐ夜の漱石忌/高橋句美子
漱石忌の12月9日は、街はクリスマスシーズンの華やかな灯りであふれている。漱石忌など忘れて街も人も動いている。作者は都心の金融テクノロジーの会社で、文学とは程遠い環境で働いていて、まだ若いが、華やかな灯りに沈んでしまいそうな漱石忌をよく浮き上がらせた。(高橋正子)

【高橋句美子特選5句】
36.日にゆがむ絵ガラスの窓漱石忌/亰子
ガラスを通る柔らかな日差しを眺めながら漱石を慈しむ作者の姿が想像できます。(高橋句美子)

47.最後まで使ふ鉛筆漱石忌/すずき千恵
59.濁り少し明治の玻璃戸漱石忌/歌代美遥
70.明け始む窓に粉雪漱石忌/藤田洋子
78.朝日へと猫転がり出で漱石忌/柳原美知子

【入選17句】
05.すれ違ふ巨匠二人や漱石忌/桑本栄太郎
12.ロボ犬に猫の座譲る漱石忌/北野和良
21.ホトトギス今も続きし漱石忌/茂木ひさを
23.隣家より猫踏んじやつた漱石忌/今村征一
30.漱石忌水湧く肥後の成趣園/大久保俊克 
33.青春のストレイシープ漱石忌/満天星
44.漱石の忌でありにけり猫の留守/緒方順一
49.道草を食ひて悔やまぬ漱石忌/廣田洋一
54.朝倉の水は大河へ漱石忌/原孝之
66.漱石忌薬手帳の余白かな/菊池洋勝
74.漱石忌子らと語らいおやつ食う/高橋秀之
80.ページには何のシミやら漱石忌/ひらいみつる
85.同窓会ハガキに思案漱石忌/祝恵子
89.漱石の再現書斎隙間風/野島正則
97.今日漱石忌書斎に籠り読み書きを/高橋信之
104.野良猫の飼ひ主となり漱石忌/Anikó Papp
107.漱石忌今にしあればくすり多々/河野啓一

【コメント集】

12.ロボ犬に猫の座譲る漱石忌/北野和良
猫の困ったような仕草が見えてきます。忌日だけでなく、これからもその関係が続くのでしょうか。 (祝恵子)

14.赤門に寄り添ふ猫や漱石忌/古閑寛昭
東大英文科卒業の夏目漱石は、英語教師として各地に赴任しました。現代とは違い、明治、大正の時代にあってはかなり畏敬の念で迎えられたものと思われます。その代表的作品の「吾輩は猫である」との主人公の猫に因み、東大の象徴である赤門との取り合わせがアカデミックな雰囲気を良く出している。尚、他の作品も当時にあっては「ハイカラ」な雰囲気のあるものを選んだ。 (桑本栄太郎)

23.隣家より猫踏んじやつた漱石忌/今村征一
隣家の子供が弾いているのか「猫踏んじゃった」のピアノの音が聞こえてくる。折しも漱石忌のこの日。楽し気に弾む音に明るい気持ちになり、ハミングでも出そう。隣近所との何気ない日常に詠者の優しい視線を感じます。(柳原美知子)

30.漱石忌水湧く肥後の成趣園/大久保俊克 
熊本に足跡を残す漱石を偲ぶ。成趣園は水前寺公園の別名である。漱石も何度となく訪れたであろう。(原孝之) 
地震から見事に復興した成趣園を吟行している作者であろう (今村征一)

33. 青春のストレイシープ漱石忌/満天星
青春とはまさに迷い子、漱石の青春も又、迷いの連続であったのではないかと思う。 (茂木ひさを)

35.お宝は初版のこころ漱石忌/亰子
漱石の「こころ」初版本はまさにお宝だ。 (北野和良)

44.漱石の忌でありにけり猫の留守/緒方順一
漱石の忌だろうが、そんなことはお構いなしに猫は出掛けて行く。そんな飄々とした猫を愛している作者。またそれを漱石の猫に投影しているところも好きです。 (江口秋子)

45.ポケットに青空文庫漱石忌/緒方順一
ポケットの中に、いつでも自由に楽しめる青空文庫。文豪漱石の愛読書もあるのでしょう。ポケットの親しさ、あたたかみを感じる漱石忌です。 (藤田洋子)

55.我が欠伸猫にうつるや漱石忌/石井真波
欠伸がうつることによって、人間と猫の距離が縮まりました。猫が人間であり、人間が猫であるような。漱石忌との取り合わせが非常によいです。(緒方順一)

57.夕飯の献立決まらず漱石忌/石井真波
流れるやうに読めること、この取り合はせを粋に感じました。 (佐藤綉綉)

58.白鳥の首のフラスコ漱石忌/歌代美遥
漱石忌の取合わせとして、新しいと思った。どこか突き放したような透明感は、フラスコからだろうか。漱石の少しの硬さと合っている。(すずき千恵)

60.丁寧語で妻と諍ひ漱石忌/歌代美遥
漱石と鏡子夫人との関係を想起させるとともに、一時代前の夫婦関係をうまく表現していて奥深い。(山野邉茂)

