はんなり梅御殿@フードフェスティバル2018

11月23日、三島フードフェスティバル内のイベントとして
今年も楽寿園で「はんなり梅御殿」開催しました!
各ブースの様子をご紹介。
まずは「はんなり梅御殿」主催の私たち「はんなりキモノ」チームの投扇興ブース。

こんな感じで扇子を的に当てるというお座敷遊び。

写真で見ると、距離はとても近いのですが当てるのは難しい。
上手に当てた方は記念撮影。
当たった的と扇子の位置などによって、得点が変ります。

ブースの看板娘のスタッフも。


梅御殿は普段開放していないため、「今日はイベントやってるよ~~」という
お知らせを兼ねて、「修善寺 手焼堂」さんが入り口前で出店。

炭火焼きのお煎餅やお団子が大人気。

そして門をくぐると、わたあめ屋の「お空とくもさん」ブースも行列。
好きな色を選べるカラフルわたあめに、
オプションでパチパチはじけるキャンディーもトッピングできたりして楽しい~~♪


梅御殿の中に入ると、三島野菜を使った和食の「風土」ブースには
子ども店長のゲームコーナーも。


お向かいでは「ばあばの手作りや」。
ひとつひとつ手作りした、着物をリメイクした洋服や小物。
帯のポーチ、ステキだったなー。


2階へ上がって「ボディーチッタ」のブースではバリやタイなどの雑貨。
現地で買い付けた選ばれしモノたちがたくさんの楽しい品揃え。


「乙女印刷」は一枚一枚、手刷りの活版印刷の紙雑貨を販売。
なんという尊い紙雑貨であろうか。デザインもオリジナルなのよ!!
ステキすぎる。アンティーク着物&袴姿の店長さんもカッコイイ&ステキ。
キリッとして宝塚みたい。

そんな乙女印刷さんの立ち姿と、「軽野造船所」さん。

私も5枚くらい持ってる歴史Tシャツは完全オリジナル。
カッコイイので、お土産にも良いと思う!!!!!
イベントやネットで販売してるそーですよ。

「守護石鑑定MAHO」では、迷えるアナタの背中を押してくれます。

「ボディージュエリーkanoa」はお子さんにも人気でした。
今時の女の子は子どももオシャレじゃのー!!


「森のたねまき」ブースも大人気でした。

マツボックリなどでクリスマス飾りを作るワークショップ。
子どもの作品は、自由な発想で新鮮です!!

身体に優しいリサイクルアート石鹸と、ドライフラワーの「Recycling Arts」

乾燥が気になる季節は、しっとりする石鹸が人気です。

似顔絵コーナー。
色がステキで、構図が何気にカッコイイ水彩画で、普通の似顔絵と一味違うぜ!!


「手作り工房イルカ」には、ボサノバギターを弾く元従業員の方がいらして
ステキな音色が響いていました。ずっといて欲しかったわぁ~~。


三島産の無農薬のお茶を生産、販売している「勝又苑」

美味しいお茶は子どもにもわかる!!

御殿場から出店「EATable」。
コーヒーとキッシュいただきました!美味しかった♪


当日の様子をざっとご紹介しました。
歴史と趣のある梅御殿で、個性的なブースがたくさん出店した「はんなり梅御殿」。
いらして下さった皆さま、ありがとうございました!
スタッフ、出店者の皆さま、お疲れ様でした~~~♪
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« もうすぐだっ... 宴会での食べ残し »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。