Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

節目

2011年11月19日 17時43分19秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 本日は生暖かい強い風に雨も激しい天気。今も風が大きな音をたてている。神奈川県の西部は大雨警報とのこと。ここ横浜も大雨注意報がでている。

 昨日は私の所属する労働組合の支部の大会があり、私の支部長としての仕事も終わり、退任となった。組合役員となって丸34年、組合分裂再建後支部三役となって21年、支部長は6年経験した。後4ヶ月半で定年となる前の大きな節目を過ぎた。
 特に組合分裂後、少数派ながら100余名の組合員の人の輪、力を最大限発揮し、800号を超える機関紙を点在する19職場で毎回1000枚以上を撒いたのは、私の人生に取ってはかけがえのない宝物である。号外も入れれば100万枚以上を撒いたことになる。協力してくれた方々の名前と顔が懐かしい。
 少数派ながら明るく楽しく元気良く、多数派のごとくオピニオンリーダーとして振る舞う、これを私は訴えた。組合員は異動や退職で入れ替わりがあったがそのたびに新しい力が加わった。一人一人の顔が見える労働組合活動を実践して良かったと心から思う。どんなときも当該となる組合員一人一人の顔を思い浮かべながら方針を考え、交渉に臨んだりしてきた。意に添えなかったこともあるが、労使双方に私の思いは通じたと信じている。
 解決していない課題など心残りはあるが、退任した者がシャシャリ出て行くのは決して良くない。あとはすべて任せきることだ。
 頂戴した花束はバラとダリアの組み合わせ。私の部屋が明るく輝いている。
ジャンル:
モブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 仙台市復興計画案 | トップ | 俳句誌投句 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大きな肩の荷をおろしましたね (三毛猫の子猫)
2011-11-19 21:03:20
節を曲げないこと、長く続けること…どちらも、語るは易く行うは難しいものです。
長い間、お疲れ様でした<(_ _)>
ありがとうございます (Fs)
2011-11-19 21:49:51
おっしゃるとおり肩の荷がおりた感じです。これで他の執行委員から毎日携帯にかかって来た電話・メールが激減します。ホッとすると同時にさびしさも感じます。
ゆっくりして下さい (大納言)
2011-11-20 01:04:37
Fsさんの活躍ぶりは仄聞するのみですが、大組織を1つのしなやかな理念によってひっぱってこられた。ともあれ後輩に後を託した以上、ゆっくりのんびり養生なさって下さい。あんまりのんびりしてボケたりするのは困りますがね。
ゆっくりのんびりとします (Fs)
2011-11-20 10:20:45
ボケない程度に。硬直した理念と競合してきたので、それを反面教師として柔軟にしなやかに対処してきました。それが受け継がれることを祈っています。

コメントを投稿

日記風&ささやかな思索・批評」カテゴリの最新記事