セントの最新映画・小演劇150本  

観賞数 2019年 映画40本 演劇19本。

マイ・ブックショップ(2017 スペイン)(イザベル・コイシェ ) 80点

2019-03-30 19:14:50 | 映画遍歴

一生に一度は本屋をしてみたいと考える人も多いであろう。私もその部類。いや、この老体になった今でもますますその気持が募る。そんな一人の中年女性が亡き夫との二人だけの希望を灯し出す本屋経営だったが、思わぬ村社会での逆流に遭遇する。

想像していたほど安らぎを感じる映画ではなかったが、何か書物を読んでいる感覚がずっと続き、意外と落ちつける作品となっている。

しかし、ストーリーの本流はいじめの本質に近く、美しい作品では決してない。むしろラストにアッと驚くし過激な仕掛けが凝らしてあり、読書なんてものではなく、やはり映画に潜むナイフがあると気づくのである。

全体的には対立という人間同士のどうしようもないものが底流に流れており、これは現実的に実際今の現代においても社会の基本となっている代物だと思われる。そういう人間不信が残滓となって心に残る佳作である。

 

『映画(お出かけ)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« だから殺せなかった(一本木 ... | トップ | 少女を殺す100の方法(2018 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画遍歴」カテゴリの最新記事