Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

台風一過

2011年09月22日 20時24分16秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 本日は台風一過、朝から富士山と丹沢山塊の全体が見渡せる日和、実にすばらしい景色であった。雪を被っていない富士であるが間近に見えた。雲もなく台風の雨と風が空気中の塵や埃を洗い流してくれたようであった。
 ただし、台風の風雨はかなり塩分を含んでいたようで、ゴーヤ、朝顔などの葉は軒並みもう黄色く枯れていた。このままでは他の広葉樹も被害が出るかなと思っていると、何と昼過ぎに大雨警報と洪水注意報が突如発令された。これで塩分も洗い流されるかと期待をしたのだが‥。
 私の勤めている近辺はほんの少しの小雨でおわってしまった。これでは塩分を洗い流せない。横浜の中心部ではかなり降ったようで、横浜球場のある横浜公園はところどころ水たまりも残っていた。

 さてぎっくり腰が再度痛み出し本日の午後は椅子から立つのも座るのもつらく、帰途は杖がほしくなった。ようやく先ほど帰宅、早速就寝するとしよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊満の月 | トップ | 俳句誌投句 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (三毛猫の子猫)
2011-09-23 00:29:39
山が見える日常、良いですね。
東京に戻り、山を見る機会がなくなると、殊更そう思います。

腰痛、昨日の疲れが出たのでしょうか。
明日からは、またまた三連休。
ゆっくりお休みになれますように…。
少し無理をしたかも (Fs)
2011-09-23 18:39:29
昨日の夜と今朝は痛み止めと筋肉の強張りを弱める薬を服用しました。そのためかどうやら落ち着きました。
ご心配いただき恐縮です。

コメントを投稿

日記風&ささやかな思索・批評」カテゴリの最新記事