siba's diary

自転車・写真・ビッグスクーターdeキャソプ・山歩き・・・遊ぶことばっかでサーセン(^_^;

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

年末の雪遊び

2010年01月10日 | アウトドア
2009/12/29~31 

ネタが前後するのはご勘弁を

ここんとこ年末か年始は美ヶ原高原で過ごしてきたんだけど、今回は蓼科ピラタスの丘へ行ってきた  ゴンドラもあるし北横岳縞枯山、足を伸ばせば麦草にだって行けるし  最悪スキー場で遊べると思ってました

ところが。。。出発当日の朝になって熱が出てしまった  11月ころからずっと体調がおもわしくなく、治ってはぶり返しの連続  そしてついにこんな年末にまで引きずってしまったわけだ(-_-)  金がからまなきゃキャンセルするとこだがそうもいかない  行くだけ行って、宿で療養でもすっかと出かけたのだった

一旦動き出してしまうとなんとか行けそうだが、やはり宿でのんびりするととたんに熱があがり寝込むハメとなった  せっかくのいい天気だが雪は少なく、そのことを理由に自分を慰めた  夜外に出ると満月?っと思うほどの月が出ていて、月明かりで影ができていた  気温計は-5℃。。。

翌日起きるとやはりダルい  熱も37℃前後であった  朝食後部屋へ戻ると元気が出てきたような錯覚で、今日こそと出かけることにした  宿からゴンドラ乗り場まではずっと上り、スノーシューで進むがやはりきつい  それどころかツレがダウンしてしまった  外で動くことがほとんどなく、貧血気味だという  熱が出ている自分より動けないとは・・・どうしようもない(゜~゜;)   結局ゴンドラ乗り場のレストランで昼食をとり、宿へ戻ることにした  さっき登ったところを下るとき、スノーシューで勢いよく走り降りる  カイカンである(・∀・)  そしてヲレは夕食までベッドで寝てしまう

夕食時、外が雪になっていることに気づく  なんかワクワクしてきた  体調戻らないかな。。。

翌朝は熱も下がり、すっきりとした気分で起きられた  外は銀世界~



宿の玄関から



道路もさっき除雪していたが、このありさまだ



少し歩いてみたが寒いので、ってより早く登りたくて宿に戻って用意した

さて出発~♪



ここをずっと登るんだけど結構キツイんだよね(^_^;



ひたすら登るとキツイけど、景色がよけりゃ和みます



ゴンドラの山麓駅はこんなカンジでガスってた  上なんかスッポリと雲の中。。。  どうなってんだろ?  表示されてる情報だと吹雪いてる?Σ (゜Д゜;)  -12℃( ̄□ ̄;)!!  ちょっと様子見ながらでも・・・  だけど時間ももったいないので、山頂までゴンドラに揺られる

ぐはぁ( ̄□ ̄;)!!   マジで吹雪いてやんの!
これで北横岳はあきらめ、縞枯山荘を目指してみた  途中たくさんの霧氷がきれいだったものの、あまりの吹雪でカメラを出せなかった  スノーシューのおかげで沈むこともなく進めたが、気温も猛烈に低い上この吹雪  さすがにこれ以上行っても戻るのに一苦労は目に見えている。。。  しかたなく引き返すことにした  それにしても寒い、風邪が治ったばかりでこれはやばいか・・・  スノーブーツもたしかー32℃まで対応だったはずだが、足先がしびれてきていた  手袋もかなりゴツイのしていたのに、やっぱり指先が痛かった  ギアは使ってみなけりゃわからんねぇ

これで行動は制限されてしまい、ゴンドラで山麓まで戻る  昼飯を食う・・・  まんまと3日間、ここのレストランにお世話になっちまった'`,、(ノ∀`)'`,、  何やってんだか・・・

たしか前回も雪の北横岳に登れず、またしてもダメだった  ヲレってレベル低~  かたや栗城君はエベレストだっちゅうのにwww

クッソ~今月またどこか行きたいなぁ・・・

いきなり登山

2009年10月12日 | アウトドア
2009/10/10 ( ̄□ ̄;)!!

「これから行きま~す」と朝5:00にメールが入る  そしてその10分後には家まで迎えに来た・・・今週、急に決まった「とりあえず山行ってみっか」を実行に移したのであるw

会社の同僚tiz氏32歳と今日初対面tiz氏の後輩agt氏29歳とのトリオで挑戦じゃ  ってヲレと一回り以上下なのかよっヽ(`Д´)ノ

向かったのは山梨・長野・埼玉のぶつかる微妙な位置、瑞牆山(みずがきさん)である  過去にふもとでキャンプしたことあるが、今思えばキャンプに来ていた人たちってみんな登山者っぽかった  呑気にバイクキャンプしていたのはうちらだけで、早朝からみんないなかったっけなぁ・・・

さすがに早朝だけあり、3連休初日と言えど中央道は空いて・・・ねぇΣ(゜Д゜)  最近の高速¥1000ってこんなに影響あんのかと  しかも八王子を越えたら雨まで降ってきたよ(゜Д゜)アウアウ  このまま雨がひどくなるようなら、どっかのアウトレットでもまわろうかという案まで出だす  しかし須玉で高速を降りるころにはすっかりやみ、「俺こそ晴れ男」を自慢しだす始末であるwww

さて、難なく登山口までたどり着き、準備をしていざ出発!



しかし今回、他人をあてにしまくっての登山となっていた
確認したところ・・・
・3人ともしっかりとした?詳細な地図、コンパスすら持ってきてない
・ヲレは手袋、スパッツを忘れてきた
・台風の後だからピーカンな天気を想像し、ろくな防寒装備はない
・当然ながら登山計画書のことなど誰も頭になかったのである

登山者の風上にもおけない、gdgdなNUL(ヌル)登山であった  まぁ許してくれ、次回からは教訓は生かすつもりだ(うそ)

スタート9:30  ルートはとりあえず富士見平小屋まで行き休憩(予想では50分)  そして天鳥川出合まで30分  そして急登らしいが1時間30分で頂上らしい  休憩入れても3時間30分から4時間で行けそうだ



こんな便利な地図が落ちてたから貼ってみる  違反してたら教えてね  削除するから

それにしても妙な天気ですわ  ところどころ青空も見えてはいるんだが、どっちかっていうとドンヨリドヨドヨっす



傾斜も少ないんで、足取りは軽いtiz氏

  

             傾斜も厳しくなってきたかなぁと思っていたら、あっという間に富士見平小屋に到着                 楽勝ムードの二人である

                              

                                      何かを感じるtiz氏www

霧が出ては晴れ、晴れては曇り・・・の繰り返しだったが・・・

  

新しい風景に出会えば意気高揚し、一気に中間地点となる天鳥川出合に出る  こんなところに勢いよく流れる沢であった  ゴアの登山靴なんで、飛び石する必要もなくジャバジャバ進む  そして小休憩後に天辺へ向け出発!!

しかし、当然ながらここからがきつかった(えっ、ヲレだけ?)

ヲレが昔北斗を名乗っていたころ・・・


名残がまだあったんだなぁ(うそ)



ヲレの名前を言ってみろ~ってかw  しかしこのつっかえ棒は何なんだ?

さてさて、ここからがほんとの登山だった。。。

疲れたので次回へ続く・・・

ピラタスでスノーシュー

2009年03月17日 | アウトドア
2009/3/15 

特に予定のなかった週末  しかも金・土曜日と雨でグズついて・・・  しか~し!ネットで調べると長野は結構雪が降ってるもよう・・・  おまけに日曜から天気はバッチシじゃないかΣ (゜Д゜;) そして色々と調べる・・・  朝一でピラタスの山頂にいるためには・・・当日出発だとバスの接続がないヽ(`Д´)ノウワァァン!!  ならば前日から前乗りって、これから?(´・ω・`)  すでに土曜の16:00過ぎ。。。

高速バスの往復は取れた、宿も取れた(´・ω・`)ん?  行くか?


っで、来ちまいました'`,、('∀`) '`,、  気温もほどよく0℃ ヒィー(((゜Д゜)))ガタガタ  おかげですっかり霧氷ってますがな

今年は雪がないないと、なかなか行動にうつせなかったストレスもぶっ飛ぶほど晴れました∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい

続きはまた明日以降にでも。。。

スノーシューツアー参加

2009年03月08日 | アウトドア
2009/03/07 (水上)

情報を常に見ていたが今年はどこも雪不足。。。  なかなか行動に移せないでいた  別に雪山登山するわけではないので、低山でも雪のあるところを探していた  数年前、たまたま見つけたスノーシューツアーHP  「フォレスト&ウォーター」  うむ、ベタな名前である(^Д^)  思い出して見てみると、この週末に偶然にもツアーがあった(前は毎週じゃなかったかな・・・)  需要が減ったのか、はたまたこの雪不足のせいか・・・

池袋出発でバスで行けて、現地で遊んで帰りは寝てれば池袋に送ってくれる  なんともお手軽ツアーであるヽ(´ー`)ノ

寝てる間に水上に着いてしまい、到着後は着替えてまたバスで移動  ベース基地で荷物を預かってくれるから身軽になれる

着いたのは「雨呼山」  調べるといろんなスノーシューツアーがヒットする  初心者にも安全な場所なのだろう  そうそう、装備はすべてレンタル可能  スノーシューとストックはもちろん、スノーブーツにジャケット・パンツまで  ヾ( ̄_ ̄) おいおい


水上に着いてからずっと雪が降ってて眺望はイマイチながら、そこは雪景色ヽ(´ー`)ノ  どうせコンデジなのでどうでもいい


同じような景色になってしまった(^_^;  ほんとは霧氷が見たいし写真に収めたいけど、まったく今年はどうしようもない・・・

途中途中でガイドさんがいろいろレクチャー  そしてこんなもんを見つける・・・

まぎれもなく熊の爪あとだ  どうやらこの木の上に熊棚があるらしく、いろいろと説明を聞いた(写真撮り忘れた)  先日本で読んだとおり熊は木に登り枝を折ってはその実を食べ、食べ終わった枝をお尻の下にひくらしい・・・

なんだかあっという間に頂上に着き、下りは足跡のないほうを歩いたりしてみた  ここでガイドさんが持参したソリで下る予定だったようだが、パフパフの新雪などなく・・・尻セードとなる( ^∀^)  すでに過去何人もやったような跡が残っており、参加者みんなで次々滑り降りる  傾斜も急だし距離あるし、少々の恐怖感もあるがやってみると楽しい  中には勢いあまってエアを決める人まで( ^∀^)  雪まみれになるほどの新雪があればいうことないけど、これもありだね  はまりそうな面白さだったヽ(´ー`)ノ

最後はここぞとばかりに急登!


時間制限がある日帰りではちょっと物足りないですね  朝から写真撮って・歩いて・登って・飯食って・滑って・雪上キャンプまでしたいですなぁ  そこまでの経験と技術&体力を来年までには作りたい!!

でも今年の目標は「待ってろよ、赤岳!」だったっけな(^_^;

追加・・・
今回お世話になったフォレスト&ウォーター、スノーシューだけじゃないっす

新年雪遊び2日目-2

2009年02月05日 | アウトドア
王ヶ頭ホテルを出ると、せっかく上ったのに下るハメとなる  次の目標は王ヶ鼻(おうがはな)  標高は2,008mΣ (゜Д゜;)  そうだった、去年は2008年だったから訪れる人が多かったってコレか・・・

途中何度も視界に入る富士山


ず、ずい~っとズームしてみる

手前の枝が邪魔したが、見れんこともないだろう

あっさり到着


お地蔵さん達はみな西向き?

たしかにここからの夕日は最高だからね♪

それにしても雪がねぇなぁ  これじゃ氷河も溶けるわな  いったいいつまで持つんだろ、この地球って。。。


一面銀世界って思ってたのになぁ・・・

散々この景色を楽しんでいたら、いつの間にか夕暮れ・・・

でも雲が隠しちゃってるよ・・・(-_-)


そろそろ戻らないとまた暗くなっちゃうやね  来期にでもまた来るか

帰り道、振り向くと夕闇に電波塔がまるで要塞のようだ


晩飯はまたすごいご馳走でした  ほぼ貸切のホテルでお風呂も貸切~♪

次はどこ行くかな( ̄ー ̄)ニヤリ
コメント (2)

新年雪遊び2日目-1

2009年02月01日 | アウトドア
2009/01/04 

明日から仕事の人が多いのだろう、みんな帰ってしまったΣ(゜Д゜;≡;゜д゜)  新規で来る客もおらず、今日明日はうちらだけだ。。。(⌒-⌒;)

今日はのんびり王ヶ頭電波塔まで行ってみようと思う  もちろんスノーシューなどなし!