63.地球儀をゆつくり回す漱石忌/辻村麻乃
赴任でも旅行でもいいが、友人はいまココにいるんだ、と地球儀を回しながら、いろいろと想像をするのは愉しい。子規もロンドンにいる漱石に思いを馳せたであろうか。 (中村暢夫)

66.漱石忌薬手帳の余白かな/菊池洋勝
漱石は胃潰瘍の持病持だったという。薬手帳の処方薬の余白に漱石のことを偲ばれたのであろう。(満天星)

74.漱石忌子らと語らいおやつ食う/高橋秀之
先程までの遊びの話しなのか、次の遊びのことなのか…。  母親が持たせたおやつを頬張りながら  そんな光景が浮かび微笑ましい。漱石の生きた時代はこのような親子の語らう時間がゆったり流れていたのかと…。(吉田春代)

76.冬晴の光の中の漱石全集/柳原美知子  
今持って、人気の衰えぬ漱石先生。昨日は日本列島は寒い一日でした。雲の切れ間から見えた光に、漱石忌とふと感じた。 (亰)

78.朝日へと猫転がり出で漱石忌/柳原美知子
冬晴れの気持ちのいい朝に元気のいい猫の様子が見えてくるようです。漱石忌の朝であるがゆえに、より一層猫の様子が引き立ちます。(高橋秀之)

83.爪立てて蒟蒻ちぎる漱石忌/山野邉茂
激動の時代に新しい文学を立ち上げた漱石の生涯を、台所の下拵え作業に見出したのが新鮮。 (隣安)

92.箸置を汚すことなし漱石忌/永田満徳
普段から使い慣れた箸置きが汚れてないのだから箸には手をつけていないのだろう。作者の十二月九日の日記を読むように鑑賞させて頂いた。(菊池洋勝)
几帳面さが伝わって来ます。(古閑寛昭)

101.街灯りはなやぐ夜の漱石忌/高橋句美子
華やかさとは無縁の漱石ですが、漱石忌の夜は灯りが華やぐとした対比が上手い。 (廣田洋一)
漱石忌の12月9日は、近年では街はクリスマス商戦で賑わっている。季感があると感じました。(野島正則)

18.わがハイはニコで叱らる漱石忌/中村暢夫
【わがハイは二コで叱らる】という基底部の言葉続きは、ユーモラスもあり、読者を色々と考えさせると思います。平仮名と片仮名で書かれている「わがハイ」の意味は色々です。「吾輩は叱らる」の意味は、「私は叱らる」であり、「我俳は叱らる」の意味は、【私の俳句は叱らる」です。片仮名で書かれている「二コで叱らる」の意味も色々です。「ニコニコと叱らる」なら、「笑顔で叱らる」であり、「二コ」は【ニコチン」の意味なら、「煙草を吸って、叱らる」という意味になります。ですから、面白い俳句ですね
(Anikó Papp)

104.野良猫の飼ひ主となり漱石忌/Anikó Papp
漱石の我が輩は猫である、の小説が漱石を有名にした事を思えば、猫に対する想いの深さと、野良猫が人に懐くまでの時間の経過に含む、主と野良猫の情愛が、漱石忌の季語に、ぴったりと言い合えている。(歌代美遥)
コメント (6)

■選句/第4回漱石忌ネット句会■

2017-12-07 11:46:46 | 俳句

■第4回漱石忌ネット句会
■清記(投句一覧表)/35名105句
2017年12月10日

※互選を開始してください。

01.山越えの蜜柑のたわみ漱石忌
02.故郷は阿蘇の麓や漱石忌
03.はじまりは那古井の宿や漱石忌
04.吾輩の猫家は根津に漱石忌
05.すれ違ふ巨匠二人や漱石忌
06.漱石忌猫の旅寝は阿蘇の宿
07.暗渠めくテムズの流れ漱石忌
08.人間は雑食であり漱石忌
09.漱石忌の寄席をはみ出す江戸言葉
10.漱石忌池に名残の三四郎

11.細君のさのさ唄うや漱石忌
12.ロボ犬に猫の座譲る漱石忌
13.ピロリ箘どうしますかと漱石忌
14.赤門に寄り添ふ猫や漱石忌
15.右脳妻左脳に猫や漱石忌
16.義父(ちち)ひとり母ひとり居り漱石忌
17.正直に生きるとふ闇漱石忌
18.わがハイは二コで叱らる漱石忌
19.季重なりやり込められし漱石忌
20.あの人もマドンナが好き漱石忌

21.ホトトギス今も続きし漱石忌
22.吟行に交る混る髭面漱石忌
23.隣家より猫踏んじやつた漱石忌
24.阿蘇日和熊本日和漱石忌
25.未(ま)だ我は迷える羊(ストレイシープ)漱石忌
26.「それから」のそれから想ふ漱石忌
27.倫敦の軋む廊下や漱石忌
28.漱石忌うつの診察眠る家 
29.馬を食べ新婚旅行漱石忌 
30.漱石忌水湧く肥後の成趣園 

