検査と数値がわかる事典

 これまでにも数多くの検査をしてきました。

 でも、血液検査や尿検査などでは、基準値を大きく外れたときとか、

 医者から注意を受けたときなど以外では、あまり結果を気にすることはありませんでした。

 しかし、最近は知らない、わからないでは、いけないことが多くなりました。

 そこで、しろうと向きに解説した「検査と数値がわかる事典」という本を買いました。

 検査結果をあまり気にするのはよくありませんが、

 知らなすぎるのも良くないと、

 ・・・・・

 でもあまり見ません。(笑)

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )