Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

鎌倉野菜と氷あずき

2017年09月10日 16時13分34秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
午前中は団地の管理組合の打ち合わせ。お昼から鎌倉駅まで二人で出掛けた。
駅近くの鎌倉野菜の市場で5種類の野菜を購入。サラダ用の茄子、白い茄子、濃い紫色の生で食べられるという獅子唐、チーフリコリー、ジャガイモのインカの目覚めの5種。
夕食にどのような料理となって出てくるか、楽しみにしておこう。
その後、ヲガタという駅前の喫茶店で妻は氷あずき、私はホットコーヒーで一服。ここの氷あずきは氷よりあずきのほうが多い。あずきで覆われた氷である。
店も静かでいい。コーヒーもとても美味しい。

まもなくパソコンが修理を終えて戻ってくる予定。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 本日から読み始めた本 | トップ | パソコンの試運転中 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おおお、いいねえ (通りがかり人)
2017-09-10 17:03:32
実に良い。大変によい。これよりも良いことはそうは無い。鎌倉は混んでたでしょう。それにしてもよろしい。パソも治れば、なんだ、すべて良いではないですか。どうも世の中、と、言うか、国際はよくない方に向かっている。世界があり、氷小豆も食べられるが、やはり平和が大切だよ。世界中がそうあって欲しい。引き続きがんばろう。
通りがかり人様 (Fs)
2017-09-10 20:45:57
世の中どんどんきな臭くなってきます。
「戦後〇〇年」という時間の尺度よりも「戦前△△年」という物差しのほうが現実味を帯びてきたと思いませんか?
戦さはいつ始まったのかはっきりしないうちに私たち巻き込むんでしょうか。
アメリカの大統領を煽れば煽るほど、いったんことが始まれば、日韓両国が燃え始めるのはわかり切っているのですが、日本の三代目はわかっているのかな?
外交音痴は、古代からの日本の政権の得意技のような気がしてなりません。

コメントを投稿

日記風&ささやかな思索・批評」カテゴリの最新記事