小暮満寿雄 Art Blog

ダジャレbotと間違われますが、本職は赤坂在住の画家です。作品の他お相撲、食やポリティカルな話も多し。右翼ではありません

琉球曰く、「薩摩にやられた!」

2011-12-08 10:18:39 | Weblog
一川防衛大臣の更迭問題、一昨日あたりまで聞くに耐えない大騒ぎでしたが、
意外に早く下火になりました。

もとはといえば、沖縄防衛局長のこの発言が発端でした。

論外な発言ですが、イエロー2枚でレッドカードみたいな、
それまでの一川大臣の発言に加算されて辞任問題に発展した感じでしょうね。
野田さんが「辞任の必要なし」と言ったのはやむを得ないと思いますが、
それ以前に、防衛に暗い人を大臣にしたこと自体が問題だったと思います。
(はじめから任命するなって話)。


それにしても、いつも沖縄問題で思うのは、現実的に基地が移転できるかって話ですね。
沖縄の人には申しわけないけど、沖縄があの場所にある以上、地政学的に基地の移転はありえません。

地図を見てもわかるように、中国、朝鮮半島、台湾、ロシアといった地域に囲まれ、
諸外国からは火薬庫と呼ばれてる東アジア地区・・・そのへそにあたるブブンに沖縄は位置しています。
(ルーピーのグアム移転発言など論外)。


でも、沖縄の人は歴史的に中央を信用してないんだよね。
当然だけどさ。



沖縄の人がよく言う言葉に「薩摩にやられた」というのがあるそうです。
いや、ホントに薩摩にやられたんですね。

400年あまりの薩摩による実質支配から、廃藩置県の際の琉球処分
そして戦時中は日本政府の捨て駒になって激戦区となり、
戦後から1972年までは米国に統治されていたのは周知の事実です。

私の年齢だと、沖縄返還を覚えてますから、
ホントに最近まで別の国だったわけで、辛酸な歴史を嘗めてきたわけです。
(丁度、沖縄はイタリアで言うシチリア島みたいなものかな)。


沖縄の歴史は、朝廷や幕府を中心とする日本の歴史とは別物で、
どうしても中央に対する不信感が強くなるのは仕方ないこと。

それでも、あの場所にある以上、基地の移転はできません。
基地がなくなれば、琉球処分の時に清国が攻めてきたのと同じことが起こるからです。


彼の大国は、今でも「沖縄はわが国の領土」と主張してるくらいですからね。

かりに沖縄がブータンのように(ブータンよりはるかに大きいけど)小国として独立しようとも、
米軍の移転はありえない。


とはいえ、それが基地にいる米兵の暴行を容認できるものではありません。
だからこそ、沖縄防衛局長の発言が問題になるわけで・・・。

ともかくも基地があるのを前提に話を進めないと、話が立ち行かなくなるのに、
なんで移転問題が出てくるのか。
あの鳩山発言が悔やまれるところです。
(聞いたとたん、ハットした・・なんて、シャレにならんけど、ウフッ♪)


写真は沖縄を攻めた薩摩は黒豚料理のお店、黒福多鹿児島本店のロースカツ。
沖縄の人にはスミマセンが、はっきり言って絶品です。

こちらは赤坂みすじ通りにも支店があります。
7丁目から3丁目に移転したそうですが、かなりの板前が庖丁を握っているとのこと。
まずはランチで薩摩を攻めに行くかな♪

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 神田橋先生の最新療法 | トップ | 柔道の内柴事件~ホンネと建て前 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
植民地沖縄 (すぎ)
2011-12-08 11:21:07
琉球王国は結局薩摩に占領され、大日本帝国に台湾、朝鮮、満州などと同じく植民地化されたと考えるのが妥当です。

県民気質の長い物に巻かれろ。
すなわち「なんくるないさー」ですべてが片付けられる皆さんには恐れ入ります。
好い意味でも使われる事が多く、失業の私もそう言われ励まされました。

話を戻せば、ペリーが数回寄港しておりそのホスピタリティを文書に残しています。
その時アメリカの従属国になっていれば少しは豊かになっていたかも知れません。
しかしすでに琉球を独立国と認めていました。
薩摩の事実上配下に置かれても琉球王は存在していましたが、なぜか最後から何代か前の王の墓は江戸にあります。

現在沖縄県は「沖縄21世紀ビジョン」として、現在主産業の観光の誘客を本土ではなく中国へシフトしたり、経済特区を利用した物流基地にする事など、日本の沖縄ではなくアジアの沖縄を目指し、脱本土化を思わせる政策を行っていきます。

以前沖縄独立国化を話したりメルマガに書きましたが、沖縄の人達なら日本から脱離しても十分一国として成り立つと思います。
これまで本土にすがっていた、悪い意味での「なんくるないさー」では生きていけなくなりますから。

そんな沖縄は好きなのでつい行ってしまうんですよね。




なんくるないさー (マスオさん)
2011-12-09 08:44:09
すぎさん、おはようございます!

色々書きこみありがとうございます。
さすがに沖縄に何度もいってらっしゃるだけあって詳しいですな。

侵略慣れ、征服慣れしてる地域は、それが民族性に反映されますが、その出方はさまざまです。
沖縄の場合、開き直っちゃったんでしょうね。

この他力本願的な好い加減さは、
もともと日本の領土ではなかったとはいえ、意外に日本人的だと思います。

私は好きですよ。
「なんくるないさー」って言葉。
自分じゃ使わないけどね。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事