31.漱石忌祖母と二人の幼き日
32.初恋の人まなうらに漱石忌
33.青春のストレイシープ漱石忌
34.どら声となり久し猫漱石忌
35.お宝は初版のこころ漱石忌
36.日にゆがむ絵ガラスの窓漱石忌
37.漱石忌タイムズ持てば紳士めき
38.野良猫に名前をつけて漱石忌
39.新聞の使ひ時増ゆ漱石忌
40.子規好む柿をほおばり漱石忌
 
41.三津浜の醤油匂いし漱石忌
42.赤シャツを洒落と着こんで漱石忌
43.吾を映す鏡なる子や漱石忌
44.漱石の忌でありにけり猫の留守
45.ポケットに青空文庫漱石忌
46.水匂ふ夜の窓辺や漱石忌
47.最後まで使ふ鉛筆漱石忌
48.眷族に二人の詩人漱石忌
49.道草を食ひて悔やまぬ漱石忌
50.マドンナの俤偲ぶ漱石忌

51.漱石忌三四郎池の佇まひ
52.ロボットにおかえりなさい漱石忌
53.漱石忌天より句碑と筑後川
54.朝倉の水は大河へ漱石忌
55.我が欠伸猫にうつるや漱石忌
56.英国のドラマ見入りし漱石忌
57.夕飯の献立決まらず漱石忌
58.白鳥の首のフラスコ漱石忌
59.濁り少し明治の玻璃戸漱石忌
60.丁寧語で妻と諍ひ漱石忌

61.月を見て月を言はざる漱石忌
62.足元に猫絡みたる漱石忌
63.地球儀をゆつくり回す漱石忌
64.やることは全て尽くせり漱石忌
65.絶食も十日目になり漱石忌
66.漱石忌薬手帳の余白かな
67.病から好かれ過ぎたる漱石忌
68.よき妻にめぐり逢ひたや漱石忌
69.俳句漢詩小説頭脳漱石忌
70.明け始む窓に粉雪漱石忌

71.窓にふれ小さき雪片消ゆ忌日
72.漱石の描きし墨竹小雪舞う
73.青空の下で散策漱石忌
74.漱石忌子らと語らいおやつ食う
75.駅前の句碑をじっと見る漱石忌
76.冬晴れの光の中の漱石全集
77.漱石忌法事へ向かう予讃線
78.朝日へと猫転がり出で漱石忌
79.すかっぱれベンチで文庫漱石忌
80.ページには何のシミやら漱石忌

81.漱石忌子規の隣に並びおり
82.漱石忌ターナー島に白兎飛ぶ
83.爪立てて蒟蒻ちぎる漱石忌
84.道具屋の見立ては抱一漱石忌
85.同窓会ハガキに思案漱石忌
86.電飾の達磨見あぐる漱石忌
87.湯気立てる薬缶に手かざし漱石忌
88.友情の証の書簡漱石忌
89.漱石の再現書斎隙間風
90.猫塚に擦り寄る落葉ありにけり

91.傘置けばぱたりと倒る漱石忌
92.箸置を汚すことなし漱石忌
93.マークして段取立てり漱石忌
94.漱石忌帽子の青き画学生
95.足元に雀の転ぶ漱石忌
96.漱石忌上弦の月の浮いており
97.今日漱石忌書斎に籠り読み書きを 
98.今日漱石忌書斎に籠る楽しさよ
99.今日漱石忌書斎に籠り一日を
100.朝起きて時間は早し漱石忌

101.街灯りはなやぐ夜の漱石忌
102.忙しい日日(にちにち)過ぎて漱石忌
103.猫ちやんと二人で思ふ漱石忌
104.野良猫の飼ひ主となり漱石忌
105.漱石忌野良猫と寝る草枕
106.雀さん私は小さき菫です
107.漱石忌今にしあればくすり多々
108.胃潰瘍不治にはあらず漱石忌

▼互選

①投句一覧表の中から3句を選び、その番号のみをお書きください。なお、その中の1句にコメントを付けてください。
②選句は、12月10日(日)午前9時から始め、12月10日( 日)午後6時までに済ませてください。
③選句の投稿は、ブログのコメント欄にご投稿ください。
選者:木暮陶句郎・五島高資・松野苑子・辻村麻乃・永田満徳・高橋信之・高橋正子・髙橋句美子
※選者の方は5句選をし、1句にコメントをお願いします。選者の選は、選者特選として表彰されます。

コメント (33)

◆ご案内/第4回「漱石忌ネット句会◆

2017-11-10 12:36:33 | 俳句

◆第4回漱石忌ネット句会のご案内/2017年12月1日~10日開催◆

主催:インターネット俳句コンテスト実行委員会

共催:俳句大学

協賛:夏目漱石記念年実行委員会

選者:高橋信之(愛媛大学名誉教授/「花冠」名誉主宰)・木暮陶句郎(「ひろそ火」主宰)・五島高資(俳句大学副学長/インターネット俳句協会理事長/「俳句スクエア」代表)・高橋正子(「花冠」主宰)・髙橋句美子(「花冠」編集長)・松野苑子(「街」同人/第62回角川俳句賞受賞)・辻村麻乃(俳人協会埼玉県支部事務局、世話人/「篠」副主宰、編集発行人)・永田満徳(俳句大学学長/俳人協会幹事 /「火神」編集長)

