Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

蚊帳の釣手

2011年11月22日 20時30分56秒 | 俳句・短歌・詩等関連
昨日掲載した俳句から
・ふと揺れる蚊帳の釣手や今朝の秋(夏目漱石、1910(明治43)年)

 私はひょっとしたら蚊帳を経験した最後の世代かもしれない。あの緑色の網目と例えようがない黴とも違う独特の匂い、そして鴨居にかけるふしぎな形の今の言葉で言うとフック、すべてが懐かしい。そして中に入って見上げるとそのフックも見にくく緑色がかった襖の模様や欄間が思い出される。
 これは漱石が「門」出筆中に悪化した修善寺での胃潰瘍による吐血直前の句であるらしい。吐血後の最初の日記に記された「別るるや夢一筋の天の川」より前の句のようだ。しかし症状は出ていたのであろうと思われる。腹部の不快感が横溢した病臥の句と私は思っている。
 静かに病的な不快感と付き合いながら、蚊帳の上を静かに見上げている漱石が目に浮かぶ。病の予感のうちに、静かに見上げているからこそ、ふと揺れる、微かな動きに気持ちが反応するのである。気持ちが揺らいでいたり落ち着きがなければ、必ず見逃す動きをきちっと受け止めたのだと思う。
 私は蚊帳自体の動きではなく、釣手の動きに着目したことがこの俳句の勝れた点だと感じている。蚊帳の面の動きは微かな風の動きでも目につく。秋と認めた微かな動きが蚊帳の釣手に伝わった、そしてその動きは蚊帳の面よりももっと微かであろう。その視点に私は脱帽である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 漱石俳句集(岩波文庫)から | トップ | 俳句の季重なりについて »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
蚊と蚊帳 (大納言)
2011-11-23 09:40:39
蚊は夏の季語、当然蚊帳も夏の季語ですよね。でもこの句は秋。このへんはどんなふうに解釈されてきたのでしょう。Fsさんはどう読みました?
季重なりについて (Fs)
2011-11-23 10:22:50
私は季感を大切にするように教わりました。普通季重なりを避けますが、この場合「今朝の秋」が句意の中心ですから秋の句です。蚊帳はまだ残る秋の蚊を避けるためと理解しました。あるいは暑苦しい中にかすかな秋の気配を感じたのでしょう。
蚊帳に付属する季感は「従」です。二つの季語か等価であったり、相矛盾する場合は句として分裂しますので避けます。
現代は季語が多数になり、それにとらわれすぎると句ができなくなります。句の季感をしっかり踏まえれば問題ないと思ってます。
歳時記をパラパラとめくると飯田蛇コツの句に「かりかりと残雪を喰み橇をひく」が出てきました。これも残雪(春)と橇(冬)の重なりですが、季感は明らかに春です。
以上です。

コメントを投稿

俳句・短歌・詩等関連」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事