週刊碁ブログ

編集・整理班が紙面にはできない小ネタを語ります。読んでも、たぶん強くはなりません。

名人戦第3局

2007-09-25 22:20:05 | 元編集長・小高(東京/乙女座/卒業生)
名人戦はただいま1勝1敗。
長丁場の七番勝負といえども、
次の第3局は、勝つと負けるとでは
今後の展開が天地の差。
高尾紳路名人、張栩碁聖ともに負けられないところ。

決戦の地、宮城県仙台市の秋保温泉。
空を見上げれば、さわやかな秋の空。
夜はだれもがその美しさに足を止める
「中秋の名月」。
一句詠む人や、一杯やる人には、たまらない景色だ。

秋保温泉のホテルニュー水戸屋で行われた前夜祭。
その決意表明で、
「今日は中秋の名月を見ながら湯につかり、
明日に備えます」と、高尾名人。

明日から始まる第3局、
名月のような○(白星)を手にするのは、
果たしてどちら?
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 三星火災杯速報 | トップ | 雲梯委員より »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
話題とは全然関係ないんですが (へぼたろ)
2007-10-09 15:17:01
最近、JRの駅にキヨスクがなくなって、NewDaysとかいうコンビニができてるんですが、そこに週間碁がありません。
営業かけて NewDaysにも置いてもらえるようにしてください。お願いします

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

元編集長・小高(東京/乙女座/卒業生)」カテゴリの最新記事