ダブログ宣言!

ひとりでするのがブログなら、
ふたりでするのがダブログ。

西郷隆盛の「女子的生活」

2018年01月07日 23時05分38秒 | テレビ
今年はNHKの大河ドラマを見ることに決めている。
西郷隆盛の何がすごいのか、司馬遼太郎の本を読んでもいつも理解できないので、ちょっとテレビドラマを見てみたいと思う。
今年はテレビドラマはこれだけ見ようと思っていたのだが、志尊淳主演の『女子的生活』というドラマが気になったので初回の放送を見た。
女装をする男性が主人公のドラマで(しかも役者も男性が女装する)、NHKは攻めるなあと思って見てみる。
もう少しトランスジェンダーの悲しみのようなものを深く描くのかと思っていたが、初回はそんなにまで踏み込まなかったように思う。このくらいの感じならば最後まで見る必要はないかもしれない。

『西郷どん』は、大河ドラマの初回はいつも子役の活躍が中心なので、あまりおもしろくはない。
司馬遼太郎の小説を読んだ限りでは、島津斉彬は西郷隆盛と大久保利通にいいように使われて倒幕を突き進んでいってしまった印象なので、あまり賢いというイメージはないのだが、渡辺謙が演じているので凄いぞ感があった。このままずっと大物感を出しながら、騙されてしまう感じも出せたらいいと思う。大物でありかつ愚鈍というのはテレビドラマではあまり出せないように思う。
司馬遼太郎の小説では西郷隆盛がなぜ島津斉彬を尊敬しているのかきちんと描かれていなかったように思うので、そこらへんも見ていきたい。
西郷隆盛が刀が持てなくなっていたというようなことは司馬遼太郎は書いていただろうか。単に僕が読み飛ばしていただけかもしれないが、初耳だった。
西郷隆盛が女装して女性の気持ちを理解しようとしたということも司馬遼太郎には書かれていなかったがこれは嘘だろう。

(2018.1.11追記)
島津斉彬と島津久光をごっちゃにしていることに気付く。
ドラマを見ておさらいしたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 角田光代『今日も一日きみを... | トップ | 『湯を沸かすほどの熱い愛』... »

コメントを投稿

テレビ」カテゴリの最新記事