相続登記、相続手続きに関する情報。新宿区・世田谷区・中野区・杉並区・練馬区ほか都内,千葉,埼玉,神奈川対応しています。
新宿区・杉並区・世田谷区・練馬区・中野区の相続登記 オンライン申請対応東京司法書士 西尾努司法書士事務所(相続ブログ)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




長年、家族が行方不明な場合、その財産の処分に困ります。

行方不明になった人の生死が7年不明な場合には、家庭裁判所に申し立てて行う「失踪宣告」という手続きがあります。

失踪宣告がなされることによって、死亡したものとみなされるので、相続手続きを開始することもできるようになります。

→ 家庭裁判所のホームページ

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




不動産の相続登記手続きのご依頼をいただき、その打ち合わせのため、相続人さんい会いに杉並へ行ってきました。

手続きや登記費用については、事前に何度かお電話でのやりとり、FAXなどを利用して、ご案内はさせていただいていたのですが、お会いするのはこの日が初めて。

まずは必要な書類を確認させていただき…戸籍謄本、遺産分割協議書、印鑑証明書、住民票、評価証明書…

住民票だけがなぜかコピーです。

わけを聞くと、こちらでご案内していた必要書類の一覧には、「住民票の写し」と書かれていたため、写し=コピーを用意したとのことでした。

なるほど…正確に書きすぎると、混乱させてしまいますね。

正確には、役所から交付されるものは住民票の原票ではなく、その写しであり、それが「住民票の写し」と呼ばれるものです。

役所から受け取った段階ですでに「写し」ということになります。

ここはあえて不正確ですが、「住民票」とご案内すべきでした。

→ 不動産の相続登記の必要書類

 

ちなみに、今回は、税理士さんからのご紹介で、事前に相続税の申告も済まされているということもあり、ほとんどの書類が揃っていました。

税務申告では、各種証明書の原本の提出が求められているとのことで、それぞれ2部ずつ取得されたとのことでした。

足りない書類は、相続人から司法書士に対する登記委任状のみ。

さっそく委任状を作成して押印をいただく予定です。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




当司法書士事務所では、単純な報酬形態をとっており、その案件の手間、難易度は考慮していません。

→ 相続登記にかかる費用

実は、昨年の夏ごろにご依頼いただいた相続案件が、手続をすすめればすすめるほど、「え?」という事実が判明し、なかなか先が見えない案件でした。

相続人さんも頭を抱えながら、一つずつ問題を解決して…

今年に入って、何とか書類を作成するところまでこぎつけ、あとは相続人さんに書類に署名、押印をいただくだけという状況になりました。

今月になり、登記をするのに必要な書類がすべて揃い、申請。

先日、やっとその相続登記が完了しました。

この案件にかけた時間、手間はかなりのものになりましたが、司法書士報酬には影響しません。

昔、勤めていた事務所では、タイムチャージ制でしたので、今回のようなケースでは報酬はかなりの額になったというのに…。

と、ちょっと思ったのですが、複雑なケースでこちらも勉強になりましたし、いい経験をさせていただいたので、満足です。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




郵便局で定額小為替を購入しました。

相続登記のご依頼をいただいたお客さまから、被相続人の戸籍謄本の取得の依頼もいただき…

郵便で請求する戸籍謄本の交付手数料を支払うためです。

期限が6か月とわりと短いので、買い置きするのもアレなので、基本的に相続登記(戸籍謄本取得)のご依頼をいただいた時点で買い足すようにしています。

定額小為替も、450円、750円と戸籍の手数料と同額のものが出ていて便利です。

→ 相続登記で必要な戸籍謄本を郵便で請求する



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