買い残評価損益率の見方(2)

 過去の経験則からしますと、

 買い残評価損益率がプラスになる(或いは0に近づく)と、

 相場は過熱感が強く、その後反落する転機に来ているとされ、

 逆にマイナス20%程度になると、相場は下げすぎであり、

 反転する転換点にきている、とされています。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 買い残評価損... 堅調相場に個... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。