実行委員会委員長:永田満徳

▼投句
①投句:「漱石忌」の句3句を下記の<コメント欄>にお書き込みください。
②投句期間:2017年12月1日(金)午前0時~12月9日(土)午後5時
④選句期間:12月10日(日)午前9時~午後6時
⑤入賞発表:12月10日午後10時
⑥伝言・お礼等の投稿は、12月10日午後10時~12月11日午後10時


▼互選
①清記:投句一覧表がブログに載ります。
②清記(投句一覧表)の中から3句を選び、その番号のみをお書きください。なお、その中の1句にコメントを付けてください。選者の方は、5句選句お願いします。
②選句は、12月10日(日)午前9時から始め、12月10日( 日)午後6時までに済ませてください。
③選句の投稿は、ブログのコメント欄にご投稿ください。
※選者も上述と同様に選をお願いします。選者の選は、選者特選として表彰されます。

▼入賞・伝言
①入賞発表: 12月10日(日)午後10時
②伝言・お礼等の投稿は、12月10日(日)午後10時~12月11日午後10時

コメント (37)

第3回漱石忌ネット句会金賞等授賞式のご案内

2016-12-11 23:40:40 | 俳句

第3回漱石忌ネット句会金賞等授賞式のご案内

第3回漱石忌金賞等授賞式を下記のとおり開催いたしますので、ご出席くださいますようご案内いたします。
大勢の皆様のご参加をお待ちしています。

日時:2017年1月15日(日)
   午前11時~12時30分
場所:リーガロイヤルホテル東京「フェリオ」
   東京都新宿区戸塚町1丁目104番地19 
   電話 03-5285-1121
   http://www.rihga.co.jp/tokyo/index.html

会費:5000円

※「第33回花冠賞」の授賞式も同時に行います。
※なお授賞式終了後は、関口芭蕉庵などを吟行いたします。

※授賞式に参加される方は、下記の<コメント>欄にお名前を書いてください。お気軽にご参加ください。

 

コメント (3)

第3回「漱石忌ネット句会」開催御礼

2016-12-11 19:45:34 | 俳句
第3回「漱石忌ネット句会」開催御礼  

 

夏目漱石を偲び、その功績を讃える「漱石ネット句会」は回を重ねるごとに、各方面からご注目していただいています。今年は没後100年、来年は生誕150年を迎えることを記念して官民一体となって取り組んでいる「夏目漱石記念年実行委員会」の協賛を得ましたことはまことに喜ばしいことです。

今回も、12月1日(木)にお呼び掛けをしたところ、一日の投句開始から、10日の選句終了まで、わずか一週間あまりにも関わらず、 投句者は40名を数え、126句のご投句があり、全国各地は言うに及ばず、外国からもご参加いただきました。まさにオンライン時代の句会ということになりました。もちろん、「座の文学」である俳句の特性は題詠「漱石忌」に賛同して集まり、取り組む点で少しも損なうことがなかったと言えましょう。ここに、多くの方の参加を得て、選句に迷うほどの優れた作品をご投稿していただいたことに深く感謝を申し上げます。皆様のご協力なくしては成り立たなかったことは言うに及びません。また、お忙しい中に選句と選評をお引き受けいただいた各選者の方々には誠に恐縮の念を抱かざるを得ません。懇切丁寧な選と選評は宝となりました。

さらには、事務の一切を取り仕切られた「インターネット俳句コンテスト協会」の方々、特に俳句大学顧問の高橋信之様には大変お世話になりました。綿密な計画と緻密な作業に当たられ、成功に導いていただきました。更には俳句大学の副学長の五島高資氏には側面からご援助していただきました。

 最後に、私の提案に同意し、実行委員になっていただいた方々にはお礼の申し上げようもありません。滞りなく終えることができたのには実行委員の皆様のおかげです。

「漱石忌ネット句会」は今回の成功と反省点を踏まえ、来年度も行う気持ちでいます。その節は今回と同様に、ご参加とご投稿をお願い申し上げます。

 

第3回「漱石忌ネット句会」実行委員長 永田満徳

平成281211()

コメント (2)

入賞発表/第3回漱石忌ネット句会

2016-12-10 18:53:10 | 俳句

■第3回漱石忌ネット句会■
■入賞発表/2016年12月10

【金賞】
★消灯し文庫に栞漱石忌/高橋秀之
生活に心があって、その内面の世界は静かだ。さりげない静かさがいいので、中七の「栞」が素敵な言葉となった。(高橋信之)

【銀賞】
★姿見に目を背けをる漱石忌/根本葉音
目の付け所がよい。特に意表をついているわけではないが、作者の確かな生活が見えてくる。そこがいい。(高橋信之)

【銅賞/2句】
★異国語に囲まれて城漱石忌/祝恵子
この句は日本でのことであろうが、中七の「城」が効いた。私が「異国語」に興味があるのは、中国大陸で育ち、職業が大学のドイツ語教師であったからである。(高橋信之)

★又猫が水飲みに来て漱石忌/熊谷房子
「猫」と言えば「漱石」を連想するが、この句は、その連想を打ち消して、ただの写生句として、私の好きな句である。他愛もない句と言われても、である。(高橋信之)

