株価純資産倍率・PBR

 次は「株価純資産倍率」です。

 株価純資産倍率は、Price Book-Value Ratio の頭文字をとって PBR といいます。

 PBRは企業の純資産に対して株価が何倍に買われているかを示す指標です。

 計算式を見て頂ければ分かりますが、

 株価 ÷ 1株当たりの純資産 = 〇〇倍 です。

 もしこの企業が解散して、資産を株主に配分するようなった場合、

 株主は1株当たりいくらの資産を受け取ることができるか、と同じ意味を持ちますので、

 PBRは「今の株価は企業の解散価値の何倍になっているか」と同じということができます。

 したがって、PBRが1倍以下のときは、

 株価は解散価値より安いのですから、

 今の株価は割安だ、ということになります。

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

PER、どうやって調べる?

 株価収益率(PER)のことは分かったが、どうやって調べるのか、ですね。

 その前に「1株当たりの利益」の計算は:

 当期(来期)予想利益 ÷ 発行済み株式数 です。

 PERは、その値と株価との関係なのですが、

 自分で計算するのは面倒。たしかにそうです。

 とすれば、やはりインターネットで調べるのがベストです。

 直近の株価でちゃんとPERの計算をしてくれて、

 しかも高い順、低い順、になどランキングまでしてくれていますから。

 例1、日経電子版を開いて

 マーケット → ランキング → 予想株価収益率(PER)低位ランキング へすすみ、

 あとは 市場 を選べばいいです。

 例2、YAHOO Financeのページで、

 株式 → 株式ランキング → マーケット関連ランキング → 低PER で、

 市場を選択すればいいのです。

 便利ですね。

 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

株価収益率(PER)について

 同じ業種の企業A社とB社でも株価は異なりますね。

 その場合の基本的な違いの一つに、それぞれの会社があげている「利益の差」があるのは当然です。

 また、利益の額だけでなく、会社の規模(資本の額など)によっても違いますね。

 そこでモノサシのひとつに、株価収益率があります。

 株価収益率はPrice Earnings Ratioの頭文字をとってPERとも言われます。

 PERは一株当たりの利益に対して、株価が何倍に買われているかをみるので、

 株価 ÷ 1株当たりの利益 = 〇〇倍 と計算されます。

 株式投資は企業の将来性を買うのですから、

 この計算で用いる利益は、次の期の予想税引利益を使います。

 同じ業種の企業同士やよく似た経営内容の企業同士の株価の比較に使ったり、

 市場全体との比較に使ったり、

 とてもよく使われる指標・モノサシです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

配当利回りを理解しよう

 「配当利回り」なんて簡単、簡単と思わないで、

 しっかり理解しておきましょう。

 ある企業が配当金をだしていて、その企業の株を買ったとき、配当利回りは、

 (年間配当金 ÷ 株式購入額)× 100 = 〇〇% ですね。

 ◎まず年間配当金ですが、最近は四半期で配当金を出している企業もありますし、

 その年の配当金は「記念配当金」だったり、

 今年は業績が悪くて特別少なかったり、

 増配余地のある配当金だったりとか、いろいろの状況を知っておくことです。

 ◎また「利回り」は1年間持っていたときであって、

 決算月の月末に買って、すぐ売ってしまったら利回りは大きく変わります。

 また、その株を買った時と、売った時の株価が変われば利回りは変わります。

 ◎さらに、株主優待は配当利回りの計算外ですね。

 ・・・・・

 「株価は企業業績を反映する」するという原則の上にたって、

 「配当金」も見つめなければなりません。

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

株価をみるモノサシ

 株価はいろいろな背景のもとで、最終的には:

 売り手と買い手の値段が折り合ったところ(需給関係)できまるのです。

 とは言いながら、

 ある株は500円、ある株は700円、またある株は1000円と、

 全ての株の値段の折り合うところは違いますね。

 何故か?とても一言で言えない背景があるからですが、

 私たちがある株を買う場合に、簡単に?使えるモノサシがあると便利です。

 そこで株を評価するときに使われるモノサシを見ていきたいと思います。

 いちばん分かりやすいのは「配当利回り」ですが、

 それらについて明日から:
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

株価の決まり方・補足

 株の売買は証券取引所で行っている、のでしたね。

 現在、東京証券取引所では、午前は9時から11時半まで、

 午後は0時半から3時まで行っていて、これを立会時間と言います。

 この立会時間中に出した株の注文について、

 ◎時間優先の原則があるわけです。

 したがって、午前9時前にだした注文はすべて同一時間に出された注文とみなされ、時間優先とはなりません。(午前11時半~午後0時半の注文も同様です。)

 もうひとつ、

 注文の出し方には「指値」と「成行」があることを先日書きましたね。

 この「成行」というのは「いくらでもよい」という意思表示です。

 ◎したがって、「成行」注文は価格優先のトップにきます。

 以上2点補足しておきます。

 

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

株価はどのように決まるのか

 株式は、証券取引所に寄せられた「売り注文」と「買い注文」がぶつかって決まるのですが、

 その場合二つの原則があります。

 ◎ひとつは、「価格優先」です。

 買う人がほかの人より「より高く買う」、売る人がほかの人より「より安く売る」場合を優先的にします。

 例えば、いま1000円している株を1000円で買いたいとする人の注文より、

 1010円で買う人の注文を優先するということです。

 (売りの場合は逆ですね。)

 ◎もう一つは、「時間優先」です。

 取引所に寄せられる注文は、同じ値段の注文がたくさんありますが、

 その場合には、時間的に早いものを優先します。

 この二つの原則に則って、

 全国から寄せられる多くの注文をコンピューターが瞬時にさばくのですね。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

目先の株価は下げすぎ?

 「株価の決まり方」は明日書くことにしまして、

 テクニカル面で目先の株価がちょっと下げすぎではないかということについて書いておきます。

 ◎日経平均株価の25日移動平均線に対しての日々線のかい離が下に離れてきています。

 先日“移動平均株価”のところでも説明しましたが、

 このかい離率が5%離れると、プラスのときは過熱、マイナスのときは下げすぎという経験則があるのですが、

 先週水曜日・9日からマイナス5%台にのせてきており、11日現在マイナス5.32%となっています。

 ◎騰落レシオについては、“120%を超えると過熱”“60%台になると下げすぎ”が経験則ですが、

 これも9日は65.97%、10日は68.17%、11日は66.54%となっています。

 欧州の財務問題など、不安材料を感じているのですが、

 「株価の位置」としては「ちょっと下げすぎ」があらわれています。

 

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

株の名義書き換えは?

 株を持つ楽しみは、値上がりのほかに配当金や株主優待を受けることなどがあります。

 そのためには、買った株を自分の名義にしなければなりません。

 以前は「買った株の名義を書き換えて、その会社の株主名簿に名前を記載してもらう」必要がありましたが、

 株券が電子化された現在、その必要はありません。

 証券会社に開設した口座の名前で、全部送られてきます。

 名義書き換えの失念もないし、手続きの煩わしさもなく、便利ではありますが、

 多くの株数を買って、複数の家族名義にするようなときは不便?

 そのような時は、取引証券会社によって対応が異なりますので、

 相談する必要があります。

 次回は株価の決まり方を見ていきます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

株買い付けの補足説明

 株を買った場合(売った場合も同様ですが)、

 ◎代金の「受け渡し」を行います。

 通常の株の受け渡しは4日目となっています。たとえば、

 月曜日に買えば木曜日、火曜日に買えば金曜日・・・にお金を支払います。

 先日、口座開設の時に代金(含む手数料等)を入れる、と書きましたが、

 これは「初めての取引の時は概算金をいれる」ことが求められるのです。

 ◎ところで、手数料はいくらかというと、

 証券会社によって違うのです。

 また、ひとつの証券会社でも、電話注文の場合、インターネット注文の場合で異なるとか、

 もちろん買い付け金額の大小によっても異なります。

 証券会社によっては「定額制」をとっているところもあり、

 何回、何万株取引しても「月額〇万円」などとしていたり・・・・

 いろいろですので、口座開設証券会社選びの時に調べる必要もあり、ですね。

 ◎銘柄コードを知っておくこと、についても触れましたが、これは、

 電話などの場合、発音が似ているものがあり、例えば「日精鉱」「日精工」「日製鋼」などどれを指しているか分かりにくいことがあります。

 続きはまた。

 

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ 次ページ »