買い残評価損益率の見方(1)

 現物取引にしても、信用取引にしても、株式を数銘柄買った場合、

 通常、値上がりしたものから売却しますね。

 特に、信用取引の場合は、「金利のつく」「返済期限のある」取引ですから、

 「短期」で売却されます。

 値上がりしたものから売っていきますから、

 ある時点をとらえて決済されていない建て株を見ますと、

 評価は損になっているのが普通です。

 続きはまた。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 信用取引買い... 買い残評価損... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。