選者特選

 【木暮陶句郎特選5句】
★永遠に名の無き猫や漱石忌/北野和良
ペットたちに人間が勝手に付ける名前。考えてみれば本来、動物たちに名前という概念はないのである。そんなことに気づかされる一句だ。

ピリオドを打てぬこころや漱石忌/大川アラ
歯ぎしりに似たるヴィオロン漱石忌/山野邉茂
漱石忌マドンナ街にビラ配る/藤田洋子
こころざし磁石で留めて漱石忌/隣安

【五島高資特選5句】
漱石忌アンドロイドが朗読す柳原美知子
漱石没後100年を経て、ついに漱石のアンドロイドが出現した。先見の明があった漱石も予見していたであろうか。天国で苦笑している漱石を彷彿させて面白い。

吾輩もスイーツ男子漱石忌/緒方順一 
歯ぎしりに似たるヴィオロン漱石忌/山野邉茂 
こっそりと羊羹つまむ漱石忌/根本葉音 
漱石忌空にスバルの生れ来たれ/高橋正子 

【松野苑子特選5句】
猫が水飲みに来て漱石忌/熊谷房子
「猫」と言えば「漱石」を連想するが、この句は、その連想を打ち消して、ただの写生句として、私の好きな句である。他愛もない句と言われても、である。(高橋信之)
 
★漱石忌眩しい朝日浴び出勤/高橋句美子
「眩しい朝日」の措辞が魅力。漱石忌の頃は寒いけれど、晴れた日の朝は、吃驚するほど明るいことがある。漱石の生きた時代も今も、眩しい朝日は働く意欲の後押しをしてくれる。

こころざし磁石で留めて漱石忌/隣安
漱石忌アンドロイドが朗読す/柳原美知子
先生より激励書簡帰り花/小口泰與 

【永田満徳)特選5句】
収骨の骨に生き様漱石忌/渡邉竹庵
山野や戦地に埋もれた骨はただの骨ではなく、様々な生き様を内包するものである。それは様々な転勤と転職を繰り返した漱石の生き様と重なるものである。

老夫と小さき諍ひ漱石忌/西村楊子
消灯し文庫に栞漱石忌/高橋秀之
漱石忌真白に磨く換気扇/隣安
揺り椅子に猫の欠伸や漱石忌/久美子

【高橋信之特選5句】
★消灯し文庫に栞漱石忌/高橋秀之
生活に心があって、その内面の世界は静かだ。さりげない静かさがいいので、中七の「栞」が素敵な言葉となった。(高橋信之)

姿見に目を背けをる漱石忌/根本葉音
目の付け所がよい。特に意表をついているわけではないが、作者の確かな生活が見えてくる。そこがいい。(高橋信之)

★異国語に囲まれて城漱石忌/祝恵子
この句は日本でのことであろうが、中七の「城」が効いた。私が「異国語」に興味があるのは、中国大陸で育ち、職業が大学のドイツ語教師であったからである。(高橋信之)

★花鉢に水と朝日を漱石忌/高橋正子
「漱石忌」に日常の風景を添えた。日常が豊かに、当たり前の風景が楽しくなる。花と水とに朝日が射せば、充足した日常生活となる。自然は豊かなのだ。そして、漱石の世界は豊かなのだ。(高橋信之)

又猫が水飲みに来て漱石忌/熊谷房子
「猫」と言えば「漱石」を連想するが、この句は、その連想を打ち消して、ただの写生句として、私の好きな句である。他愛もない句と言われても、である。(高橋信之)

【高橋正子特選5句】

百年ははや来てをりし漱石忌/緒方順一
今年は、漱石没後100年の年にあたり、「夢十夜」にある「百年後にまた会いましょう」という個所がすぐに思い出された。なにかそれが真実めいて、百年という歳月の速さを思った。「はや来てをりし」に共感した。(高橋正子)

★旧居まだ地震の跡あり漱石忌/古閑寛昭
今回の熊本地震では熊本城の石垣が崩れたり甚大な被害が出た。お見舞い申し上げる。漱石旧居も地震にあって、いまだにそのあとがある。漱石没後百年に当たり、身近に漱石を思われたことであろう。(高橋正子)

★消灯し文庫に栞漱石忌/高橋秀之
★冬ぬくし子規と漱石一つ句碑/藤田洋子
★飼い猫の寝相百態漱石忌/柳原美知子

【高橋句美子特選5句】
瀬戸晴れて波の煌めく漱石忌/佃 康水
漱石も瀬戸内海の美しい景色を見たであろう。時代は違うけれど、自然の美しさには共感できるものがあります。

縁側の光あまねく漱石忌/武藤隆司
「光あまねく」という表現が、現実世界のことではないように感じられ、漱石のいる世界に通じているようだ。

★オルガンの響き沁みいる漱石忌/久美子
オルガンの響きはレトロな雰囲気を醸し、漱石が亡くなってしまっているという淋しさも感じ取れる。

花鉢に水と朝日を漱石忌/高橋正子
漱石に花と水とを供えているように表現されている。朝日が清々しい。

皿ケ峰朝霧生める漱石忌/柳原美知子

一面霧で真っ白な情景が目に浮かぶ。しっとりと漱石を思い出す。

 【入選14句】
★長き夜を一気に「野分」漱石忌/今村征一 
★漱石忌同じところに飛行船/永田満徳
★文豪の年譜を正す漱石忌/永田満徳
★ふるさとは阿蘇の裾野や漱石忌/向瀬美音
★検査後も暫く食えぬ漱石忌/菊池洋勝
★草枕旅の仕舞ひの漱石忌/桑本栄太郎
★草枕湯の香辿りて漱石忌/ 穂坂俊一
★人柄の残す絵はがき漱石忌/大久保俊克
★藩校を巡るステッキ漱石忌/原孝之
★湯上がりの団子の美味し漱石忌/藤井隆嗣
★岩波の布張り全集漱石忌/ 野島正則
★漱石は遠くと思い身近に忌を/ 高橋信之
★漱石忌猫に団子に寒月君/河野啓一
★漱石忌那古井の宿に急ぐ雲/大関博美

コメント (9)

■選句/第3回漱石忌ネット句会■

2016-12-10 13:20:29 | 俳句

■第3回漱石忌ネット句会
■清記(投句一覧表)/42名126句
2016年12月9日

※互選を開始してください。

01.漱石忌破れ障子の冷気かな
02.魚泣きて鳥も姦し漱石忌
03.先生より激励書簡帰り花
04.笑いじわ一筋もなく漱石忌
05.口角をあげて眠るや漱石忌
06.こめかみの皺深くなり漱石忌
07.私にすら則れず漱石忌
08.百年ははや来てをりし漱石忌
09.吾輩もスイーツ男子漱石忌
10.日帰りで済む検査かな漱石忌

11.売店で買い揃えたる漱石忌
12.検査後も暫く食えぬ漱石忌
13.永遠に名の無き猫や漱石忌
14.かの髭の流行りとなるや漱石忌
15.漱石忌主脳が働かないと言ひ
16.ふるさとは阿蘇の裾野や漱石忌
17.文豪のルネッサンスや漱石忌
18.我もまた冬菫なり漱石忌
19.尊大な猫の気鬱や漱石忌
20.愚陀仏の俳号宿に漱石忌

21.草枕旅の仕舞ひの漱石忌
22.漱石忌百年の時刻眠り猫
23.迷い猫人待ち顔の漱石忌
24.草枕湯の香辿りて漱石忌
25.飼い猫の直系絶えし漱石忌
26.噛み合わす猫との会話漱石忌
27.又猫が水飲みに来て漱石忌
28.人柄の残す絵はがき漱石忌 
29.したためて恋のかたちや漱石忌 
30.吾輩はこころのらねこ漱石忌
 
31.漱石忌招き猫亭猫まみれ
32.漱石忌人間猫となりにけり
33.漱石忌千円当たる宝くじ
34.金入れに旧札十枚漱石忌
35.長き夜を一気に「野分」漱石忌
36.発句とは有季定型漱石忌
37.死してなほ則天去私の漱石忌
38.悪妻説助長させたり漱石忌
39.妻慕ひ綴る恋文漱石忌
40.ピリオドを打てぬこころや漱石忌

41.漱石忌親子三代夏目党
42.十歳で坊っちゃん知るや漱石忌
43.きんつばの四角清らや漱石忌
44.猫の名を今日は明かさん漱石忌
45.生え際が父に似てをり漱石忌
46.消灯し文庫に栞漱石忌
47.遠くから響く歌声漱石忌
48.温かいうどんに玉子漱石忌
49.漱石忌喪中はリストから外す
50.漱石忌狸寝入りで妻を待つ

51.生理なき男なりけり漱石忌
52.百年の真に経ちぬ漱石忌
53.老夫と小さき諍ひ漱石忌
54.抜歯した痕の洞穴漱石忌
55.我輩は猫にはあらず漱石忌
56.門を出てそれからどこへ漱石忌
57.明暗の分岐はいずこ漱石忌
58.捕らわれし脳は浮き世に漱石忌
59.白き恋赤く染まりし漱石忌
60.心眼を睨む猫目や漱石忌

61.縁側の光あまねく漱石忌
62.漱石忌今も変はらぬ湯治宿
63.余技もまた大樹のごとし
64.地震の地を諭す足跡漱石忌
65.世に残る恥かきつ子や漱石忌
66.藩校を巡るステッキ漱石忌
67.漱石忌文豪妻の猫嫌ひ
68.不機嫌な胃の腑をなだめ漱石忌
69.文鳥の一夜の化身漱石忌
70.漱石忌十七音の非人情

71.始まりと終はりはアリア漱石忌
72.歯ぎしりに似たるヴィオロン漱石忌
73.漱石忌海馬可もなく不可もなし
74.収骨の骨に生き様漱石忌
75.漱石忌谷中の猫は気儘なり
76.冬ぬくし子規と漱石一つ句碑
77.漱石忌マドンナ街にビラ配る
78.ターナー島植樹の松に冬凪ぎぬ
79.漱石忌真白に磨く換気扇
80.こころざし磁石で留めて漱石忌

