金谷武洋の『日本語に主語はいらない』

英文法の安易な移植により生まれた日本語文法の「主語」信仰を論破する

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第13回 「増本さんの想い出:スカートとシャツ」

2005-09-06 08:43:52 | 日本語ものがたり

 今回は去る3月20日にモントリオールで亡くなった増本良夫さんのことを書いてみたい。享年83才であった。この連載「日本語ものがたり」は、モントリオールの日本人コミュニティ紙「モントリオール・ブレテン」に書いたエッセーを元に加筆したものである。そもそもブレテンの記事を書くようになったのが、モントリオールの句会で知り合った増本さんからのお勧めによるものであった。もう6年も前の話である。「日本語の先生かい。それじゃ日本語について色々と書いてほしいなあ」がその推薦理由であった。


この続きは

http://shugohairanai.com/13-memory-of-mr-masumoto-skirt-and-shirt/ に引っ越しました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第12回 「50音図をよく見る... | トップ | 第14回 「常用漢字の不思議」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本語ものがたり」カテゴリの最新記事