Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

便所の清掃

2018年05月16日 22時02分52秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 いつも気になっていることがある。駅や商業施設、公共施設などの公衆便所や、旅館やホテルなどの浴室の清掃はほとんどが女性である。男用の便所、男性用の脱衣所や浴室の清掃も女性がだいたい行っている。
 韓国旅行に行ったときに、日本から同行してきた女性の添乗員が「韓国では基本は男性用の便所は男が、女性用の便所は女が清掃する。それが当たり前ではないか」といっていたのがとても印象に残っている。欧米でもそうだったように記憶している。

 日本では便所の清掃は人の利用を止めずに清掃する。そのために男が小便器を利用している隣りの小便器を女性が清掃している。女性が清掃している小便器の脇で、なんのためらいもなく男性が小便器を利用する。私はこれがどうしても馴染めない。
 ゆとりのある時は清掃中の標示の無い別の場所に変えることにしている。どうしても利用せざるを得ないときでも、隣の小便器を清掃していると、それが女性がしていようが、男性が清掃していようが、利用はしない。小便器の清掃中は囲いのある大便器のところに入って座って用を足すことにしている。それも一声「利用してもいいですか」と最低限声をかけることにしている。用が住んだら「申し訳なかった」と誤ってから出て行く。それが最低限のマナーと思っている。だが現実は「邪魔」とばかりに舌打ちをして待っている利用者もいる。清掃員もまた清掃することを謝罪しながら、平身低頭して清掃している。何とも不思議な光景ではないか。

 こういうのを無くすことから始めなければ「セクハラ」は無くならないのではないかとすら思う。便所掃除は誰もが好きではない。自分の家の便所の掃除すら「主婦の仕事」とされる。便所の清掃は「女がするもの」という観念がなくならない限り、すべての公衆便所の清掃は女性の仕事にいつまでも位置付けられる。
 温泉旅館や最近多くなったスーパー銭湯でも男性用の脱衣場、男性用の浴室もほとんどは女性が清掃し、タオルなどの片づけ、石鹸類の補充などを行っている。

 こんなことをいうと「女性の職場を奪うのか」という議論が出てくる。しかし逆である。男女別々にそれぞれ雇用をすることから構造を変えるしかないと私には思える。逆を考えてみれば不思議なことはすぐにわかる。女性用の便所や脱衣場、浴室の清掃に男性が入って行くことはかなりの抵抗があるはずだ。常に逆になったときの状態を考えることも必要である。そして汚いところの清掃は男も女もそれぞれがするのが当たり前になっていかなければ、日本は世界でも孤立するのではないか。観光立国に逆行している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風に乗ってやってくるもの | トップ | 川瀬巴水「小樽の波止場」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記風&ささやかな思索・批評」カテゴリの最新記事