81.貧乏は嗜むるもの漱石忌
82.今朝の街汽笛一声漱石忌
83.次世紀も世の語り草漱石忌
84.湯上がりの団子の美味し漱石忌
85.漱石忌籠り和菓子の色合わす  
86.瀬戸晴れて波の煌めく漱石忌
87.石積みを陽射して目地に冬菫
88.友の句に打ちのめされし漱石忌
89.姿見に目を背けをる漱石忌
90.こっそりと羊羹つまむ漱石忌

91.漱石忌同じところに飛行船
92.追はざれば振り返る猫漱石忌
93.文豪の年譜を正す漱石忌
94.エタノール漬けの脳とや漱石忌
95.岩波の布張り全集漱石忌
96.漱石忌青空文庫のベストテン

97.揺り椅子に猫の欠伸や漱石忌

98.オルガンの響き沁みゐる漱石忌
99.漱石忌文庫に新書まとめ買ひ
100.漱石忌筆先酔ふて暖を取る

101.漱石忌過去世に会ひて茶をいれる
102.横顔の煙草の煙漱石忌
103.花鉢に水と朝日を漱石忌
104.漱石忌空にスバルの生れ来たれ
105.『草枕』座右に置きて漱石忌
106.旧居まだ地震の跡あり漱石忌
107.熊本に寄り来る予感漱石忌
108.途絶へなく吾輩通り漱石忌
109.玉造の幸村ロード漱石忌
110.時刻表見ては遊んで漱石忌

111.異国語に囲まれて城漱石忌
112.漱石忌過ぎゆくものの儚さよ
113.漱石忌去りゆくものの数知れず
114.漱石は遠くと思い身近に忌を
115.漱石忌螺旋階段駆け上る
116.漱石忌木々は細かく枝伸ばす
117.漱石忌眩しい朝日浴び出勤
118.漱石もインターネットもこの歴史
119.則天去私漱石逝きて百年に
120.漱石忌猫に団子に寒月君

121.飼い猫の寝相百態漱石忌
122.皿ケ峰朝霧生める漱石忌
123.漱石忌アンドロイドが朗読す
124.猫塚に積もる話や漱石忌
125.漱石忌那古井の宿に急ぐ雲
126.再びの恋の行へや漱石忌

◆互選のご案内◆
①清記(投句一覧表)の中から3句を選び、その番号のみをお書きください。なお、その中の1句にコメントを付けてください。
②選句は、12月10日(土)午前9時から始め、12月10日( 土)午後6時までに済ませてください。
③選句の投稿は、下のコメント欄にご投稿ください。
※選者:高橋信之・木暮陶句郎・五島高資・高橋正子・高橋句美子・松野苑子・仲 寒蟬・永田満徳
※選者の方は、上述と同様に5句選をお願いします。選者の選は、選者特選として表彰されます。

                         ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 

 

コメント (23)

第3回漱石忌ネット句会コメント集

2016-12-10 12:08:44 | 俳句

◆第3回漱石忌ネット句会コメント集◆

●桑本栄太郎
13  67  93
13) 永遠に名の無き猫や漱石忌
目漱石は当時親交のあった正岡子規の門下生、高浜虚子の勧めもあり、文芸誌ホトトギスに「吾輩は猫である」の小説を載せ、一躍文壇に好評を博しました。「吾輩は猫」との猫の眼からの一人称の書き出しで始まり、人の世の滑稽、哀れ、皮肉など猫の低い視線より描き出した作品です。猫は漱石自身であり、猫に名を借りた文章には永遠に名前は無いのである。(桑本栄太郎)

● 清水憲一
04 40 97
40) ピリオドを打てぬこころや漱石忌
漱石晩年の言葉に「則天去私」がある。この言葉は小さな私を去って自然にゆだねて生きることを意味するが、漱石はその考えを抱いたままあの世に旅立った。そこに掲句のピリオドで終わらない一生が垣間見られる。また「こころ」との言葉に漱石が朝日新聞に連載した「心 先生の遺書」の小説も重なって重厚な句となっている。これらのことを踏まえた共感の一句である。 (清水憲一)

●藤井隆嗣
88,
105,123
123)漱石忌アンドロイドが朗読す
年の時を経た漱石忌と多くの人が手にするスマホとの対比が面白く、今も色褪せない漱石の存在がにじみ出ている句だと思いました。(藤井隆嗣)

佃 康水
76 97 104
104 漱石忌空にスバルの生れ来たれ
漱石は、百年経ってもなお連綿として語り継がれて居る文豪です。スバルの意味は「一つにまとまる」と言う意味が有るとか。漱石忌に因み、将来への大きな願いを含め、俳人としての強い意志が感じられます。そしてきらきらと輝く美しい星座がそこに見えて参ります。

 藤田洋子
16,ふるさとは阿蘇の裾野や漱石忌
漱石ゆかりの地、熊本。望郷の念を抱きながら、自ずと漱石に心寄せる作者のしみじみとした心情がうかがえます。漱石没後百年の今年、被災地ふるさとへの特別な思いが心に響きます

大川アラ
19 50 89
89 姿見に目を背けをる漱石忌
偉大な文豪でありながら漱石は、一面きわめて弱く、脆く、底知れぬコンプレックスを抱えていた人物と思われる。そうした彼の日常的な心の闇をみごとにすくい取った佳句であり、脱帽の思いである。

