shuの花日記

山や近所で見かけたお花をエピソードを添えて掲載しています。お花の説明は主にウィキペディア、花図鑑を参考にしています。

清水公園に行ってきました - その3(千葉県野田市)

2019-03-20 00:30:10 | 旅行
18日に野田市の清水公園へ行ってきました。
その3(最終回)では、花ファンタジア以外で観た樹木のお花についてご覧いただきます。

■コブシ
コブシ(辛夷)は、モクレン科モクレン属の落葉広葉樹の高木。早春に他の木々に先駆けて白い花を咲かせます。
別名の田打ち桜は、田打ちの頃に花の咲く樹木のことで、秋田県ではコブシですが、岩手県では糸桜(枝垂れ桜)のようです。

フィールドアスレチックのエリアで2本のコブシを観ました。1本は樹高が10mを越える大木でした。
4枚目の写真は何やら虫も写りました。花は香水の原料にもなり、枝は折ると芳香がするそうです。虫も芳香につられて集まるのでしょう。残念ながら、まだその香りを嗅いだことがありません。
5枚目はフィールドアスレチックの池越しにコブシを撮りました。正面に見えるのがコブシの樹です。










■ネコヤナギ
ネコヤナギ(猫柳)は、ヤナギ科ヤナギ属の落葉低木です。北海道から九州まで、広く川辺に自生します。
フィールドアスレチックの池畔で、ネコヤナギがお花を咲かせていました。

子供のころ、ネコヤナギの木を切ってチャンバラごっこの刀にして遊びました。
家の前の川辺にはそこら中にネコヤナギが生えていて、枝にウナギ獲りの仕掛けをつけたこともありました。




■ツバキ
ツバキ(椿、海柘榴)は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹です。照葉樹林の代表的な樹木です。
清水公園の私が歩いた遊歩道にはヤブツバキは見られず、園芸種のツバキが処々に植えられていました。
写真はいずれもフィールドアスレチックのエリアで撮影したものです。






■ハクモクレン
ハクモクレン(白木蓮)は、モクレン科モクレン属の落葉低木です。
モクレン属の中では大型の種類で、樹高は10~15m程度まで成長します。春、葉に先立って大形で白色の花が開きます。
厳密に言うと清水公園の外ですが、公園を出てすぐの駐車場の側で観たお花です。
青空に映えるお花です。


■ヒマラヤスギ
ヒマラヤスギ(ヒマラヤ杉)は、マツ科ヒマラヤスギ属の常緑針葉樹です。
ヒマラヤ山脈西部の標高1500mから3200mの地域が原産地です。
成長すると高さは40m~50m、幹の直径は3mに達するそうですが、清水公園で観た樹は直径が1mほどでした。
この杉もお花を咲かせて、花粉を飛ばしているのでしょうか。
どうやら、私は今年から花粉症になったみたいです。
※ヒマラヤスギはスギの仲間ではなくマツの仲間です。そのためスギ花粉症の原因にはならないそうです。
 しかし、スギ花粉症とは別のヒマラヤスギ花粉症というのがあるようなので、ややこしいです。


これで、「清水公園へ行ったきました」は、お終いです。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

リンク⇒ 清水公園へ行ってきました - その1
リンク⇒ 清水公園へ行ってきました - その2
ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 清水公園に行ってきました - ... | トップ | ヒヤシンス - 我が家の庭(千... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見事なコブシ (さざんか)
2019-03-20 21:44:24
shuさん、こんばんは。

見事なコブシの大木ですね。
こんな大きな木は見たことがありません。
ビッシリ花が付いて素晴らしいです。
残念ながら私も香りは分かりません。

ネコヤナギ、もう綿毛状態ではなく花が咲いているのですね。
雌雄異株だそうで、これは葯が見えるから雄花でしょうか。
遠くから見るとネコヤナギとは分かりません。

ツバキもいろいろあり、ハクモクレンも美しいですね。
私は草花より花木が好きです。

清水公園の色んなお花を見せて頂き、有難うございました。
さざんかさん こんばんは (shu)
2019-03-20 22:36:21
さざんかさん こんばんは。
いつもコメントをいただき、ありがとうございます。

さて、こんなに大きなコブシをこれまでに観たか・・、覚えていません。
東北地方にはコブシがよく見られます。多分、大きなコブシも見ているのでしょうが、記憶にないのです。
それは、サクラのように「○○桜」というような名前がついていないからだと思います。

よく似た木にタムシバがあり、こちらは山で見かけますが、平地では見かけません。
タムシバは、故郷の山の登り口に咲いていて、思い出のあるお花です。

これからは、木々を思い出のシーンと合わせて覚えていきたいと思いました。

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事