岸本周平 Blog

和歌山 民主党 衆議院議員
岸本周平 汗と涙の日々!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

和歌山城再建!の市民パワー

2011年07月11日 23時57分14秒 | Weblog

(虎伏山にそびえる和歌山城天守閣。撮影by岸本周平。)

 昭和20年7月9日は和歌山大空襲の日でした。

 大勢の犠牲者が出た汀公園にある慰霊碑の前で、戦災死亡者の追悼法要が毎年行われます。

 今年も、炎天下の中、ご遺族の皆さまが集まって追悼法要があり、私も参列させていただきました。


 大空襲の日。午後10時25分に空襲警報があり、11時36分から爆撃開始。紀ノ川駅、和歌山市駅、ぶらくり丁、和歌山県庁や市役所付近に焼夷弾と油脂弾が落とされ、市内中心部は壊滅しました。

 今の汀公園は県庁の跡地で4000坪の空き地でした。火災を避けるために避難した方々が熱風で犠牲になり、ここだけで、748名もの死者が出ました。

  死者は1208名、行方不明者216名、重傷者1560名、軽傷者3000名、被災者11万3548名、焼失家屋3万1137戸(ウキペディアより)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E6%AD%8C%E5%B1%B1%E5%9F%8E

 その際に、昭和10年に国宝に指定された和歌山城天守閣も燃えました。紀州藩55万5千石の城下町のシンボルが消えました。

 しかし、それから11年後の昭和31年7月、まだ敗戦の痛手が残る和歌山市民の間で「和歌山城天守閣再建期成会」が結成されました。

 私の生まれた月です。そして、和歌山市民の寄附を集めて、昭和33年10月1日に鉄筋コンクリート建ての和歌山城天守閣が再建されました。

 私は、三番丁というお城の前の地区で生まれ育ち、毎日和歌山城を見てきました。

 小学校に上がる前から両親に連れられて、新ピカのきれいなお城に登った記憶があります。

 まだまだ、高度成長の入り口の貧しい時代でした。

 敗戦後、わずか13年で寄附で自分たちの和歌山城を再建したという和歌山市民のパワーに脱帽です。寄附の文化は和歌山にはあったのです。

 この復興への市民パワーをぜひとも、東日本大震災の被災地の皆さまにもお分けしたくて、ブログに書かせていただきました。


 

コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日々の生活―積み重ねって大事... | トップ | カンボジアの孤児院を運営す... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2011-07-13 08:34:52
私も和歌山城には殊の外思い入れがあります。
私の祖母方の先祖が、豊臣秀長の城代として初代和歌山城主となった桑山重晴であり、奇しくも再建された昭和33年に私が誕生いたしました。

残念に思いますのは、コンクリートで再建されたこと。もし、木造で再建されてあれば、もっともっと歴史的価値は上がるのにと思います。
その雄姿の美しさもさることながら、城割の名手といわれた藤堂高虎が最初に城割したお城ですから・・・。

それと、石垣を隠すように建っている建造物は何とかならないものでしょうか?折角の美しい姿を台無しにしているようで、悲しいです。

東日本の復興に力と希望を与えるのは勿論のこと、郷土和歌山の活性化のシンボルとして、今一度和歌山城をクローズアップするというのはどうでしょうか?
お誕生日は佳き日 (てつじん29号)
2011-07-13 23:21:00
遅れてしまいました。7月12日は・・・
55回目のお誕生日おめでとうございます。
いついつまでも佳き日でありますように。

和歌山城のいっちゃん新しいお誕生日が昭和
33年というのも何かの「縁」なのでしょう。
三番丁、まさにお城の「お膝元」なんですね。

「日本のいちばん長い日」158分観ました。
狂信的「国体護持」派に「武士道」をみた気が
しましたが、今は昭和86年なんや!とも。
Unknown (Unknown)
2011-07-14 00:35:06
私も和歌山城が好きですね。
若い頃、静岡にいたことがあるんですが、
静岡市には駿府城があると思っていたら、なかったり、浜松城は小さかったり、けっこう立派な城というものはないんですよね。
和歌山のシンボルになれると思います。
和歌山は歴史的な遺産が多いですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事