五島高資
72 90 104 
123.漱石忌アンドロイドが朗読す
漱石没後100年を経て、ついに漱石のアンドロイドが出現した。先見の明があった漱石も予見していたであろうか。天国で苦笑している漱石を彷彿させて面白い。

祝恵子
60 86 97
60心眼を睨む猫目や漱石忌
この猫に心を見透かされている感がします。漱石も、もしかしたらこうした猫と対峙して居たかも知れませんね。

野島正則
16.45.68.90.106
特選 68 不機嫌な胃の腑をなだめ漱石忌
年末の忘年会シーズン、暴飲暴食をしてしまう時期ですね。このようなことを不機嫌と表現したのかなと思いました。季語にこの時期ならではの感じを受けました。

大関博美

65 92  106
夏目家の五男として生まれ、幼少期は里子に出されるという、悲しく寂しい経験をへて、後は、文豪として名をなす金之助の逸話が、うまく詠われている。
 

久美子
16 86 117
117.漱石忌眩しい朝日浴び出勤
前向きな意気込みを感じる清々しい句。

菊池洋勝
27、43、81
27、又猫が水飲みに来て漱石忌
全ての投稿句を一周して一番に絵が浮かんだ一句を取った。漱石が愛猫とした黒猫との出会いや漱石邸に入り込む野良の習性まで容易に想像される観察がとても面白い俳句だと思った。漱石文学の根底に流れる批判や風刺と共に教え子や弱いものには優しかった彼の懐の広さも連想されると言ったら言い過ぎか。
●作者不明
54 69 80
80 12月9日という日がありありと浮かんだ。突如年末モードに切り替わる世間。今年を振り返り、来年の抱負がムクムクと湧き上がってくる。折しも漱石の命日。生き方というものを考えるのにふさわしい日。その思いを認め、掲げる(冷蔵庫に)。
 
永田満徳
74
山野や戦地に埋もれた骨はただの骨ではなく、様々な生き様を内包するものである。それは様々な転勤と転職を繰り返した漱石の生き様と重なるものである。

46、53、79、97 
原 孝之)
特選70
漱石俳句の定型と冷徹さを上手く表現していると思う。
94 125
 
松野苑子
3 27 80 117 123

117
「眩しい朝日」の措辞が魅力。漱石忌の頃は寒いけれど、晴れた日の朝は、吃驚するほど明るいことがある。漱石の生きた時代も今も、眩しい朝日は働く意欲の後押しをしてくれる。
 
向瀬美
92、追はざれば振り返る猫漱石忌 永田満徳

猫好きにはたまらない句である。猫の習性をさらっと惜辞で述べ、漱石忌と可愛らしく響き合っている。

35、76

 

70.漱石忌十七音の非人情(特選
漱石俳句の定型と冷徹さを言い当てている。

94.エタノール漬けの脳とや漱石忌
125.漱石忌那古井の宿に急ぐ雲

※訂正のお願い (佃 康水)
2016-12-10 13:02:12
すみません。
選句の番号を間違えました。
105を104に訂正をお願い申し上げます。

                        ◆◇◆

 

 

 

 

 

 

コメント

ご案内/第3回「漱石忌ネット句会」

2016-11-20 16:48:37 | 俳句

◆第3回漱石忌ネット句会のご案内/12月1~10日開催◆

〜「漱石忌」(没後100年)および「インターネット俳句センター開設20周年を記念して」〜

主催:インターネット俳句コンテスト実行委員会

共催:俳句大学

協賛:夏目漱石記念年実行委員会

選者:高橋信之(愛媛大学名誉教授/「花冠」名誉主宰)・木暮陶句郎(「ひろそ火」主宰)・五島高資(俳句大学副学長/インターネット俳句協会理事長/「俳句スクエア」代表)・高橋正子(「花冠」主宰)・髙橋句美子(「花冠」編集長)・松野苑子(「街」同人/第62回角川俳句賞受賞)・仲寒蟬(「里」同人/芸術選奨新人賞受賞)・永田満徳(俳句大学学長/「火神」編集長 /俳人協会熊本県支部事務局長)

実行委員会委員長:永田満徳

▼投句
①投句:「漱石忌」の句3句を下記の<コメント欄>にお書き込みください。
②投句期間:2016年12月1日(木)午前0時~12月9日(金)午後5時
④選句期間:12月10日(土)午前9時~午後6時
⑤入賞発表:12月10日午後10時
⑥伝言・お礼等の投稿は、12月10日午後10時~12月11日午後10時


▼互選
①清記:投句一覧表がブログに載ります。
②清記(投句一覧表)の中から3句を選び、その番号のみをお書きください。なお、その中の1句にコメントを付けてください。
②選句は、12月10日(土)午前9時から始め、12月10日( 土)午後6時までに済ませてください。
③選句の投稿は、ブログのコメント欄にご投稿ください。
※選者も上述と同様に選をお願いします。選者の選は、選者特選として表彰されます。

▼入賞・伝言
①入賞発表: 12月10日(土)午後10時
②伝言・お礼等の投稿は、12月10日(土)午後10時~12月11日午後10時

コメント (58)