鐘の後ろには北アルプスがきれいに見えていた







ここは四方に見渡しがきくので、東西南北・ズームで撮りまくってみたり  そんな中、噴煙をあげているのはやはり浅間山


ちょっとブレてしまったが、ズームで十分に見えました

そんなこんなで電波塔までたどり着く


電波塔自体は近くで見ると・・・  人工的過ぎて撮る気がしなかった(^_^;  八ヶ岳をバックに  右端に富士山が見える

電波塔のすぐ横は王ヶ頭という、この美ヶ原で一番標高の高い所である(2,034M)  そしてそこには王ヶ頭ホテルがあり、立ち寄りでコーヒーブレイク  ちょっと休憩。。。

続く。。。

新年雪遊び1日目

2009年02月01日 | アウトドア
2009/01/03 

この正月休みも去年同様、美ヶ原高原へやってきた

下諏訪の駅まで車で迎えに来てもらうのだが、今年は雪があるのか・・・  去年は車が進むにつれどんどん雪が見れたのに、今年はまったくない?  いやいやありました(^_^;  うまいことにこの美ヶ原高原だけが雪国となっていた  登るビーナスラインにはまったく雪がないのに  撒いた?(^_^;

宿で昼食をとり、部屋でゆっくりしてから外に出ようと思った。。。気づくとこたつでうたたね(^_^;  TV見てたらまたうとうと。。。

夕日を眺めに外へ出る(って夕方じゃねぇか)


サラサラの雪がありましたよ

実は日は落ちていたりしてwww


呆然と仁王立ち  じゃなくて、美しい景色に見入っているのですねヽ(´ー`)ノ

せっかく自前のスノーシューでやって来たが、壷足になることもないので脱いでしまった  右前方に見える美しの鐘まで行ってみる


たしか去年は吹雪いてて周りの景色なんて見えなかったってぇのに

さらに向こうに見える電波塔まで行けば、きっとすばらしい景色が待っていそうなんだけど  すでに周りはくらくなりつつあり、もちろん街灯などなく・・・

宿に戻るとすぐに晩御飯  去年同様すごいもてなし
鍋には日本酒だね( ´∀`)σ)∀`)

紅葉・ツーリング・登山(3日目/北横岳編)

2008年11月26日 | アウトドア
お恥ずかしい・・・(^_^;  すでに一月以上が経ってしまいました
ただでさえPCに向かうことが減ったのに、PC買い替えで今まで使っていたソフトと違ったり  さらにモニターの調整にえらく時間がかかってしまった  今も正しく調整されているかは謎・・・

2008/10/12(日)

ロッジモーティブを後にし、すぐ裏のロープウェー乗り場へ向かう  すでに1771mである


なんとここは紅葉がすごかった  ちょうど1500m~2000mの間なのね  さっそくロープウェーに乗り込む!

ロープウェーから見えた紅葉とその向こうの山々

山頂駅はなんと2237m!!!  ここでも十分高いんだが・・・  北横岳を目指しますか。。。

目の前の溶岩台地である坪庭を抜け、いよいよ本格的な登りである

踏込みましょう♪  ええ、行ってやりますとも

少々登って振り返ると、今いた山頂駅があんなに小さく・・・


いやいやもっと小さく・・・


展望がなかなか開けなかったが


おっ!、ちょっと一息入れる

これ実は結構高いとこに座ってるんです  もちろん向こうは崖っす

さて目標はまだまだ・・・

どんどん登りましょう

しかしすれ違う人は多いんだが若い人は全然いないんだねぇ  中高年者ばかりでしたわ  まぁ自分もそうだったけど、若いうちから自然だエコだなんてそっちのほうがよっぽど不自然だわな

さて、一時間も歩いたでしょうか  賑わいを見せている北横岳ヒュッテの前に出る

みんな思い思いの弁当を食べている  自分たちは夕べのおつまみの残りくらいしかなく、周りの人たちをうらやんだ・・・orz

しかしここはまだ頂上ではない  あと少しだということでがんばりましたYO


なんだか急に険しかったが、もう少しです

時間はそんなにかからず南峰へ出る



風が強くて寒かったけど、なんて清々しいのだろうか  景色も想像していたより素晴らしかった  なんだか写真撮るの忘れてたな  少しの間見入ってしまった

そして今度は北峰目指す!  こっちも時間はかからず  少し休んでヒュッテまで戻った  そしてすぐ下にある七つ池へ

静かだ・・・  静かだ・・・
いやほんと静かなんです

それにしても天気に恵まれたおかげで、ノンビリ下山できました  腹がペコペコだったんでふもとのロープウェー駅で食事  まるで高速のSAのようになんでもある  そしてすぐ外にはこんな紅葉も見えてる


