shuの花日記

山や近所で見かけたお花をエピソードを添えて掲載しています。お花の説明は主にウィキペディア、花図鑑を参考にしています。

男体山に登りました(前編)

2019-08-18 08:12:03 | 山行・旅行

8月17日、男体山(2486m、日本百名山)に登りました。
お盆休暇中のトレーニングを兼ねて、初めて男体山へ登ったのですが、思いのほかきつく疲労困憊しました。

前夜、夕食後自宅を車で出発、日光市の「道の駅日光ニコニコ本陣」で仮眠、翌早朝に登山口がある二荒山神社中宮の登拝者用駐車場に移動、そこで朝食を摂り、準備して出発する計画でした。
「道の駅」は新しい設備で24時間営業のコンビニを併設し、Wi-Fiも使えトイレもきれいで素晴らしい環境でしたが、車の出入りが多くよく眠れませんでした。前夜の食事が多かったせいもあり早朝の食欲は乏しく、余ったパンと飲み物をザックに加え出発しました。もともとトレーニングを兼ねての計画だったので、水3Lをザックに入れていたので、ザックの重さは10kgを越えました。それでも普段の宿泊装備と比べると軽い方です。

男体山は二荒山神社の境内に当たり、神社で登拝の受付をしてから出発します。受付開始が6時と聞いていたので、少し早めの5時40分に出かけたら既に受付が始まっていました。受付を済まし、神社に参拝した後登山を開始します。




この神社が登拝者を大切にしていることが、諸々からよく分かります。専用の駐車場、下山後の靴洗い場の設置、登拝番付にはたくさんの札が下がっていました。


いよいよ登拝者専用の門をくぐって登山開始です。




登り始めは緩やかな階段です。しかも道路には膝の負担を和らげるためクッション材が敷かれています。


一合目までは5分ほどで着きました。ここまで登って登拝を終える方もいらっしゃいます。一合目には遥拝所が設けられています。




ここからが本格的登山道の始まりです。男体山の登山道脇には一合目から九合目まで道標が置かれています。二合目の道標には気づきませんでした。これは、恐らく昔の登山道とは異なり、現在の登山道が一合目から三合目までを直登していて二合目を経由していないためかと思いました。
三合目までは森の中の急斜面を直登します。ここで体調が普段と違うことに気付きました。胃が痛くむかつきます。ペースを落として歩くことにしました。後から登ってきた人に次々を追い越されます。三合目までに10人ほどに追い越されました。




三合目から四合目の間は舗装された道を歩きます。ジグザグに登るので傾斜は緩やかです。体調は回復せずさらに次々と追い越されます。初めて胃カメラを経験したときのことを思い出しました。
それでも、途中で中禅寺湖が見えてきたときは元気が出ました。この登山道からは所々で中禅寺湖がきれいに見えます。さあ、頑張ろう!




四合目まで1時間10分もかかりました。このペースだと標準コースタイムの3時間30分~3時間50分をかなり上回ります。それでも午後の早い時間には下山できそうなので、体調に応じて休み休み登ることにしました。四合目からは舗装路と岐れて再び階段と急登です。


五合目までは胃の痛みも幾分収まり、ほぼ普段どおり歩けました。ところどころお花も咲いていました。五合目からは一合登るごとに休憩を取ることにしました。


六合目辺りからは岩が露出している道が増えていきます。途中ソバナが咲いていました。写真を撮りましたが、後でみるとピントが合っていませんでした。




中禅寺湖の景色に元気をもらいます。湖はかなり下に見えるようになってきました。そろそろ高度が2000mくらいになったようです。汗をかいていますが胃の調子が心配で薄手の長袖を1枚着ました。


遠くの山には雲がかかっていますが、上空は青空です。このまま晴れてくれるとよいのですが、たいてい午後には雲が広がります。


ようやく七合目に着きました。近くで咲いているのはアキノキリンソウとヤマハハコのようです。またしても休憩です。


登山道脇には時々お花が咲いています。お花の種類も数も多くないですが、出逢うと元気が出ます。


途中で鳥居をくぐります。ここからは新たな神域なのでしょう。


そう思っていると八合目に着きました。八合目には瀧尾神社と小さな避難小屋があります。瀧尾神社にも参拝しました。






ブログの記事が長くなりましたので、ここで前編を終了し、後編では山頂への登山道の様子と山頂の風景をご覧いただきます。
リンク⇒ 男体山へ登りました(後編)

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« シジュウカラの巣箱を掃除し... | トップ | 男体山に登りました(後編) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
shuさん、こんにちは (さざんか)
2019-08-18 11:46:54
昨日は男体山に登られたのですね。
少し体調不良の中、お疲れ様でした。
男体山は神様の山なんですね。
神社から登り始めて、登山道のところどころに鳥居や
小さな神社がありますね。
6合目あたりからは岩がごろごろあってきつそうですね。
中禅寺湖が見えるのがっ救いです。
だんだん高くなりますね。
今日は8合目までですか。
胃の調子は大丈夫でしょうか。

昨日登山して、翌朝にはもう記事をアップされていることに驚きます。
お写真も沢山あるでしょうに、shuさんはやることが早くて、そのエネルギーには感心します。
続きを楽しみにしています。

全くの余談ですが、夫の最初の海外赴任地はコロンビアのボゴタで、海抜2640mです。
私はそこで息子二人を産みました。
男体山頂より高かったのですね。
さざんかさん こんにちは (shu)
2019-08-18 12:44:08
早速のコメントありがとうございます。
今回はお花の写真が少なくて、申し訳ありませんでした。
お陰様で体調はすっかり良くなりました。
寝不足と暑さが原因だったのでしょう。

さて、コロンビアのことはほとんど何も知りませんが、すごい経験をされていらっしゃいますね。
海外赴任の奥様は、出産のときはたいてい帰省されると思っていましたので、驚きでした。
関東で一番高い山が日光白根山で、標高は2578mです。コロンビアのボゴタはそれ以上高いのですね。

日本で2600m以上の山と言えば、富士山、日本アルプス、八ヶ岳がほとんどで、それ以外は白山(2702m)と奥秩父の北奥千丈岳(2601m)だけです。
高山病の心配もある高さですが、そこに定住しておれば、高知順応ができて平気なようですね。
果たしてどんな様子なのか、機会があれば教えていただきたいものです。

コメントを投稿

山行・旅行」カテゴリの最新記事