goo

平成20年4月12日 矢筈山(1848)



【日時】平成20年4月12日
【天候】晴れ
【コースタイム】
木地屋 林道大惣線駐車地点 6:10 ---- 矢筈山 (9:33-10:23)----木地屋 林道大惣線駐車地点 13:37
【山頂】
矢筈山 「プラス8.2度 0.4m 風弱い 晴れ 少し靄がかかる。
剣山 次郎笈 三嶺 天狗塚など見える。雪がだいぶ解けてきた。 山頂三角点が露出していた。」


昨年 氷瀑のあった沢には まだ雪が一杯。


氷瀑は 雪が多くあり。 雪解け水が流れ 氷塊が落ちていた。


矢筈山 山頂 三角点標石 露出
先週 は まだ埋まっていた


矢筈山頂
今年2月16日 標識に立てかけてあるアルミのポールが ほんの少し雪面からでていたが、雪が解けて見てみると、このとき約1m80cmくらいの積雪量だったと思われる。
もともと この山頂は風が強く吹き、雪が吹き飛ばされ あまり積もらない場所なのだが、ここで これだけの積雪量があるということは 今冬は かなりの大雪だったといえる。


矢筈山 山頂 北東面を散策する。雪が豊富だ。


矢筈山 北東面 


北東面を 散策しながら 斜めに下る。


傾斜のある雪面を 横切って下る。


振り返る。


雪の豊富な雪面を 満喫する。


矢筈山頂を 振り返る。雪面を ほぼ斜めに まっすぐ 降りてきた。



平成20年4月12日


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« サガリハゲ山(... 松本 龍雄 ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。