いい2泊3日の旅でした

紅葉・ツーリング・登山(2日目/高見石編)

2008年10月23日 | アウトドア
白駒荘を後にして、引き返す途中の分岐点  最初に左折したところだ  今ここで左折すると、高見石まで50分だそうだ  行ってみるか?

こっちはさっきまでとは違い、少々険しそうだが・・・  きつかったら戻りゃいいかと行ってみることにした

どうも展望は望めそうにない  モクモクと登るはめになる

むき出しの岩があったり、雨でぐちゃぐちゃにぬかるんでいたりとまさに自然のままだね


急な登りは最初だけで、後は比較的緩やか  ここまで来るとスニーカーじゃきびしそうだな・・・

そろそろ一時間かなと思ったところに高見石ヒュッテが出現  結構人もいてにぎわっていた  あれ?展望は?と思ったら・・・

ヲイヲイ、みんな岩場を登ってるよ(・∇・ )エ?

こりゃヲレも行くしかないと思って登りだす  結構な年配者までいて驚きだ

そしてそこには・・・

キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!!


さっきまでいた白駒池が眼下に見える  これで天辺なのか  風が強くて立ち上がると怖かったが、なんともこの達成感がまたいいね


ヨッシャ!2249mとったり!m9(・∀・)ビシッ!! 

この後ヒュッテで軽い食事とコーヒーで休憩  下山?したw  下りはあっちゅう間だったよw

宿には早くに着きすぎて、ビーナスを少し走った  途中あまりにきれいな紅葉スポットがあり、思わず留まって眺めていた


走らないツーリングはいいなぁ  今までなんであんなに走ってたんだろう・・・  バイクにあまり乗れなくなってから、だんだん自分が目指す物が見えてきたかな  年間20,000kmとか、今思うと信じられない  どれだけ無駄に走っちゃったんだろうか、もったいない  その道端にはいろんなものがあったろうに・・・

紅葉・ツーリング・登山(2日目/白駒池編)

2008年10月23日 | アウトドア
2008/10/11(土) から

山の天気はわけわかめ。。。  夕べ月がきれいだと思っていたが、その後から雨に変わった模様  せっかくの早起きも無駄になるか・・・


他のライダー達は出発を午後にずらしていたが、この程度は予想していたのでカッパ着て出かけることにした  出発すると雨というより霧か・・・  視界は悪いがそんなに濡れることもなく、白駒池の駐車場に着く  靴ヒモを締めなおし、持てる荷物を持って出発~♪


う~む、着込むとますますピザであるwww

時期が時期だけに遊歩道は結構混雑していた  中にはやはり普通の革靴(ビジネス?)のオサーンまでいる始末  知らんぞ(;一一) じ~っ


森の中はコケ天国w  天気がこんなだからシットリしていて見事だろ  神秘的だよなぁ(ヲレの写真じゃぜんぜん神秘的ではないな。。。orz)


コレってよく水槽の中で見るヤツに似てね?

さて、しばし歩いて分岐点  左折して青苔荘方面へ向かう  時計回りに白駒池を一周しようと思う  すぐに青苔荘が見え、その向こうが池になっているのがわかった


池の周りは紅葉が進んでいた  いいポジションでと思ったが、そういうとこには人がイパーイ(゜∀゜;)

  

  

さてどんどん進もう!


滑りそうなんだが、実は全然すべらなかった  靴のせいでもあるんだが  もっとゼィゼィハァハァかと思ったけど、止まってはシャッターを切っていたので汗だくとは無関係ですた( ̄▽ ̄)

  

  

気が付くともう池の反対側まで来ていた  さっきアソコにいたのね


もう一つの山小屋である白駒荘が見えてきた

とりあえずあそこで休もう・・・  腹も減ったし


だんごときのこ汁をいただいた  動かなくなると結構冷え込むので、暖かいものはありがたい

さて、宿に戻るには早いな・・・( ̄∀ ̄*)ニヤリッ