週刊碁ブログ

編集・整理班が紙面にはできない小ネタを語ります。読んでも、たぶん強くはなりません。

7月18日発売(25日号)張栩九段が語るアルファ碁

2016-07-16 17:55:58 | 編集・堀井(茨城/水瓶座)
皆さん、漫画はお好きですか?

ブログ担当の私は、大好きも大好き。大抵のマンガ誌はチェックしています。

6月27日発売号でプレゼント募集させていただいた、韓国の漫画「未生」。私も読ませてもらいました。

プロ棋士を志すも挫折してしまった主人公が一般商社に入社し、碁で培った経験を基に奮闘する物語……なのですが、面白いです!
登場人物一人一人がみんな個性的、しかし嘘くさくない。「生きている」と感じさせる面々ばかりなのです。
そんな彼らの織りなす人間ドラマは実にリアルで、感動的。

韓国で大ヒットしているというのも納得でした。

今週発売号で当選者を発表していますので、当選した方も、そうでない方も、ぜひご一読していただければと思います。
囲碁好きにも、漫画好きにもオススメできる作品です。

では、このぐらいでメイン記事の紹介に移りましょう。


今週の1面を飾るのは、フマキラーマスターズカップの決勝戦。
小林光一九段(左)と淡路修三九段、どちらが勝っても初優勝ということで両者気合十分。序盤から見応えのある戦いとなりました。
最後に笑ったのは小林九段。タイトル獲得数を60の大台に乗せました。
トロフィーを手にした小林九段の満面の笑みが印象的でした。


20面では、ペア碁ワールドカップ2016を紹介しています。
日中韓の最強棋士が集まった豪華イベント。会場の渋谷ヒカリエには、なんと2日間で4000人が来場したそうです。
日本からは3ペアが出場したものの、ベスト4には残ることが出来ず。優勝は中国の於之瑩・柯潔ペアとなりました。

また、サブイベントとして行われた詰碁対決、題して「〝パンダ先生〟チャレンジマッチ」も盛り上がりました。
死活判定ソフト「パンダ先生」に出場ペアが、詰碁早解きで競うというものなのですが…。
パンダ先生の圧倒的な性能にただただ驚くばかり、という結果に。
写真は於之瑩・柯潔ペアがチャレンジする様子。世界王者である柯潔九段ですが、終了後のコメントが実に彼らしい負けん気にあふれたものでした。
面白いと思いますので、ぜひ本紙でご確認ください。


今週のラインナップはこちら。

1、2、3面  マスターズカップ決勝戦・小林光一初優勝
4面      棋戦ワイド(棋聖Sリーグ・一力2勝目、阿含桐山杯本戦・高尾2回戦進出、観戦余話)
5面      棋戦ワイド(王座戦本戦・羽根&村川4強)
7面      碁界ネットワーク(新人王戦本戦・大西決勝進出、etc)、竜星戦
9面      幻庵若手棋士が見る古碁・一力遼
10面      ゆうちょ杯予選・後編
11面      新講座・張栩の囲碁進化論 アルファ碁を読み解く
13面      上達ハイウェー
15面      NHK杯・依田紀基VS.三村智保
16面      ベスポジを探せ
17面      アマ碁界ワイド(品川区ジュニアフェスタ、etc)
20、19、18面  ペア碁ワールドカップ2016・中国ペアV


ラインナップの中に気になる文字がありませんでしたか?

そう、今週から新講座が始まります。

『張栩の囲碁進化論 アルファ碁を読み解く』

碁界に衝撃をもたらしたアルファ碁。今なお、その熱は冷めることがありません。
最近では、アルファ先生の手法が棋士達の間でちょっとしたブームになっているそうです。
今回のテーマは、手抜き。

あの手はどのような意図で打たれたのか!?
黙して語らないアルファ碁に代わって、張栩九段が感じたことをそのまま話してくれています。
ご期待ください!
コメント   この記事についてブログを書く
« 7月4日発売(7月11日号)永世... | トップ | 7月25日発売(8月1日号)... »
最新の画像もっと見る

編集・堀井(茨城/水瓶座)」カテゴリの最新記事