Sightsong

自縄自縛日記

アリス・コルトレーン『Carnegie Hall '71』

2018-11-04 21:29:57 | アヴァンギャルド・ジャズ

アリス・コルトレーン『Carnegie Hall '71』(Hi Hat、1971年)を聴く。

Alice Coltrane (p, harp)
Pharoah Sanders (ts, ss, fl, perc, fife)
Archie Shepp (ts, ss, perc)
Tulsi (tamboura)
Kumar Kramer (harmonium)
Jimmy Garrison (b)
Cecil McBee (b)
Clifford Jarvis (ds)
Ed Blackwell (ds)

サックスもベースもドラムスもふたりずつ。濃すぎる。しかもジョン・コルトレーンの「Africa」1本勝負。Impulse!から傑作を次々に出していた時代のアリス・コルトレーンにこのメンバー、悪いわけがない。

モーダルな感じのアリスのピアノとドラムスふたりが背中を押しまくる中で、いきなり、アーチー・シェップとファラオ・サンダースのサックスがうなりをあげる。これナマで観ていたとしたら30分の途中で酸素が足りなくなって倒れるぞ。

途中ではジミー・ギャリソンとセシル・マクビーのベースソロがあり、演奏者がふたりとなって、なぜか会場で手拍子が起きる。いやそこじゃないだろうという気がするのだが、カーネギーホールの客は何を考えていたのだろう。

●アリス・コルトレーン
アリス・コルトレーン『Translinear Light』(2000、2004年)
アリス・コルトレーン『Turiya Sings』(1981年)
アリス・コルトレーン『Universal Consciousness』、『Lord of Lords』(1971、1972年)
アリス・コルトレーン『Huntington Ashram Monastery』、『World Galaxy』(1969、1972年)
「JazzTokyo」のNY特集(2017/7/1)
「JazzTokyo」のNY特集(2017/8/1)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« コモン・オブジェクツ『Skull... | トップ | 武田理沙『Pandora』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アヴァンギャルド・ジャズ」カテゴリの最新記事