shuの花日記

山や近所で見かけたお花をエピソードを添えて掲載しています。お花の説明は主にウィキペディア、花図鑑を参考にしています。

清水公園に行ってきました - その1(千葉県野田市)

2019-03-18 23:14:47 | 山行・旅行
今日は、千葉県野田市にある、清水公園に行ってきました。
この公園は、株式会社千秋社が運営する、民営の自然公園です。
公式HPには、以下のように記されています。

清水公園は、「自然とともだち」をキャッチフレーズに自然と触れ合える入園無料の公園です。
日本さくら名所100選に選ばれる「桜」は、全国でも有数の名所です。ツツジも関東有数の名所として知られています。
他にも梅や牡丹、藤など約500種の花で四季折々楽しめ、秋には紅葉の美しさも堪能できる、風光明媚な公園です。
また、園内にはフィールドアスレチック、キャンプ・バーベキュー場、ポニー牧場、アクアベンチャー、花ファンタジアなど地形や森林を生かした施設(有料)を設け、子どもから大人まで、年間を通じてアウトドア・レジャーをお楽しみいただけます。

さて、公園の有料施設の一つに「花ファンタジア」があり、今日はそこを中心にお花を観てきました。
お花の数が多いので、3~4回に分けて掲載します。

では、早速、花ファンタジアに入ってみましょう。


ウエルカムボードが置かれた芝生はまだ芽吹いていませんが、花壇には色とりどりのお花が咲いています。
黄色いビオラの塔が見えます。


ビオラの塔には、ポットに入ったビオラが並んでいます。さて、ビオラの茎はどちらを向いているでしょうか。
どの茎も一直線に上を向いていました。ただし、なぜかしら90度ではなくて75度くらいの角度で立っていました。
花壇は他にもあります。


今が見ごろのお花がたくさんありました。
その中でも、とりわけお薦めなのがギンヨウアカシアです。


ギンヨウアカシアは、マメ科ネムノキ亜科の常緑高木です。別名をハナアカシア、ミモザアカシアといいます。
オーストラリアが原産地です。








次にご覧いただくのは、満開のミツマタです。
ミツマタ(三椏)は、ジンチョウゲ科ミツマタ属の落葉性の低木です。中国中南部・ヒマラヤ地方が原産地です。
ミツマタは和紙の原料に使われます。






今回最後にご覧いただくのは、ロドレイアです。
ロドレイアは、マンサク科ロドレイア属の常緑小高木で、別名をシャクナゲモドキといいます。
東南アジアから中国南部が原産地で、主にカンピオニーとヘンリーという2つの種が日本に導入されているようです。






次回は、早咲きのサクラ、モモ、ウメなどをご覧いただこうと思います。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

リンク⇒ 清水公園に行ってきました - その2


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« シラヌヒを植えました | トップ | 清水公園に行ってきました - ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さざんか)
2019-03-19 12:13:43
今回は清水公園に行かれましたか。

15年位前に、一度桜を見に行ったことがあります。
道路が大変な混雑で、車が進まなくて困りました。

桜以外にも、こんなに色んなお花があるのですね。
ギンヨウアカシアもミツマタも綺麗です。
ミツマタは小さな木しか見たことがありません。

ロドレイアには驚きました。
九州など、暖かい所の花だと思っていました。
千葉県で露地でも育つんですね.。
常緑で葉も美しい木だそうで、近年人気が出ているとか。
一度見てみたいものです。
さざんかさん こんにちは (shu)
2019-03-19 12:55:33
さざんかさん こんにちは。
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

私には初めての清水公園でした。
本当は渡良瀬遊水地へ行こうと思っていたのですが、出かけるのが遅くなり、国道16号が渋滞して目的地を変えました。
桜の名所だそうですね。すでにお花見の準備に皆さん忙しそうでした。

ロドレイアも初見でした。
名前が分からず、スタッフの方に教えていただきました。
遠くから見ると、葉やお花のつき方がシャクナゲのように見えます。

出かけた日は月曜日で、園内は空いていました。
スタッフの方は皆さん親切で、さすがに民間の有料施設だと思いました。
花ファンタジアの入場料は季節によって違い、5、6月が最高値で大人は800円です。バラの季節に行ったみたいですね。
また、フィールドアスレチックスは孫が喜びそうです。

コメントを投稿

山行・旅行」カテゴリの最新記事