週刊碁ブログ

編集・整理班が紙面にはできない小ネタを語ります。読んでも、たぶん強くはなりません。

整理の遊び

2007-02-27 17:26:56 | 整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)
整理は、全体の分量調整や校正作業のほか、わかりやすい見出
し作成とか、組みで読み方を迷わせない、といったお仕事です。

本日、出社する際に電車で某新聞を読んでいると、「線香皿、盗難」の
見出しの背面にアミがかかってました。それが卒塔婆の形で…。

そうそう。これが「記事のマンガ化」というか、一目瞭然にする工夫
(遊んでるだけ?)です。

同様に将棋の記事では駒の形に罫を囲ってそこに記事を流したり(流す、
という言い方をします)、電池の記事では単3電池の形にしてみたり…。

つい最近ですが、私もちょっとやってみました。

2月26日号(19日発売)の女流棋聖戦①の記事(2面)、で「大きかった下
辺の儲け」とあります。その背後の飾り(地紋、といいます)の形を工夫
しました。「これ、何だと思いますか?」とうちの編集マンに聞いてみ
ると、「棒が3本、棒グラフ?」と答え。
いえいえ、「その心は」↓







ドコモ杯、なので携帯のアンテナの「バリ3」(通信状態が良い状態)を
表現してみました^^
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 絶景の対局場 | トップ | 写真の大きさ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とりさん)
2007-02-28 11:12:28
全然気付かなかった(笑)。記事を見てから見直してもしばらく気付かなかった^^。

それにしても女流棋聖戦。対局と報道の間が空きすぎていてどんどん興味が薄れるんですよね。

何か良い方法はありませんかね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

整理・小瀬村(神奈川/蟹座/卒業生)」カテゴリの最新記事