Sightsong

自縄自縛日記

ウィリアム・パーカーのカーティス・メイフィールド集

2010-05-23 22:25:04 | アヴァンギャルド・ジャズ

チャールズ・ゲイルやセシル・テイラーと共演する強面ベーシスト、ウィリアム・パーカーが、カーティス・メイフィールドの音楽を演奏した異色盤『The Inside Songs of Curtis Mayfield - Live in Rome』(Rai Trade、2007年)。何だか大変なギャップがある。このふたりをつなぐものはブルースである。ライナーノートにパーカー本人がこう書いている。カーティス・メイフィールドを聴いて育ったし、その音楽は、カウント・ベイシーとも、コールマン・ホーキンスとも、オーネット・コールマンとも、セシル・テイラーとも、ビル・ディクソンとも、ルイ・アームストロングとも別々のものではない。それに、すべてルーツはブルースなんだ、と。

とは言え、メンバーはやはりアヴァンギャルドの強力な布陣である。パーカー(ベース)、ハミッド・ドレイク(ドラムス)、デイヴ・バレル(ピアノ)、ルイス・バーンズ(トランペット)、ダリル・フォスター(サックス)、サビーア・マティーン(サックス)、リーナ・コンクエスト(ヴォーカル)、アミリ・バラカ(ヴォイス、詩)。カーティス・メイフィールドに代わって歌うリーナ・コンクエストのことは知らないが、深い声は悪くない。

コンクエストとドレイクとのデュオによる短い「The Makings of You」に続いて、パーカーの太いベースが「People Get Ready」を奏で始める。これは本当に快感だ。みんなヨルダン行きの汽車に乗ろう、信仰さえあれば切符は要らない、という直接的なプロテスト・ソングである。アミリ・バラカ(かつてのリロイ・ジョーンズ)は、人民、解放、独立といったシンプルな言葉をリズミカルに繰り出してくる。デイヴ・バレルの暴れるピアノ・ソロが良い。続く「Inside Song #1」では、ドレイクのドラム・ソロが聴き物である。

そして最後の2曲、「Think」と「Freddie's Dead」は、映画『SuperFly』のサントラ盤(1972年)から選曲されている。この映画を観る機会はこれまでないのだが、ヤク中の話であり、クエンティン・タランティーノにも影響を与えた作品らしい。すべてカーティス・メイフィールドの手によるサントラ盤が格好いいだけに、ぜひいつか映画も観てみたいものだ。

「Think」はもともとオーボエ、ギター、テナーサックスなどによるブルージーな曲で、ここでも、フォスターのソプラノサックスとマティーンのアルトサックスのソロの雰囲気が素晴らしい。「Freddie's Dead」では、このサックスふたりが、自身の位置を確認するかのように、ジョン・コルトレーンの「至上の愛」を引用したりもする面白さがある。

ところで、有名曲「People Get Ready」だが、ジャズで他に誰か演っていないかと思って探すと、2枚見つかった。リトル・ジミー・スコット『Heaven』(Warner Bros.、1996年)では、ジャッキー・テラソンの器用なピアノに気持ち良く乗って、独特の中性的な声でゆっくりと歌っている。また、リューベン・ウィルソン+バーナード・パーディ+グラント・グリーンJr.『The Godfathers of Groove』(18th & Vine、2006年)では、親父譲りの太く艶があるグラント・グリーンJr.のギターソロがとても良い。みんなカーティス・メイフィールドを演奏したり歌ったりするなんて当然のことなんだろうね。他にもジャズ畑であれば聴いてみたいところだ。


来日時にサインを頂いた

●参照
ブラクストン、グレイヴス、パーカー『Beyond Quantum』
ESPの映像、『INSIDE OUT IN THE OPEN』(ウィリアム・パーカーが語る)
リロイ・ジョーンズ(アミリ・バラカ)『根拠地』 その現代性
ビリー・ハーパーの新作『Blueprints of Jazz』(アミリ・バラカ参加)
サインホ・ナムチラックの映像(ウィリアム・パーカー、ハミッド・ドレイク参加)
ペーター・ブロッツマン(ウィリアム・パーカー、ハミッド・ドレイク参加)
フレッド・アンダーソンの映像『TIMELESS』(ハミッド・ドレイク参加)
イレーネ・シュヴァイツァーの映像(ハミッド・ドレイク参加)
リューベン・ウィルソンにお釣りをもらったこと

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャファール・パナヒ『白い... | トップ | 上海の莫干山路・M50のOFOTO ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (24wacky)
2010-05-23 23:43:38
カーティスのトリビュート・アルバムは持っています、ジャズ畑ではないけれども。

ちょっと日本人には馴染み深くなりえない独自な世界を持った人という気がしています。
Unknown (Sightsong)
2010-05-24 07:37:01
24wackyさん
多くのミュージシャンが歌ったやつですよね。確かにあの歌詞も、別の世界です。

コメントを投稿

アヴァンギャルド・ジャズ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事