セントの最新映画・小演劇150本  

観賞数 2019年 映画40本 演劇19本。

asobiiiino「VARIETY」(作・演出 asobiiiino)(於・Stage Plus) 80点

2019-05-05 20:24:45 | 演劇遍歴

中編3本。短編とは違うのでそれぞれじっくり見られる。最初は未来型、宇宙へとつないでくれるエレベーターの話。設定は面白いが、それほど新鮮味はなし。もっと斬新な展開が望み。ちょっとした小世界。

2編目はぐっと砕けて、誕生日パーティのお話。若い人だからできるシンプルなおふざけ。でも楽しい。ヤングだけの世界。

そして真打3話目。これはいいね。すごくいい。

ベランダ越しに語り合う漫画家の卵と官能小説家の女性。このベランダでの会話という設定がいい。お互い顔が見えずにだんだんと親しんでゆく過程が心地よい。愛なんだね。その二人にもしばし空白があり、二人は思いがけないところで邂逅する。

ここで時間が止まる。涙が出そう。まるで映画の一シーンだ。素晴らしい。これぞ愛の世界。今日の収穫。

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ROMA ローマ(2018 メキシコ... | トップ | 僕たちのラストステージ(201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

演劇遍歴」カテゴリの最新記事