鹿嶋春平太チャーチ

人は"見えない影響者”を思わずには生きられない存在です。ここは「神の存否は五分五分」を出発点として探究を続ける場です。

32.モーセ、規律も取り次ぐ

2018年04月17日 | 安全なキリスト教の学び方

 

 

モーセの後も超霊感者は20人以上でる。
 
だが、彼はダントツの大物だった。
 
彼は創世以来の歴史展開の幻のほかに、もう一つ重大なメッセージを受ける。
 
律法(りっぽう:Law)がそれで、その本質は人間に与える規律(ディシプリン:discipline)だ。
 
 
 

<規律は必要>
 
人間は自由意志を持つように造られている。
 
そう創った以上、創造神はその領域に立ち入らない。
 
けれども、そのまま放置しておいたら、人はやりたい放題をする放蕩人間になる。
 
創造神は自己を制御できる能力を付けさせるために、人に規律を与えるのだ。
 
 
 

<エデンでの規律は簡単だった>
 
規律は、エデンの楽園においても与えられていた。
 
創造神は、園の中央に生えている木を一本選んで「この木の実は食べるな」との禁忌(タブー:してはならないこと)を与えた。
 
簡単だが、エデンの園は環境がいいのでそれでいいのだ。
 
アダムとイブは、その規律を守って、幸福な暮らしをしていた。
 
後に、蛇を使った悪魔に巧妙に誘導されて、破ってしまうが、それまで二人は自己統御能力を育成しつつ幸福だった。
 
 
 

<追放されて住んだ荒野での規律をモーセは取り次いだ>
 
 
他方、追放されて住み始めた荒野(あらの)の環境は檄悪だった。
 
食べるために、額に汗してやせた荒れ地を耕さねばならなかった。
 
ちょっと手を抜けば、苦痛の飢餓がやってくる。
 
なによりもひどいのは~
 
そこでは悪魔が合法的に人間をその支配下(権威下)において、気が向いたときにいつでも「いじめ」ができる権限を持っていた。
 
+++
 
アダムの子孫である人類が増えていったあるとき、創造神に、網の目のように張り巡らせた厳格な規律を、与える。
 
それをモーセに取り次がせたのだ。
 
 
今回は、ここまでにしよう。
 
 
 
 
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 31、モーセ、幻を受け聖書... | トップ | 33.楽園の外の規律は超詳... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

安全なキリスト教の学び方」カテゴリの最新記事