重陽の節句

 今日、九月九日は重陽に節句、菊の節句ですね。

 昔は旧暦で数えたのでちょうど菊の花盛りでした。

 平安時代には菊は「翁草(おきなぐさ)」「千代見草(ちよみぐさ)」「齢草(よわいぐさ)」

 などと言われ、重陽の節句には観菊の酒宴・盃に菊の花びらを浮かべて飲んだり、

 詩歌を詠み合ったりと雅に過ごしたそうです。

 また、さらに昔には収穫祭の意味合いの濃い行事で、

 栗の節句と呼ばれて、栗ご飯などで祝い、感謝を捧げた

 とも言われている由です。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« NPO法人証券学... NPO法人証券学... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。