NPO法人証券学習協会(10)

  この本・「証券の基礎学習」は、

 私が執筆者の筆頭にあるから言うわけではありませんが、今でも使えますし、

 使っているのです。例えば、アメリカ株との連動については、60ページに、

 「海外市場の影響」として

 ”日本の株式市場は、米国株式市場が大幅に下げるときに連動しやすい”と、

 要約して書いてありますので、この内容を根幹に、自分で色付けできます。

 また、私が折に触れて、”日本の株式市場の出来高が少ない時”の影響・問題点を

 書くときの参考に(97ページ)しています。

 まさに「座右の〇〇」?

 続きはまた。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )