goo

「カシミール」にて 三嶺から 足摺遠望

2019年11月23日 快晴の三嶺西峰の縦走路で バッタリ遭遇した旧知の登山者(ねこバスさん)と 足摺岬遠望の件で 立ち話しました。

その方が この日2019年11月23日に三嶺にて高倍率ズーム撮影した足摺方面 遠望の写真を公開されました。(足摺ではなく 三崎山 今ノ山まで確認)

いままで 須崎 横浪 黒潮町 位までは 肉眼で 見えていて
そのさき 四万十 土佐清水 足摺までは なかなか見えないと思っていました。

2019年11月23日は運よく澄みわたり 150倍の高倍率ズームのカメラだけのことはあり 150㎞さき 本当に きれいに うまく撮れていて 驚きました。

早速 パソコンソフト 「カシミール」にて 三嶺から 足摺方面への 遠望の見え方を確認してみました。

■三嶺山頂(1893)から足摺方面を遠望



■三嶺山頂(1893)上空から 足摺方面を【カシバード】にて遠望 


手前の目立つ山 御在所山が方位225度で 足摺岬は方位216.4度 (方位は 真方位で 磁方位ではない)


足摺付近 拡大 望遠ズーム (35ミリ換算500ミリ相当)


■三嶺山頂(1893)からの 足摺付近【可視マップ】



確かに 見えるのですが

■三嶺山頂(1893)からの【一発判定】



ただ 気になるのは 足摺岬の どこの場所かという点で

足摺岬46.3mの三角点は三嶺山頂からの【一発判定】では「見えない」となりました。

足摺岬の可視マップもマダラ模様で 岬の灯台も含めて どこの場所かで 見える見えないになると思います。

ともかく 遠望は 空気の澄みわたり度合い など 天候の運次第で 本当に 微妙なもの なかなか 難しいですね。

ねこバスさん 貴重な写真 ありがとうございました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 令和元年11月2... 令和元年11月3... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。