堅調相場に個人の悲鳴

 「堅調相場に個人の悲鳴」・・・今朝の日経紙18面左側の見出しです。

 昨日まで3日間日経平均株価は上げましたが、それに一役買っているのが、

 個人の「信用取引売り方の買い戻し」であると。

 相場が下がるとみて信用取引で売っていた個人が、

 じり高相場で買い戻しを迫られる「踏み上げ」が増えていることを書いています。

 信用取引は「買ってから売る」ことの反対、「売ってから買い戻す」ことをする

 投資家が多いのですね。

 ところが、思惑に反して「下がらない」のみならず、

 「上げて」しまうことがあり、「期限がきた」「担保力が不足した」などのため、

 買い戻して「売り建て株」を解消することを「踏み上げ」と言っています。

 最近の相場にそのような現象がある由です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 買い残評価損... わくわく「父... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。